悩んでいます!困っています!と声をあげる時

バースドゥーラ養成スクールの背景

時の経つのは早いですね。
まずは6年近く前の私の
↓↓↓
こちらのインタビューを御読み下さい
福澤(岸) 利江子先生(当時
東京大学大学院医学系研究科助教)が
ドゥーラ研究室(CRN)で聴き取りました。

女性の自殺者が激増している今。

産後うつで自ら命を断つ方が
増えていることが社会問題として
懸念されてきているにもかかわらず、
追い討ちをかけるようにコロナの影響です。

今ほど、女性への手厚い
エモーショナルサポートが求められている
時代はありません。

絶対数が足りません。

地球人の半分は女性なのに、
数がまったく足りていないのです。

「周産期で働いている医療者です」
とか、
「私は普通の家庭の主婦です」
とか、

今はさまざまなお立場であっても、
女性支援に少しでも興味のある方、

女性のエモーショナルサポートに
パッションのある方へ向けて、

このたびバースドゥーラ養成コース
をスタートすることにしました。
どうぞ最後までお読みください♪

「バースドゥーラという言葉をはじめて知りました!」

「お相手に喜んでもらえるなら積極的に活動したい!」

「バースドゥーラの存在をもっと早く知っていたら
私も絶対にお願いしてました!」

といった声は、私が一番よく聞く声です。

女性が女性を支えるという古来からの
エモーショナルサポートは、いつの時代であっても、
私たちにとって大きな関心ごとなんですね。

根源的なケアとして、これからの時代、
より一層大切なものになっていくドゥーラは、
欧米では日本よりも早い時点で
職業ドゥーラとして確立されてきています。

いかにAI技術の進歩が急加速しても、
バースドゥーラはいつの時代であっても
求められる人的資源だということ。

また、女性と女性が数値や表面上でなく、
こころでつながることができるということ。

決して見過ごされてはなりませんよね。

女性が女性として尊重されるのは、
当然のことです。

生まれてから死ぬまで、
女性の身体のどこかが居心地悪く、
辛く、痛い、切なく、悲しいなら、

そこにしっかりと寄り添われる
必要
がすべての女性にはあります。

同様に、生まれてから死ぬまで、
女性が嬉しく、気持ちよく、幸福感を感じるなら、

それらの喜びは次世代への贈り物として、
きちんと聴き取られ、
丁寧に扱われる
必要
がすべての女性にはあります。

嫌なことがあったら、やめてもいい、
逃げてもいい、嫌だと言ってもいい。

でも、周囲との兼ね合いのなかで、
自分を押さえ、全体の調和を重んじるために、
たくさんの方々は、伝えたいことがあっても、
自分を出さずに我慢してしまったり、
肝心なタイミングで自分の希望を
伝えられなかったり、
後からもんもんと悩むネガティブな
ループにはまってしまうと
いうことは多々あるのです。

加えて新型コロナの影響で、
私たちのライフスタイルは
大きく様変わりしました。

女性たちがさまざまな情報交換をしていた
地元でのイベントや集会は
三密を避けるために激減し、

これまでであれば気軽に
地域で見守り合うことのできていた
女性同士の繋がりも希薄になってきました。

そんな中、

人生経験の少ない若い女性たちは、
自分のカラダとどう向き合っていったらよいのか、
恋愛、妊娠、出産はもとより、
子産み子育てにおいて、誰に助けを求めていいか
わかりません。

