女性として大切にされるケアとは

ボンジュール。いきなりですが齋藤麻紀子さんのお言葉の引用です✨

「無痛分娩を希望したのに

痛かったとクレーム言われる方がいます。そうねえ、痛いこともあるかもね。

お産の後も痛いし、母乳飲ませるのも痛いし、

歩くのも座るのも痛いし、その後の子育てや夫婦関係だって痛いこといっぱいあるよ。

お産は、痛いものなのです。

不安いっぱいで、ギャーギャーいって、泣いて叫んで、そばにいて、
手をつないで、撫でてって、プライドなんか放り投げて、

そばにいてーー!

って言えるから、

女の人は成長するんじゃないかな。

そして、そのときに、そばにいてくれた人、
手助けをしてくれた人と、

ゴールを喜びわかち合い、

涙しハグし、


嵐のあとの美しい虹をみんなでみるような、感動を味わうの。

感動があると、感じて動く。

産んだ人も、寄り添った人も、
体の内側から何かが動きわきだしてくるのです。

その、内なる発動が、
心身の傷を癒していくのです。

お産の寄り添いとは、
ものすごく人生を豊かにします。

2020年11/27(金)夜9時〜
「女性として大切にされるお産の寄り添いとは」をテーマにUmiのいえ企画のオンライン講座を開催します。

人として、女性として大切にされるお産は、お産に関わるすべての人々の心合わせ、「寄り添い」がなによりも大事になってきます。

同時に、産む女性たち本人も、
より主体的になってお産への準備をしていくこと、
心でつながるパートナーシップを求めていく姿勢が大切です。

お話くださるのは、各国のお産を見聞きしてきた
出産ドゥーラ木村章鼓さんです。



助産師の力と人権意識の高いイギリス。

医療化が進み過ぎた結果、周産期ケアの
質の低下が問われているアメリカ。

そして無痛分娩が主流のフランス。

医療の在り方、出産への価値観が
社会・文化的に異なる外国で出産ドゥーラ
として得てきた知見を木村章鼓さんにシェアしていただきます。

日本のこれからのお産に役立つエッセンスを
参加者のみなさんでシェアしていきましょう。」

11/27(金)のお申し込みはこちらをクリック!
以上、熱い告知を書いてくださった「Umiのいえ」代表の齋藤麻紀子さんのハートフルな文章。いつも励まされています。私の大好きな女性です。齋藤さんと一緒にこの夏は
「愛」〜「待つお産」〜「直感」と3本のプチトークを
YouTubeにあげています。ぜひ登録してご覧ください♪





母カフェっていう伝説のいやしろち

世界のいろんなところに、女性が集う癒しの場が存在する。

私が嬉しいのは、世界中に住んできたおかげで、

まさにリアルでそんな輪に参加できてきたっていうこと。

オマーンで入っていた合唱クラブ、
マレーシアではマレー料理クラブと、ろうけつ染めの教室、
スコットランドでは「らくだの親子」とバースリソースセンターの集い、
ロシアではロシア料理を学ぶ会と「らくだの親子」
アメリカでも「らくだの親子」、「ヒューストン バース オルタナティブ」
イギリスでも「らくだの親子」そしてPBM(ポジティブバースムーブメント)

そして、パリ。

既存の集いに参加することも、「らくだの親子」の会のように
自分がその「場」をゼロから作ることもあった。

女性たちが互いにエンパワーしあえる“いやしろち”
が世界中にある凄さっていったら、

その体感は、積み重ねれば積み重ねるほど
本当に、言葉にはし尽くせない。。。

だって、性生活の話から、赤ちゃんのウンチの話まで
なんでもしあえるし、日本人妻としての不安な気持ちを
話しだしたらみんなが相談に乗ってくれる。

妊娠中の不安がほんの一瞬でも飛び去るんだ。

それって、本当に大切なことだと思う。

ほんの一瞬でも、定期的に自分を解放できるって、
とっても大きい。すごくありがたい。



パリで昨年まで高山智子さんが開催していた

「母カフェ」

もまさにそんな場のひとつだった。

当時も今も私は私で「しあわせバース」や
「Himemama Paris」という活動をしていて、

私はバースドゥーラとして、

智子さんは智子さんでコーチングを学んだ
「母カフェ」のオーナーとして、

お互いにサポートしあい、時にひとつのイベントを
共にすることもあった。

池川明先生(産婦人科医)とサアラさんが
パリにいらした時の講演会など、智子さんと

楽しい時間を過ごしたことは数限りない。

その智子さんが店じまいをして東京へ本帰国。

4ヶ国で子産み子育てしたお友達からあらためてお産談を聞き取ったら。。。

え〜ん悲しかった〜😭

仲間が去っていくのは毎回のことながら辛く悲しいこと。

でも特に今回は智子さんがいなくなってしまうのが
本当にさみしかった。。。

でも今回!東京での再会が叶い、久しぶりに

ゆっくり逢って、お産トーーーーーーク!!!!

