オリンピック級アスリートの奥様の出産に立ち会いました


まだエジンバラに住んでいた頃、日本大使館勤務の奥様の紹介で一流アスリートの🥇さんの奥様のお産に立ち会いました。

奥様のAさんは本当に頑張り屋さんで、産前5−6回はお会いしましたが、毎回ご自宅から一時間のウォーキングがてら我が家に通って下さっていました。

考え方もとても柔軟で、お若いのにとても堅実で賢い女性です。

バースプラン作成にも意欲的で、瞑想や骨盤エクササイズや呼吸法にも真剣で、他のメニューもすべてしっかりこなされ、宿題もきちんとされ、、、と、

とにかく妊娠中のマインドセットがAさんほど完璧な女性はいない!と、私のほうが毎回感動するくらいのパーフェクト妊婦さんです。

しかも!

召し上がっているお食事も。。。

「何を食べましたか〜?」って、献立や日記や写真を見せて頂いたりしながら聞き取るんですが、毎回、私のほうが食べたくなるようなバランスのよい食卓。

ご主人様を支えていらっしゃるだけあって、栄養士の作るご飯のよう。

実家のお母様が日本からたくさん食材も送って下さるようで、ご自宅にはヘルシーな食材がいっぱい。

Aさんは日本で女優さん?アイドル?タレントさん?(海外が長すぎて芸能界については私は究極の浦島花子状態)だけあって、とっても見目麗しいお方なので、ストレッチマークがお腹につかないようにちゃんとオイルをすりこんだりしてセルフケアも徹底。

なにからなにまで完璧すぎるくらい完璧で本当に驚きました。

これだけ素敵な女性なのだから、

ご主人様が惚れたのも凄くわかる!

っていうか、

ドゥーラ なんて要らないよ〜Aさんには〜!

と安心して思えるような妊娠期間でした。

当日のお産には、日本からお母様も姉妹もいらして下さったおかげで本当に和やかな空気でした。

キッチンでは、Aさんのお母様がコトコトお肉を煮込んで下さっていたり。。。家庭的な空気感のなかで陣痛と向き合っているAさんはどこか安心された表情です。

私と二人だけの時には見せない、さらに愛らしい表情で、くつろいでいる。。。

それはそうですよね!

慣れない外国暮らしでの妊娠生活、大変だったと思います。

さて、実際のお産ですが、

妊娠中から来ることは聞いてはいましたが、実際に、強力な助っ人が日本からお二人いらっしゃることで、当日のご自宅のエネルギーは、正直、もう何も要らない、というものでした。

ドゥーラ の私は、邪魔にならないように、また、この機会にぜひ血のつながった母娘、姉妹だけで心おきなく愛の絆を確認しあい、他人に気兼ねせずに過ごしてもらいたいなぁと感じました。

Aさんは、慣れない海外暮らしでどれほど実のお母様が恋しかったことでしょうから、たっぷり水入らずで甘えん坊になってほしいなぁとも感じました。

あ、誤解しないで下さいね。もちろん、夫婦の絆はとっても大切です。

ただ、お産がなかなか進まない時に、わざとパートナーを家から出して、空気を入れ替えることによって、不規則だった陣痛が一気に進むことがあるという外国の話を読んだことがあります。

やはりお産とは古今東西、女たちの間でまかなってきたライフイベントなのですね。

そこには、たとえ愛しいパートナーですら意識、無意識のうちにまったく必要としない、本人だけで踏み込んでいく境地があります。

私も、二人目を産んだとき、なかなか陣痛がこないときに、徹底的に自分と向き合いました。

そうしたら、自分が自分の身体に集中できず、なんとなく演じてしまっていることに気づきました。

「二人目だから大丈夫よ」的な余裕をみせないといけない、

とか、

「上の子を心配させないように、わざと大丈夫だからねお母さん」と言っちゃう

とか。

そこで、呼吸を変えて、カラダの力を抜いて、素直になることにしました。

すると、

夫よ消えてくれ〜〜〜〜。

二時間くらいサイクリングでもしてきてくれ〜〜〜。

と強く感じたんです。

目の前でバスタブにお湯の準備をしてくれようとしている夫に対して、もう無茶苦茶なこと感じているのは自分ではわかっているのですが、その気持ちがいったんわいてきたら抑えられない。

