フランス流子育て、女性らしさを本と日常とで照らし合わせる

たくさんの女性を見てきて、私にとって、いちばんと言っていいくらい一筋縄でいかないのがフランス人女性である。

約3年前、パリに到着した翌日に会ったフランス人女性は何事につけても、とにかくたくさんの皮肉を織り混ぜて会話をしてきた。

彼女は会社から派遣されたリロケーションのスタッフで、それから連日いろいろな物件に連れていってくれたが(たぶん1週間くらい、ほぼ毎日会っていた)、ふたりの間のエネルギーがスムーズに流れていかない。

皮肉まじりにオーナーやエリアを揶揄して批判精神旺盛なのは物件選びにはある意味有難いのだが、私のように言葉を額面通りに受け取ってしまう単純な人間には分かり得ない独特のブラックユーモアのセンスがある。

   
娘とパリのビラケム橋で

海外20年、さまざまな国でブラックユーモアの洗礼を受けてきたが、フランス流のジョークはレベチでどぎつい。フランス語がわからなくても、ニュアンスはなんとな〜くわかる(たぶんイタリア語が多少分かるおかげ?)。

やたらと物事を複雑に考えるクセが彼女。私はひるがえって、物事を複雑に考える思考能力がなく、それが悩みなくらい人生を気楽に生きている。

たぶん、世界のさまざまな価値観に出会いすぎて、実際にいろいろありすぎて、人生に開き直っているせいなんかなぁ。

もうありのまーんま。

焦りもせず、状況を責めもせず、あるがまま。

私はいい加減にみえて、去るものは追わず、来るものは拒まず。動物みたいに本能的で、スロー過ぎて今の男性社会にはまったく使えないヤツなのかもしれない。

社会的にみたら使えないヤツで、内側の感じ方にいちいちチューニングする私と、男性性剥き出しで攻撃的で皮肉好きなフランス人が1週間も顔をあわせていると。。。何が起きるか。。。

だんだんと自分まで皮肉っぽくなっていくのだ!

人間は環境によってほぼ成り立っているんだなあ〜と痛感した。

が!!!
ちょっと待てよ。

私のほうが感化されやすいってこと?

だって、彼女の態度には私による影響は見受けられなかったから。

ガーン!

人とのつきあいはケミストリー。

あの1週間、もっと中和していけたら。。。

お互いの良い部分が引き出しあえたら。。。

彼女ともそれが一番だったよね。

パリに着いたばかりで右も左もわからずに、海外20年とはいえ胸が締め付けられるようなストレスを感じつつ。。。

人生初の「パリジェンヌ」洗礼を真正面から受けた訳だ。

あれから約3年。

パリジェンヌを理解したいといろいろ見聞を広げてきた。

友人のローズマリーは本当に素敵な女性で、お茶に誘ってくれると、いかに芸術が生活を癒してくれるか音楽やアートの話を大人の言葉選びでとうとうと語ってくれる。あ、ミラベルの手作りケーキがとても美味しい!私のフランス語レベルがひどいので、ほぼコミュニケーションは英語だが、彼女の優しさやひたむきなアートへの想いが伝わってきて一緒にいて楽しい。

別の知人マリーフランソワは読書家で、いかに食が大切かついて熱く語り、トピナンプール(エルサレムアーチチョーク)などの私にとっては珍しい野菜の調理法などを1から丁寧に教えてくれる。本当にこころある女性。

そして今回のこの本。

娘の勧めで読んだ「パリジェンヌのつくり方」。

「絶対読んで。これまさにお母さんだから!」と言われて、ドキドキしながら読んでみて、ショック〜。

私って無秩序だしな〜って、いったいどんな母親よ〜


まぁそれは、愛する娘の言うこと。

褒められているんだ!と前向きに受け取ることにして、「え?読んだけどどこが?」と聞いたら、

「お母さんの自由を求めて戦うところ」だって。

確かに、戦っているかも、ね。

あと一番重なる部分は、「おかあさんって、ナチュラル感を大事にする」部分と言われた。

まぁ、だよね。娘は見ているからね、私が髪の毛はいつもシャンプーだけ、リンスも使わない。ドライヤーはまずかけない、野生児のままで48歳になろうとしていることを。

「ディスオーダー(無秩序)」な部分も重なる、と娘に言われた。

本の中で、“前の晩にヴォッカを飲んでも、翌朝に抹茶を飲むのがパリジェンヌ”、みたいなことが書かれていて、その部分を引き合いに出された。

確かに私、本当にディスオーダーなので、娘はちゃんと私のことをみているんだなぁと。

気持ちが引き締まるおもい〜(涙)

でも、基本的には娘に褒めてもらってもいるみたい。  

今回はだらだら動画撮ってしまったけど、次回はもっと大和撫子の素晴らしさを伝える動画を撮りたい!

