白樺と子宮と職人の手


白樺の皮で作られた入れ物を

少しずつ集めていた季節があった。

白樺。。。バーチ

とても硬い皮で、加工するのはとても大変だと聞く。


その価値を知っていたから、ひとつを買うのにじっくり悩み、何度も店まで見に行って、モティーフの意味や、型押しの絵のストーリーを聞いたり調べて、感じて、本当に大切にしたいものを1個ずつ手に入れていった。

だから、5つ。

私がロシアに住んでいた頃の大切な思い出…

このロシア製の入れ物には、パンを入れたりしたという。白樺は殺菌効果があるという理由で。

私はこの10年、手糸玉やリボンなどを入れている。

浄化の容器。

聖なる木肌。

今日、ひさしぶりに磨いたら、光沢が増して美しい…

本当に手仕事は凄いよ。。。

時間を経て、輝き始める。

参るよ。

ところで。。。

こじつけに聞こえるかもしれないけれど、

急に連想ゲームで思い浮かべたことがある。



お産する時の私たちのカラダは

普段はオフなだけで、DNAに刻まれた産む力が、陣痛発来とともに作動して、うまくカラダの使いこなし方を誘導してくれる。

何にも考えなくても、呼吸に合わせて波乗りさせて頂ける。

宇宙の采配に。。。ただノリさせて頂ける、その波に。

なんか壮大なスケールになっちゃうけど、

それってこの世界で、カラダとともに女性がめんめんとこなしてきた
手仕事だと思うんだ。

子宮という聖なる空間。

清らかな処に、命が宿る…

そこには、古今東西、女性をケアする職人みたいな女性の手仕事がいつもあった。

取り上げばあば、とか、お産婆さん

助産婦さんとか、助産師さん。

名前は違っても、女性をケアする女性の

姿が、産む人を輝かせてきたんだな。。。

なんか、今日はそんなことを考えながら

白樺細工の木肌を少しさすっては癒されていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

#LOVEドゥーラAkiko #木村章鼓

お読みくださり有難うございます。以下の動画は、国連に勤めるバリバリのキャリアウーマン、ふみさんがご自身の助産師➕ドゥーラ とのお産を振り返ります♪

もしよかったらチャンネル登録をされてご視聴くださいっ↓

アムール(愛)の国、フランス

お元気でいらっしゃいますか♪
バースドゥーラの木村章鼓です。

いつの間にか2020年。
パリも3年目となりました。
光陰矢の如し。。。

すっかりブランクが空いてしまいましたが、
ブログ更新していきますので今年もどうぞ宜しくお願いします。

ちょこっと嬉しいニュースです。
「ペリネイタルケア」メディカ出版の
今月号(2020年1月号)“母親学級と保健指導”の77〜81ページにかけて、署名記事を掲載して頂きました。ドゥーラ情報の最前線ということで執筆させて頂けて感謝します。

「ペリネイタルケア」メディカ出版の今月号(2020年1月号)

さらに嬉しいことに、来月、
久しぶりに一時帰国いたします!

このブログの最後に全6会場で予定されている
トークイベントをリストアップしました。

招いて下さる皆様本当にありがとうございます!

素敵なご縁で繋がっているな。。。
導かれているな。。。と感謝の気持ちで胸が一杯になります。

歩行者天国のシャンゼリゼ通りの様子
【歩行者天国のシャンゼリゼ通りの様子】

さて。。。今さらになりますが、
この国に来て私が何に感動しているかというと。。。

それは

この国はやはり、アムール(amour=愛)の国だなぁということです。

もちろん私自身が歳を重ね、母親になり、愛というものについて昔より深く洞察できるようになってきたおかげでアンテナが敏感になっているということもあります。例えば、ほんのちょっとしたことなんですが、

私の大好きな愛の彫刻家ニキ・ド・サンファルの作品を身近に感じて気持ちが湧き立つように感じたり。。。

「第二の性」で有名な哲学者、小説家のシモーヌ・ド・ボーヴォワールサルトルと通った公園をふらりと散歩できてもの思いに耽ったり。。。

38歳年下の恋人がいた小説家、映画監督のマルグリット・デュラスの世界を想像しながら街角のカフェで恋人同士を観察して、妄想してみたり。。。

パリにいると、つい写真を撮りたくなるんです。

不思議と創造性が湧いてくるんですね、気持ちの中に。昨年まで教えて下さっていたフランス語の先生方も恐らくはお二人とも65歳くらいなのですが、もうとても色気たっぷりの熟女なのです。可愛がって頂き、授業外でもお茶をしたり我が家に遊びに来て下さったりするのですが、彼女たちの話す内容も本当に若い!若すぎる!

