悩んでいます!困っています!と声をあげる時

バースドゥーラ養成スクールの背景

時の経つのは早いですね。
まずは6年近く前の私の
↓↓↓
こちらのインタビューを御読み下さい
福澤(岸) 利江子先生(当時
東京大学大学院医学系研究科助教)が
ドゥーラ研究室(CRN)で聴き取りました。

女性の自殺者が激増している今。

産後うつで自ら命を断つ方が
増えていることが社会問題として
懸念されてきているにもかかわらず、
追い討ちをかけるようにコロナの影響です。

今ほど、女性への手厚い
エモーショナルサポートが求められている
時代はありません。

絶対数が足りません。

地球人の半分は女性なのに、
数がまったく足りていないのです。

「周産期で働いている医療者です」
とか、
「私は普通の家庭の主婦です」
とか、

今はさまざまなお立場であっても、
女性支援に少しでも興味のある方、

女性のエモーショナルサポートに
パッションのある方へ向けて、

このたびバースドゥーラ養成コース
をスタートすることにしました。
どうぞ最後までお読みください♪

「バースドゥーラという言葉をはじめて知りました!」

「お相手に喜んでもらえるなら積極的に活動したい!」

「バースドゥーラの存在をもっと早く知っていたら
私も絶対にお願いしてました!」

といった声は、私が一番よく聞く声です。

女性が女性を支えるという古来からの
エモーショナルサポートは、いつの時代であっても、
私たちにとって大きな関心ごとなんですね。

根源的なケアとして、これからの時代、
より一層大切なものになっていくドゥーラは、
欧米では日本よりも早い時点で
職業ドゥーラとして確立されてきています。

いかにAI技術の進歩が急加速しても、
バースドゥーラはいつの時代であっても
求められる人的資源だということ。

また、女性と女性が数値や表面上でなく、
こころでつながることができるということ。

決して見過ごされてはなりませんよね。

女性が女性として尊重されるのは、
当然のことです。

生まれてから死ぬまで、
女性の身体のどこかが居心地悪く、
辛く、痛い、切なく、悲しいなら、

そこにしっかりと寄り添われる
必要
がすべての女性にはあります。

同様に、生まれてから死ぬまで、
女性が嬉しく、気持ちよく、幸福感を感じるなら、

それらの喜びは次世代への贈り物として、
きちんと聴き取られ、
丁寧に扱われる
必要
がすべての女性にはあります。

嫌なことがあったら、やめてもいい、
逃げてもいい、嫌だと言ってもいい。

でも、周囲との兼ね合いのなかで、
自分を押さえ、全体の調和を重んじるために、
たくさんの方々は、伝えたいことがあっても、
自分を出さずに我慢してしまったり、
肝心なタイミングで自分の希望を
伝えられなかったり、
後からもんもんと悩むネガティブな
ループにはまってしまうと
いうことは多々あるのです。

加えて新型コロナの影響で、
私たちのライフスタイルは
大きく様変わりしました。

女性たちがさまざまな情報交換をしていた
地元でのイベントや集会は
三密を避けるために激減し、

これまでであれば気軽に
地域で見守り合うことのできていた
女性同士の繋がりも希薄になってきました。

そんな中、

人生経験の少ない若い女性たちは、
自分のカラダとどう向き合っていったらよいのか、
恋愛、妊娠、出産はもとより、
子産み子育てにおいて、誰に助けを求めていいか
わかりません。

将来への漠然とした不安感を
感じたままでいるのです。

そんな女性に、もし、たった一人でも、
誰かがいてくれたら、どうでしょう。

女性が安心して頼れるサポーターがいたら、
どれだけ救われることでしょう。

最も大切なことは、
女性が安心して「悩んでいます」
「困っています」
声を挙げられるということです。

インターネットからの情報だけで、
頭だけの知識で完結できて
しまうのが怖いところで、
同時に落とし穴でもあります。

私たちの生理、子産み子育て、
更年期以降の体は、
文字通り千差万別で、
たった一つのものなのに、

ネット上に体験談が書かれていれば、
自分とそれらとの共通点を必死で探して比較し、
一喜一憂してみたり、

それでも核心的なことが得られずに、
スッキリしないまま時間ばかりがいたずらに過ぎ、
見えないものに翻弄され続けてしまうのです。

女性の生き方に、これ!といった鉄板も
定番も、ロールモデルもありません。

どんな生き方も認められるべきだし、
それは、まずはご自分が本当に、心から

「私の人生ってすばらしい!」

と思えることからスタートしていくものです。

「そんな風に自分を思えたことなんてありません」、

「女性として生きる喜びを感じられません」、

「このまま年老いていつか死んでいく
ことへの漠然とした恐怖があります」、

「10年後もたぶん、私はおんなじことをしていて、
毎日を惰性で過ごしているんだと思います」

そんなふうに感じられている方は
どうぞ、少し勇気を出して、
ご自身のまわりの方々のために、
行動を起こしてください。

何よりも、ご自身のために
一歩踏み出してみてください。

もし、
少し自信がない、
とか、
学び足りない
というのであれば、
ぜひLINE公式アカウントや
こちらのブログ、
YouTube動画を
フォローされてみて下さいね。

どうぞ必要な方のみに
まっすぐ届きますように…

#木村章鼓 #LOVEドゥーラAkiko

悩んでいます!困っています!と声をあげる時」への2件のフィードバック

  1. こんにちは🙇
    沖縄から初めて🙇

    崎枝 美帆といいます。

    5人目自宅出産から一年たちますがドゥーラの夢は大きくなるばかりで、今回このオンライン講座開講にテンションがあがっています。

     DONAからのドゥーラさんのお話を聞いて、多様性豊かに長い目でドゥーラというおしごとをしたいと思います。
     そのスタートになれたら嬉しいです。

    詳細、金額、教えて頂けるとたすかります。
    どうぞよろしくお願い致します🙇

    いいね

    • 崎枝美帆さん、

      ありがとうございます✨
      ↓↓
      今回このオンライン講座開講に
      テンションがあがっています

      とのこと。嬉しいです。

      5人目をおうちでお産みに
      なったのですね。ゆたかな
      な体験だったことでしょう🌈

       DONAからのドゥーラさんのお話を聞いて、多様性豊かに長い目でドゥーラという
      おしごとをしたいと思います。
       そのスタートになれたら嬉しいです。

      おっしゃる通り、まさに
      『スタート』して頂けるかと思います。

      個別相談で詳細をお伝えしております
      のでお知らせリンク内の
      【無料個別相談に申し込む】
      をクリックしてお進み下さいね。

      イブにあわせて正式に告知しましたが、
      反応の良さに感動しております。

      『まさに待望の講座です〜!』

      『仕事を生き方に変えたいと
      思っていたところでした』、

      『学ぶ機会がありますように、と
      願っていたところでした。この
      タイミングがあまりに良くて
      即!申し込みました』

      『ワクワクします。まさにあきこ
      さんにしかできない講座ですね』

      と、皆さまにお申し込みいただき、
      期日の1/18前には、早々と募集を
      締め切らせて頂くことになりそうです✨

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中