この動画で今回言いたかったのは、たったひとつのメッセージ!


それは、たくさんの国に住んできた自分だからこそ言い切れること。

どれだけ他人に呆れられようが、

家族から文句を言われようが

「ディスオーダー(無秩序)」を「オーダー(秩序)」に

変えられるのは、結局は「自分軸」、なんだな~ということ。

その自分軸を立てるには、自分を愛してあげることなんだよ。

愛するためには、女性で生まれたからには、自分の女性器と向き合おうねっていう部分は、リアル講座や実際のケアでしかお伝えしていません。なかなか動画ではお伝えしにくいことなの。。。削除されちゃうかもしれないのでご理解ください。

お読みくださりありがとうございます!

#ノマドゥーラ
#LoveドゥーラAkiko




もう偽りたくない

〜花のように生きている、まさにど真ん中のあなたへ〜

本質の分かる大人の女性たち、いえ、自分を偽りたくないと想う女性たちが今日集いました。

私が海外20年だから、自然と本日のオンラインサロンにも海外にご縁のある方ばかりが12名で世界中から集いわちゃわちゃと交流しておりました。

1ダースもの人間が集まると、12枚のゲートレスゲート(扉なき扉)があって、その隙間からそっと覗かせて頂いてみると。。。うわ〜!っとのけぞるような景色というか、その方らしい感性というか、オリジナルの色を見せて頂ける。

壮絶な半生をやり過ごしてきた方、しあわせを噛みしめている方、再婚する方、これから離婚される方、すでに長いことお一人さまの方、婚姻関係が続いていても通コンの方、最近、セクシャルなエネルギーに目覚めた方などなど様々。

社会活動にしても、香りのスペシャリスト、聖地ガイド、ドゥーラ 、語学教師、ウォーターセラピスト、女性のケアに徹してきた医療者の方、舞踏や詩作を通して表現活動に人生を捧げてきた方、、、本当に十人十色。

その美しいお花のような女神たちは、偶然ではなくて、集まったのだと想うのです。

ここには書けませんが、本当に深い話です。

そうそう、女性性を愛おしむ実践、何かしていますか?と伺ってみたら、新しい服を身にまとってテンションをあげる、とか、イヤリングで毎日遊ぶとか、皆様それぞれに工夫もされて楽しんでいらっしゃる。

私も刺激になりました。そして。。。

以下のお話はオンラインでは盛り上がり過ぎて時間切れでお話しできなかったので、書きますと、、、

今朝、面白い夢をみました!

私のイメージには老人だった自分がたまに出てくるのです。

起きる直前のシーンしか覚えていないのですが、今朝も自分が老人(また!)で、なにか集団に向けて厳しい語調で語りかけているものでした。

その言葉があまりにしっかりとしていて、ドキッとしました。

しわくちゃの唇を震わせ、太いしわがれ声として自分から出てきたので、自分の声の大きさに驚き夢からガバッと起きてしまいました。

目覚める直前、なんと自分が言っていたのかというと、、、

「我々は朽ちなければ天にも昇れんのじゃ!」

という言葉でした。

ひょっとして賢人として生きた過去性か未来性があるのかもしれません。

でも、それゆえに人を寄せ付けずに寂しい人生を送ってしまった魂の記憶があると思っています。

後悔して、もっと愛に満ちた人生を送りたいと思って、今生は絶えず人に囲まれてLOVEドゥーラ Akikoとして魂を磨いてきたのかな、なーんて想うのです。

さて、老人(私)の言葉のイミです。

夢から目覚めて、老人の言葉のイミ、いろいろと考えていました。

「死」というもくろみについて。

それが、生命の循環を担う最大の仕組みだということについて。

老人の言葉の意味はハッキリとではなくても、なんとなく分かるような気がします。

愛でる気持ちで、死をすぐ横に感じて朝の時間を過ごしていると、、、

浮かんできたのは亡くなった父、祖父、祖母、叔父、大切な友人たちとの時間。

思えば、死は終わりではなく、そこからはじまる関係がたくさんありました。

私と娘との関係も、私と友人たちとの関係も、新たな出会いとして死がもたらしたものでした(ヒマラヤ音声(無料)をよかったら聴いてみて下さいね)。

そうして、これからもずっとそうあり続けるのだと思えています。

ですから私にとっては死とは決して終わりではなく、扉なき扉の前で、「ここだよ〜」と鍵穴にぴったりとはまる自分だけの鍵を、何か大いなるものから気前よくポンっと頂くようなものです。