「バカンスで着ていく水着がね〜」とか、

「彼とはいつもラブラブなのよ。。。でね。。。(むふふの内緒話)」とか、

「タラソテラピーで、泥パックをしたらツルツルになったの〜」とか。

海辺に立つタラソのエステサロンの写真や夏のバカンスのラブラブショットなど、膨大な写真を見せてくれます。聞いているだけで私の方がドキドキしてくるこちらの成熟したマダムたち。

真っ白い腕時計をして、真っ赤なエナメルのハイヒールに真っ赤な口紅。アイライナーもマスカラもバッチリ。髪の毛もきちんとセットしてあって、いつお見かけしても、わたくし女よ〜という熟女オーラを放っています。

フランスは性に対してオープンで特別なところ、とは聞いていたけれど、観光で何度訪れても全くそれを感じなかったので、いやいや、それはフランス好きな人間の勝手な思いこみ。

いくらなんでも、人間が国によってそこまで違うわけはないっ。

そう思っていましたが、住んでみて、まさに「パリマジック!」という言葉がふさわしい、愛について思わず語りたくなる不思議な処です。

上記の3人のアーティストもそれぞれに葛藤し、苦悩し、人生というドラマに真剣に遊び、愛に生きた女性たちでした。

というかこれは私が勝手に彼女たちの世界を投影して悦に入っているだけなんですが。。。

ボーヴォワールが事実婚(自由恋愛をお互い認めていたらしい)だったジャン=ポール・サルトルと議論し合いながら歩いたという公園を散歩したり、二人の行ったというカフェに入ってみたりすると、もうドキドキしちゃいますよ。

ボーヴォワールといえば直ぐに浮かぶあの名言がありますよね。

覚えていますか?

flower_pthoto2

答えは、

人は女に生まれるのではない、女になるのだ

ものすごい論争を呼んだ有名な一文ですね。ここで語り始めたら大変なことになってしまいますが、本当に様々な解釈がありますよね。

昨今のジェンダー論について思いを巡らす時、温故知新のスピリッツを忘れずに女性史の変遷をなぞると、今という時代をより俯瞰できていいですよね。

これまでよりもさらに一段親密な寄り添い

女性として生まれ、この器を持ちながら、性エネルギーをいかに日々の生活に生かしていくかといった情報は、フランスの方がより得やすく、よりオープンな気がします。

フランスに来てからパートナーシップや性愛について考えるようになったおかげで気づいたら活動の輪が広がっていました。

男女の和合によって授かる命と母体とその家族を、

精神的に、

肉体的に、

また情報的に見守ってきた非医療者のバースドゥーラとして、見聞きしてきたことがここにきて実ったことを感じています。

性に対してのブロックのある方、
自分のカラダに自信のない方、
過去にトラウマのあるような方、
不感症でお悩みの方、
将来的に妊娠したい女性たちへ向けて、
これまでのワークに加えて、音や香りと共に大切な部分へのソフトタッチによって緩んでいただく「L O V Eドゥーラケア」を昨年よりご希望の方へ施させて頂いてます。

目の前の女性に向き合いながら、女性性の開花のためにこれからも地道にできるところから尽くしていこうと思います。

久しぶりの拙い文章をお読みくださりありがとうございました!

≪2020年2月のイベント情報≫

2020年2月10日
 横浜の産婦人科(Solaクリニック)でお話会

「岡村やよい先生、ありがとうございます。楽しみにしております!」

2020年2月12日
 千葉のお店Dolce Feliceにて発酵の専門家・大瀬由生子先生とのクロストーク

「大瀬先生、感謝いたします。発酵おたくのドゥーラとしておしゃべりさせて下さい。」

2020年2月13日
 埼玉の川口にて、ふうせんの会主催、共催いちご助産院(石上まいさん)でお話会

「助産師の鏡、石上まいさん、この度も埼玉へお招きありがとうございます!」

2020年2月17日
 愛と生命のお話&micro美ランチ会♡映画

「キルタン&ヨーガマスターの岡本美穂さん、micro美ランチ会を心待ちにしています!」

2020年2月22日
 愛知県太田川にてミュージシャンの佐治愛さんとの愛のコラボ

「ほっこりあったかくなる歌をつくる佐治愛さん。4児のお母さんで、名古屋で素敵な時間を一緒にクリエイトして下さいます。ありがとうございます。愛さんの新曲楽しみです!」

2020年2月24日
 名古屋昭和区レキップフェミニン主催、愛と命のお話会from Paris

「昨年もお招きくださったレキップ・フェミニンのかおりさん、素敵なスペースを今回もご用意くださりありがとうございます。皆様と再会できますことを楽しみにしています。」

来てくださる方々とどんな素敵な時間をシェアさせていただけるか、今からワクワクしています!