将来への漠然とした不安感を
感じたままでいるのです。

そんな女性に、もし、たった一人でも、
誰かがいてくれたら、どうでしょう。

女性が安心して頼れるサポーターがいたら、
どれだけ救われることでしょう。

最も大切なことは、
女性が安心して「悩んでいます」
「困っています」
声を挙げられるということです。

インターネットからの情報だけで、
頭だけの知識で完結できて
しまうのが怖いところで、
同時に落とし穴でもあります。

私たちの生理、子産み子育て、
更年期以降の体は、
文字通り千差万別で、
たった一つのものなのに、

ネット上に体験談が書かれていれば、
自分とそれらとの共通点を必死で探して比較し、
一喜一憂してみたり、

それでも核心的なことが得られずに、
スッキリしないまま時間ばかりがいたずらに過ぎ、
見えないものに翻弄され続けてしまうのです。

女性の生き方に、これ!といった鉄板も
定番も、ロールモデルもありません。

どんな生き方も認められるべきだし、
それは、まずはご自分が本当に、心から

「私の人生ってすばらしい!」

と思えることからスタートしていくものです。

「そんな風に自分を思えたことなんてありません」、

「女性として生きる喜びを感じられません」、

「このまま年老いていつか死んでいく
ことへの漠然とした恐怖があります」、

「10年後もたぶん、私はおんなじことをしていて、
毎日を惰性で過ごしているんだと思います」

そんなふうに感じられている方は
どうぞ、少し勇気を出して、
ご自身のまわりの方々のために、
行動を起こしてください。

何よりも、ご自身のために
一歩踏み出してみてください。

もし、
少し自信がない、
とか、
学び足りない
というのであれば、
ぜひLINE公式アカウントや
こちらのブログ、
YouTube動画を
フォローされてみて下さいね。

どうぞ必要な方のみに
まっすぐ届きますように…

#木村章鼓 #LOVEドゥーラAkiko

声のブログとメインブログとの関係

昔からジレンマがあって。。。

私、とても筆不精なんです。

えっ?

あきこさんマメなのに!

そう思われた方も
いらっしゃるかもしれません。

でも、本当に性格的に
マメな人ではないので、

ブログ登録している方
には申し訳ないな〜と
いつも思っています。

でも、だからこそ縛りがなく
ゆる〜っと続けてこられた
んでしょうね、このブログ。

一応メインブログです、コレ。

忙しすぎると数週間空いて、

ギャ〜
ちょっと再開プレッシャ〜!

となると、さらに何ヶ月も間が
空いてしまい。。。復活する
までに腰が超重たいんですよ、
本当に悲しくなるほど。

「木村!いざ書きます!」

と構えずに、もっとゆる〜い
ブログアップの在り方を
潜在的に求めていたんですね、私。

そして。。。

出会ったんです!!!

そう、アメブロの声のブログ!
↓↓↓
声のブログ
私は実際に話す方が文章書くより
楽なので、自分にはぴ〜ったり。

しかも、3分間しか話せないって
いうのが、助かっています。

事前に何も考えなくてもサクッと
3分で録音できて、それをすぐに
文字起こししてくれる、
アメブロなんとありがたや〜!!!

話す内容も、まちまちで、
完璧につれづれって(徒然草)ます。

チョコレート屋さんに皿持参で
買いに行ったらこんなことがあった〜。

とか、

世界中の仲間とZOOM忘年会行ったよ〜。

とか、

娘とケンカしたよ〜とか、
フランスの日常生活を音声だと、
思わず呟いていたりして、

この軽いライブ感覚、良いな〜と
感じています。

この先は、このメルマガにも
アメブロの声ブログを文字起こし
したものをアップしていきますね。

なので、こちらを読んで下さっている
何百名かの奇特な方々は、基本、この
ブログの内容をおさえておいて
頂けたら、アメブロを登録する
必要はないって思っていて下さい♪

もちろん、私の声を聴きたいと
思ってくださるなら、アメブロ
登録もありなんですが、
アメブロには日々のことばかりで、
イベント情報は、そんなに
載せる余裕がないと思います。

なにせ3分なので☺️。

それにしても、アメリカで始めた
私の超ゆるい不定期な呟きを、
こんなにも長く、温か〜くフォロー
して下さっている皆様に心から
感謝しています♪

読者さまの中には、楽しみにして
くださり、こんな風に、

「良かったね今回の内容、
ブログよんだよ〜。励まされた!」

って、たまにメッセージを下さったり。。。
それも本当に嬉しいんだな〜。

私は一方的にブログ書くよりも、
例えば、私が運営している
FBグループの女子限定非公開
オーガズミックランドスケープ
に参加してくださって(もちろん
無料)、じゃんじゃんコメント
を入れてくださったり、自ら
投稿してくれたりして、お互い
交流できる方がずっと良いので💕

ということで、
このブログとアメブロの関係
をまとめてみました。

LINEアカウント、
Youtube動画、
メルマガに登録しておいて
下さいね。

女性として楽しく生活して
いきたい方、人生の課題に
向き合われている方や、
バースドゥーラになりたい!
方に贈っています。

どうぞまっすぐ届きますように…

#木村章鼓 #LOVEドゥーラAkiko