短編公開!約10分の贈り物

こんにちは、木村章鼓です。ずっと継続していた子育てサロンが昨年10周年を迎え、ヒューストン時代に毎回参加して下さっていたお母さん方が定例会で素敵なお祝いをして下さいました。その時にケーキやカードと一緒に、ご家族で食べてね!と焼いて下さった直径30cmほどの手作りクッキー!もったいなくて、ありがたくて、ひと月くらい眺めていましたが子供たちに食べられました〜。お味も美味しかった〜涙。。。アメリカから遥々イギリスへ引越しするの今更に本当に悲しかったです。。。

さてロンドンは秋から冬へ。庭先でも、著しく日々の変化が起きています。このふたつの季節のはざ間で、私は体調を崩し、今週は痛む扁桃腺をなだめすかして何とか生活しています。夜は早めに横たわりながら、つくづく、バランス感覚って大事だなぁと痛感しているところです。

バランスといっても、ケースバイケースでほんとうにいろいろな意味合いがありますね。

ヨーガなどエクササイズを通して学ぶことのできる重心のバランス感覚はもちろんのこと、良好な人間関係における相手との距離を尊重する見えないバランス感覚、食欲と実際に摂取する食物の量といった衣食住の欲求を適度に満たすバランス感覚、途方もないヴィジョン(夢)と現実との間で折り合いをつけて生きていくバランス感覚、「ありのまま」と「適度に気を抜く」をうまくブレンドしたLet  it be(手放す)のバランス感覚。。。挙げていくときりがありませんね。

どんなことであれ、すべてに共通しているのは、そのバランス取りをどのくらい自分が意識できているかということ。やじろべいは今、どちらかに触れているか、または静止しているか。どれだけ自分の心身が心地よく感じているか、といったことは‘自分にとっての良し悪し’を知るバロメーターではないでしょうか。

実は今日、ヒューストン時代にお世話になった映像作家のAPOさんから、とても素敵な映像をプレゼントして頂きました。私のドゥーラとしての軌跡を追ったAPOさん渾身の短編です。

彼女に心からの感謝を捧げると共に、APOさんの中に芽生えた「ドゥーラってなんだろう?」という‘疑問’を追跡していくプロ魂というか、やる気に対して、私は心の底から感動しました。そして同時に、自分の中で今後、ドゥーラとしてのバランス取りをきちんとしていかないとなぁと気持ちがなんとなく引き締まっています。

どんなに素晴らしく撮って頂いても、実物に会ってみたら「なーんだがっくり」というのは、申し訳ないですものね。この大切な贈り物をこそばゆく感じることなく観ることのできる日がくるように、この先、もっと精進して一歩一歩学んでいきたいと思っています。

10分ほどの作品ですので、お時間があったらどうぞご覧になってみてください。

たった10分ほどとはいえ、気の遠くなるような時間と労力を惜しまずに費やして下さったAPOさん。広大なヒューストンでは比較的ご近所さんだったとはいえ、ご自身も授乳中のママとして忙しいのに、この作品にたくさんの想いとメッセージを込めて下さいました。

以下、   APOさんご本人がこの作品に寄せて下さったメッセージです。

<映像作家、APOより ~作品に寄せた想い~>

ドゥーラという職業をあきこさんに出会うまで知りませんでした。

切迫早産で長期入院した友達は長期入院すると看護婦さんには気を使うようになる、親にも、夫にも。きちんと赤ちゃんが育つのか?という恐怖と紙一重で、産むまではという気持ちで何とか乗り越えたけど、未だにその当時を思い出すと辛いと言ってました。

もしもあきこさんと出会ってたら、、、。

気を使わず、何でも話せて、頼りになる存在が妊娠期間、産前、産後は必要だと感じてます。

私自身も出産で、大学病院での検診の都度に先生が変わったり、助産師さんも初対面の人だったり。ずっとその期間支えてくれる人がいたらどんなに良かっただろうかと思います。

日本でも産後うつ、マタニティーブルーという言葉が聞こえてくるようになりましたが、
‘ホルモンの関係でそうなる’という一言で、実際に手を差し伸べてくれる人が少ないと思います。