木村章鼓(きむらあきこ)

パリのドゥーラと妊活サポート

産前・産中・産後に寄り添うバースドゥーラ
ノマドゥーラ ウェルネス主宰
木村 章鼓です。

7月2日(火)に筑波大学の茗荷谷キャンパスで13時よりドゥーラのお話をさせて頂くことになりました!ぜひお一人でも多くの方に御参加頂けたらと思います。

dsjイベント_講演とロールプレイ演習20190702

昨年個人セッションを受けて下さったGさんから、
つい先ごろ、とっても嬉しいお知らせが入りました。

「あきこさーんご報告です!昨日、血液検査で妊娠していることがわかりました。!この妊娠がお産まで継続しても、しなくても、確実に新しい一歩を踏み出せたことは確かです。あのタイミングで導いてもらったことに本当に心から感謝しています」

そのメールを目にした瞬間、
Gさんの笑顔がパッと浮かんで、私は思わず
「ヤッタねGさん!」とガッツポーズをしていました。

不妊治療と不妊治療の合間にできた自然妊娠なので、
御夫婦の喜びもひとしおです。

IMG_2207.JPG

【この季節になると、とにかく恋しくなるのが日本のお花見!
これは、モネの住んでいたジベルニ―のお庭で。
日本を想ってモネさんも描いていたのでしょう。】

「ひとりでも多くの方に知ってもらいたいので私の文章ぜひ使って下さい!」と御快諾を頂きシェアするのですが、Gさんの道のりは本当に長く苦しいものでした。

Gさんは、最後の流産によって不妊治療を決意され、
その後の数年間ひたすらに頑張ってきたところで私と出会って下さいました。

当時、国民健康保険で費用がカバーされる6回の不妊治療のうち、Gさん夫婦は5回を終えた後でした。その後は自費ですが、高額な医療費は払えないから、もし次回がダメだったら子どもは諦めなければならないという状況のGさんでした。

「とってもとっても辛い治療で、気持ちがめげてめげて。。。
でもラストチャンスにかけたい!最善の状態で臨みたい!と思ったんです」
とおっしゃるGさん。

口コミでノマドウーラ ウェルネス in Parisの存在を知り、コンタクトしてくださいました。

それはもう本当に飛びこみでした。
「あの時は藁をもすがる思いで、一日も
早く予約を入れてもらえるように必死でした」

と後日仰って下さる通り、私もGさんの勢いに根負けし年末に入って過密だったスケジュールをぬって週末をGさんのセッションにあてました。

IMG_2161

【これもジベルニ―の桜。5年前の出産直後、家の前の桜を目にしただけで、
森羅万象すべてが繋がっている」とはらはら泣いたことがまるで昨日のよう。】

1回目のセッション後、

「あきこさん昨日はありがとうございました!
期待以上にとっても充実した時間でした。
教わったことをしっかり実践していきます!」

と前向きだったGさん。一週間経って、

「エクササイズもその他の宿題もみんな続けています。
最初の数日はお股が筋肉痛になりましたけど、
教えていただいたことをすべて実践していたら、
前よりもずっと心が穏やかで、エネルギーに満ちた状態になっています!」

という、ドゥーラも感服の経過報告をしてきて下さいました。

2回目のセッション後は、

「あきこさん、ありがとうございます!とってもとっても良かったです。
いつも、頭では考えている夫との長い道のりを、あらためて声に出して言えたことは、
それだけでも深い意味がありました。

しかも、ずっと凄く嫌な夢見で辛かったのに、
今朝はとっても爽やかに起きることができました。
信じられないですが即日で効果が現れたんです!

見た夢の内容は忘れてしまったけれど、
いつもの悲しい夢じゃなかったことだけは確かなので
本当にすごい効果です、とても感謝です。

それにあきこさんと見えない糸で、というか、

全ての人や物や宇宙とつながっている感じがして
一人で生きているわけではないという安心感や心強さを感じました。
それを教えてくださり、導いてくださり有難うございます!」

というお言葉を頂きました。それまでは、死にたい。。。という絶望的な夢を繰り返し見ていたGさんでしたので、眠りの質が改善したことは本当に大きな変化だったようです。

IMG_2198【生命力はわたしたちの中にあらかじめ咲いている。
そのことをただ思い出すだけ。
ただ想いを寄せるだけ。ただ信じるだけ。。。】

そんなGさん。一言で表すなら、何でも一生懸命取り組む頑張り屋さんです。セッションの中で横たわって頂く過程があるのですが、私が「もしも眠くなったら一瞬だったら寝落ちしても大丈夫ですよ」とお伝えしても、私の言葉を一言も聴き逃すまいとノートを取らんばかりのGさん。

眼は閉じていても、瞼や顎に力が入ってしまい、どこか緊張した面持ちです。まぁ、どなたも最初はそうですよね。ただ誘導によって、ふわ~っとリラックスしますよね。Gさんはそのリラックス状態に入るまでの時間が長くかかったという感じです。