その関係性を分かっていないと、、、

世界にたったひとつの鍵をもらっても、穴に差し込めない。

鍵穴の向こうに広がる世界に好奇心を抱いていなければ、

開こうとも思えない。。。

ああもったいない。

でも、今の時代は、カラダで落とし込んで理解したり、生身の体験に飛び込んでいける体験が少しずつ減っているので、もったいないことが蔓延している。

ありとあらゆるダイナミズムが、肉体が朽ちることで、起こっていく。

そこに大自然との融合、究極のまぐわいがある。

世界のさまざまな場所に偏在することが可能になる。

そんな哲学的な話を夢の中の老人はしていたのだと思います。

なんだか分からないのですが、夢って、なんでもありですもんね。

ところで「死」を折り返し地点にするなら、今、私たちはどの地点を旅しているのだろう?

産んだり、産まなかったり、授かったり、授からなかったり、失ったり、育てあげたり、

いろいろな分岐点を越え、ゆるゆると蛇行しつつ、今日も旅をしています私たちは。

たくさんのことを体験して、この肉体の残り時間をまっとうする。

なんだかワクワクしてきませんか。

そんな時、「雪のひとひら」ポールギャリゴの話を初めて読んだ時の感動をあらためて思い出すんです。

あらかじめ完璧なあなたで、

変容し続けるあなたの美しい器で、

あなたは自分のことを知りたくて、

偽りのない永遠の旅を続けている。。。

そう思ったら、今日も参加者の皆様が愛おしく感じられて、仕方がなくなりました。ご参加くださり本当に有難うございました!

ますますみなさまと思い出していきたいな、と思っています。

今日も拙いブログをお読みくださり有難うございます♪
YouTubeでは、日本の駅のホームで遭遇した実体験を語っています。よろしかったらチャンネル登録してご視聴ください↓

白樺と子宮と職人の手


白樺の皮で作られた入れ物を

少しずつ集めていた季節があった。

白樺。。。バーチ

とても硬い皮で、加工するのはとても大変だと聞く。


その価値を知っていたから、ひとつを買うのにじっくり悩み、何度も店まで見に行って、モティーフの意味や、型押しの絵のストーリーを聞いたり調べて、感じて、本当に大切にしたいものを1個ずつ手に入れていった。

だから、5つ。

私がロシアに住んでいた頃の大切な思い出…

このロシア製の入れ物には、パンを入れたりしたという。白樺は殺菌効果があるという理由で。

私はこの10年、手糸玉やリボンなどを入れている。

浄化の容器。

聖なる木肌。

今日、ひさしぶりに磨いたら、光沢が増して美しい…

本当に手仕事は凄いよ。。。

時間を経て、輝き始める。

参るよ。

ところで。。。

こじつけに聞こえるかもしれないけれど、

急に連想ゲームで思い浮かべたことがある。



お産する時の私たちのカラダは

普段はオフなだけで、DNAに刻まれた産む力が、陣痛発来とともに作動して、うまくカラダの使いこなし方を誘導してくれる。

何にも考えなくても、呼吸に合わせて波乗りさせて頂ける。

宇宙の采配に。。。ただノリさせて頂ける、その波に。

なんか壮大なスケールになっちゃうけど、

それってこの世界で、カラダとともに女性がめんめんとこなしてきた
手仕事だと思うんだ。

子宮という聖なる空間。

清らかな処に、命が宿る…

そこには、古今東西、女性をケアする職人みたいな女性の手仕事がいつもあった。

取り上げばあば、とか、お産婆さん

助産婦さんとか、助産師さん。

名前は違っても、女性をケアする女性の

姿が、産む人を輝かせてきたんだな。。。

なんか、今日はそんなことを考えながら

白樺細工の木肌を少しさすっては癒されていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

#LOVEドゥーラAkiko #木村章鼓

お読みくださり有難うございます。以下の動画は、国連に勤めるバリバリのキャリアウーマン、ふみさんがご自身の助産師➕ドゥーラ とのお産を振り返ります♪

もしよかったらチャンネル登録をされてご視聴くださいっ↓