出産直後は動けない。
心療内科に行けない。
こんな小さな事を相談していいのか?
お母さんになったんだからしっかりしなきゃ。
こんなに大変だとは思わなかった。

という時、電話ができ、訪問してくれて、産前産後のケアもしてくれるドゥーラという存在は
きっとこれからの日本を変えてくれる。

あきこさんは、イギリス、アメリカという最先端で学ばれている方です。
私の拙い映像ではなく、日本でも大々的に取り上げて欲しいと思いました。

映像を通し、あきこさんの素晴らしさが少しでも伝わればと思い制作させて頂きました。
どうぞご覧になってみてください。

2014年11月5日 APO

家探しと産み場探し

P1090833
引越しから2週間がたちます。まだ10箱ほど開梱しなければならない段ボールが山積みになっていますが、新しい街、新しい空間にゆっくり馴染んできています。

9月に入り一層肌寒くなってきました。
ヒューストンからロンドンへ移り住み、新しい家、新しい生活、新しい人間関係にようやく馴染んできました。
この短い間にも、私の住む街Twickenhamで、子どもたちの学校や古い友人関係を通じて、病院勤務の助産師さん、開業助産師さん、看護学生、小児科医、そしてドゥーラとの出会いに恵まれてきました。
集めたい情報やつながりたいネットワークがハッキリしているせいか、出会うべき人にピンポイントで廻りあわせて頂いているという感覚です。

一方で、引っ越しの作業中に左手を負傷してしまい、
しばらくの間パソコンひとつ打てなかったり、
UKでの久しぶりの運転にまごついたりと不便さも味わっています。
今までは子どもたちの登校にスクールバスを利用していたのですが、
今のシュタイナースクールでは私たちのエリアにはそのサービスがありません。
送り迎えの運転が毎日大変で、あぁ今まで自分はずいぶん楽な生活を送らせてもらっていたんだなぁと、失ってみてはじめて、その恩恵に気づいてハッとすることもあります。

でも、そんな中でも幼い子どもの順応力は高く、我が子らも新しい学校にすっかり慣れて、
「家に帰りたくない!」ほど楽しそうにしているのを見ると、
とりあえずは万事OKかなぁと思えます。

私たちの家は駅の近くのオンボロ家。
ヒースローが近いので飛行機はぶんぶん飛んでいるし、列車の音もかなりします。
学校やロンドン中心地へのアクセス、夫の会社との距離を考えるとベストではあるけれど、ちょっと不安な気持ちで最初に見学に来て、「住めるかなぁ」とイメージしたとき、パーッと生活している様子が浮かんできました。
他の家では感じられなかった感覚でした。
その時、「あ、ここに住むことになるのかも」と思いました。

でも一番の決め手となったのは、
宿に滞在しながら10件ほど候補地を見学した後のことでした。
「どうしようかなー」と思いながらデータを見返していたのですが、この家のデータを開けた途端、パソコンのキーボードの上に小さな小さな白い羽が一枚だけ舞い降りたのです。
「一体どこから?」と思わず上を見上げ、
「この部屋の寝具は羽毛布団だったかなー?」と思ったりしつつも、
同時にどこか直観のようなものが働き「ここなんだ」と思ったのです。

そのあとはトントン拍子でした。
国を越えての引っ越し、ドゥーラ活動、出産子育て、頭だけでは片付かないことばかりで、今までも直観に頼ることの多かった私ですが、そこには不思議と深い納得感もあるんです。
自分の直観を大切にするということは、そこで起きることや結果を引き受けて生きていけるということのような気がします。

私が女性に「直観(直感)を大切に」というメッセージをくりかえし伝えているのは、ストレッチ体操なしでいきなり筋肉を伸ばしても思ったようにからだを使いこなせないように、いきなり今日から直観をキャッチしてそこからの情報を活かせるわけではないと思うからです。
毎日少しずつでも確実に、自分の内側の声や感覚をひろう努力をしていくことはとても大事なことです。
特に妊婦さんやこれから産むかもしれないという方々には、ありとあらゆる方面から自分を大切にして、あたためて、自分が本当は知っていること、実は欲していること、言葉にはならない想いに気づいてあげられるようになってほしいなぁと思います。

今回の触媒となった1㎝にも満たない小さな白い鳥の羽、
きれいに洗って飾り箱の中に大切にしまいました。
「与えられた選択肢や、限られた条件のなかで、自分にとって妥協できるもの、できるだけ心地のよいものを求める家探しは、ある意味、産み場探しとよく似ている」、
そんなことを言っていたカナダ人の友人の言葉が今あらためて胸に響きます。