誰もがうらやむ一流企業にお勤めされていたのにフランス行きを決意され、国際結婚をされても細々とした悩みの多かったというGさん。

フランスでの仕事も一見、順調そうに見えても、ヨーロッパならではの寒さや、外国にいるというストレスが積もり積もっていくうちに、新しいいのちを育むための生命力は確実にそがれていったと言います。夫婦のすれ違いや、経済的な困難もGさん達に訪れ、「まるで出口のないような感覚」だったそう。

ココロとカラダの必要としているのが何なのかを分かっていても、言語化することなく、いや、そもそも意識化する余裕もないままに突っ走らざるをえない女性、Gさんに限らず、頑張っているキャリアウーマンの方々に本当に多いケースです。

自分に向き合う時間って、コミットして創出しないとなかなかつくれませんよね。

でもGさんは本当に凄かったんです。

御自身の心身の冷えにしっかり向き合い、こちらの提案する細かいことをすべて日々の生活の中で実践して下さったのです。その結果、初めてお逢いした次の排卵で見事に自然妊娠されたのです。

一体何をしたんですか???

と思われるのではないでしょうか。受けて下さる方には手とり足とりお伝えしていますが、基本的に3本立てになっています。

子宮の元気を取り戻すことに特化した複数のエクササイズとカウンセリング、そしてハンズオンヒーリング。大げさですが、三位一体だなぁと思います。

女性のボディー、マインド、スピリッツ。

これら3つが絶妙に良いバランスの時、一番妊娠力が高まります。

これまでの経験と勘で、お一人お一人の状態に合わせて微調整をしています。カスタマイズした内容なので受けた方は皆さん、
「すごく内容が濃かった!」、
「本当にたくさんのことが凝縮されているので驚きました!」
と、大切なお友達に勧めて下さり、
口コミでいらっしゃる方がほとんどです。

IMG_2214【こちらもモネの自宅の庭園で。息子が「みんなこんな風に頑張って咲いているんだね」と
花弁の開き具合を真剣に解説してくれた。
息子の両手にいのちのエネルギーが渦巻いているのを感じて、
なんだかすごい瞬間だなぁ、と感動。】

ヨーロッパ全土から、ロンドン、ハンガリー、イタリアなどからもわざわざ旅や仕事のついでにお越し下さる方もいらっしゃいます。

個人セッションですが、週に一枠だけしか設けていません。ええったったの一枠?と思われるかもしれませんが、そうなのです。

ビジネスマインドで考えたら、バリバリ入れることももちろんできるのかもしれません。

ですが、何度も書いてきたように、フランス語の話せない私は、イギリスやアメリカでバースドゥーラの経験があっても、この国でお産のサポートをさせて頂く語学レベルではありません。

気持ち的に社会貢献というスタンスで行っていますので、ギチギチに詰めるようなことは決してしていないのです。

私自身が、自分の中の「ああ生きている!」に向き合うだけの十分な気持ちの余裕があってこそ、自分以外の誰かの人生と真剣に向き合わせて頂けると思っています。

それに実は、セッションの長さの倍以上の時間をかけて、個人セッションのための見えない準備があるんです。

ビジネスで考えたらまったく非効率的なのですが、(友人から、そんな働き方現代に考えられない!と言われた)、この見えない準備、「仕込み」が、当日のワークのほとんどを誘導する原動力となりますので、私としては誰に何と言われても時短することはできません。

その「仕込み」とは、どんなものなのでしょうか?

それは、時間を決めて、想いを飛ばすこと♪です。
毎日、その方のためを想って、その方のパートナー、御両親に感謝します。別に「あなたのために感謝の気持ちを送っていました」なんて言いませんよ。

ただ、「在りよう」が、現実の世界に影響を与えることをはっきりと分かっています。その御方の中にあるあたたかい一点を私が信じて、想うと、自然と感謝の気持ちがこみあげてきて、その御方と私との繋がりができます。その繋がりが、セッションの間、非常に重要な役割を果たしてくれるのです。結果に結び付くのは、そういった、お相手を信じる私の中の揺るぎなさも関係しているのではないかな、と思います。

先週、パリの友人に誘われて、入江富美子さんの提唱される「へそ道」というリトリートに参加したのですが、私自身が行ってきた姿勢と重なり、心から感動しました。

日本を拠点に世界中で活動されていらっしゃいますので、お近くで開催される際にはぜひ参加されてみてください。

本当に、今というタイミングは、世界中が子宮で繋がる、おへそでつながるスピードが加速している激動の時代だなぁと思いました。

長々と書きましたが、まとまりのないつぶやきを最後までお読みくださりいつもありがとうございます。

この季節、パリは朝晩冷え込みますが、
温かな朝のお茶がことのほか美味しいです。
お風邪にはどうぞお気をつけて、この季節の移ろいを存分に味わって下さい。

木村章鼓

https://www.blog.crn.or.jp/lab/03/30.html