今回はしっかりと聴き取らせて頂きました。

世界4ヶ国で子産み子育てしてきた智子さんだからこそ

みんなに伝えられることがある。

そして子育てトークの好きな二人だからこそ

いくらでも語り合えてしまうお産談。

だからこそ、動画収録というカタチで
あえて時間をセーブして、1本あたり7分♪

ということで、思いっきり短くカットして
3回に分けてアップしていきます。

まずは第一弾、今日アップしましたのでぜひぜひ
ご覧になって下さいね💕


第21回 クラスメートの妊娠

アイルランドの大自然!

〈休暇でアイスランドにやってきた首都レイキャビクからほんの20分車で走るともう大自然!〉→

大学院のクラスでは、全員が全員、20代前半である。

青年も皆いい子たちばかりだ。

母であり妻であり学生である私のことを、それぞれに理解(同情?)してくれているよう。

娘をとっても可愛がってくれるし、

ナーサリーが休日で娘をあずけられず、私がどうしても家にいなければならない時は、

みんな我が家に集まってパワーポイントでの資料づくりをしたり。

親子ともども風邪で倒れた週にはノートを届けてくれたり。

各国のクラスメート、と〜っても親切だ。

なかでも、アメリカ人のアレクサとは特別に通じ合うものがある。

というのも23歳になる彼女は、大学院に入学したと同時に妊娠したのだ。

今でもハッキリ覚えている。

最初のクラスの後、たまたま帰りが一緒になった私達がお互いのプライベートに触れた時のこと。

私が子持ちと知った彼女は、一瞬安堵の表情を浮かべ、

「私も来年おかあさんになるの」と言った。

天然温泉

アイスランドの間欠泉、凄い迫力!

後期に入って、アレクサは、学業の負担を半分に減らすため、フルタイム学生からパートタイム学生に切り替えた。

それによって彼女と顔を会わす機会は週2回から1回に減った。

ご主人はイギリス人の外科医。

彼もとっても好青年だ。

本人も健康そうだし、ヨーガに通ったりしながら妊娠中の体力づくりにもしっかり励んでいて、一見なんにも問題はなさそうなのだが、彼女は毎週の授業で私を見つけるたびに「ちゃんと産めるかしら?」と聞いてくる。

そのたびに私は、おまじないのようにアレクサのやわらかいお腹にそっと触らせてもらいながら

「だいじょうぶだからね、おかあさんちょっと心配しているみたいだけど、一番いいカタチでやってきてね」と声をかける。

そうやって毎週毎週、アレクサに、そしてアレクサのお腹に、

そして、

実は誰でもない私自身に

「だいじょうぶだよ~」を何度となく言い聞かせてきた。

男子学生たちにも影響が

そのうちに、見えない変化がクラスにもあらわれてきた。

それまではまだ若いせいかアレクサの存在にまったく無関心だった男子学生たちが「アレクサのお腹だいじょうぶそう?」と私にたずねてきたり、アレクサに「お腹に手をおいてもいい?」と聞くようになった。

しまいには、国際保健に関する授業でのグループワークのテーマに‘アフリカにおける自宅出産について’を選ぶまでになった。

男子学生も、身の回りに妊婦さんがいると、自然とお産に興味が出てくるのだろうか。

生まれた!

みんなとってもいい笑顔

アイスランドの幼稚園見学しました!

そうして、つい2日前、朝起きてパソコンを開けると。。。

「おかげさまで今日大きな女の子が生まれました!」

という喜びのメールがアレクサのご主人から届いていた。

「やったー!」

私はひとり叫んでしまった。

またひとつ新しい命がこの世に生まれた。

さっそく他のクラスメートたちにも連絡をすると、そのうちの一人から、

「アレクサの大きなお腹に触れたことで、大学院で学ぶことが机上の空論に終わらず、つねに現実感を与えてくれてきた気がする」というようなメッセージが返ってきた。

社会に戻すための、学問

幼稚園

アイスランドの幼稚園のセンスのよさにびっくり!

ほんとうに、このアメリカ人男子学生の言うとおりだと思う。

いくらすごいことを勉強しても、

難しいことが解っても、

それが日々の日常にいかせなくては、意味がない。

というか、もったいない!!!

せっかく学ぶ機会を与えられているのだから、社会に戻すことをイメージしてこれからも学生を続けていこう。

そんな勇気をあらためて感じさせてくれたアレクサに、こころから‘ありがとう’と伝えたい。

そして彼女が大学に復帰した暁には、彼女の押すベビーカーの横で、私は娘を遊ばせながら本を探していたいもんだなぁと思ったのだった。

次号に続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても面白い腸内細菌についてYouTube動画アップしました〜!チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