そんな自分に当時は一抹の罪悪感を感じました。

でも、今はそう思って、ひどくもなんともありません!って言い切れます。

お産では、なにを感じてもよいのです。

どう振る舞ってもお産ではかまわない。

無意識の抑圧だったり、

無意識のうちにいい子ちゃんを演じてしまっていたり、

無意識のうちに自分の本当の欲求に気付けなかったり。。。

そんな複雑で言葉にはならない、

実は本人すらも気付けていない産婦さんの感情やエネルギーを

その時の空間、周囲の人々との関係のなかでドゥーラはふと感じ取り、

少しでもスムーズにお産が進むように、産む女性の可能性を信じて手厚くおせっかいなことをしたり、逆にわざと放置したり

工夫や試行錯誤していくのもドゥーラの仕事です。

それらの工夫が結果的に効果がなかったとしても、トライすることには意味があります。

だって、変化していくのがお産ですから。

あかちゃんがいつまでも子宮に居続けては困る。

ひとたび陣痛がスタートしたら、変化しつづけて、移動しつづけて、目には見えないレベルであっても動き続けます。

だから、数値でははかることのできない工夫や、チャレンジで変化球を与えていきます。

だから、「何かテクニカルなことをする=doing 」ではなくて、

産婦さんを心から信じている!という在り方、つまりbeingというのが、ドゥーラ 、Mothering the Mothersの本質なのです。 

医療者のように◯◯を測って、◯◯を打ってという行為はできなくても、

気持ちはしっかり寄り添いながら、女性の可能性を信じるのがドゥーラなんですね。

医療者とは違う領域で、違うアプローチで女性を支えられる存在。

すみません、脱線してしまいましたが戻ると、Aさんのお産は一言で言って、本当に美しいものでした。私はAさんの可能性を最後の最後まで本当に信じていました。

スコットランドの王立病院でパートタイム勤務の傍ら開業されていた助産師さんを伴った自宅分娩、その自宅のお風呂にはキャンドルが何箇所にも灯されていて。。。

Aさんはご自身に集中されようとしていました。その光景は絵そのものでした。

🥇さんのAさんをマッサージしたり、労るサポートも素晴らしかった!

Aさんも、ちゃんとその愛に答えて一生懸命に陣痛の波を超えながら、自分で産むんだ!という覚悟を決めていかれたと思います。

ご主人様の本物の愛と、お母様の愛に満ちた想いと、姉妹の心のやりとりと、

スコットランド人助産師に支えられて、新しい命をこの世に元気に送り出したAさん。

産後にAさんが私に贈って下さった長い手紙は今も私の宝物です。そこには、まるで写し鏡のように、私のAさんへの想いが綴られていました。

あんな達筆な感謝のお手紙を書いて下さって、Aさんはほんとうに律儀な方だなぁと今も感心してしまいます。

もう50近い大人の私にも出来ないなぁAさんのような立派な物腰。

あれから10年以上経って、究極のメカ音痴で発信をしていなかった私もついにSNSを活発に始めるようになりました。

最近も、Aさんやご主人様の姿をメディアで拝見しては、こころあたたかくなっている次第です。

一回一回のお産から学ばせていただき、ドゥーラとしての未熟さを憂い、人としての至らなさを反省し、今日まで一歩ずつ歩ませて頂いてきたことが、ここパリにきて、少しずつ形になってきていることを感じています。

いつもたくさんの気づきと愛と感謝を教えて下さった🥇氏とAさん、そしてご家族のみなさま、本当にどうも有難うございます!

次へ続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜

拙い昔話をお読み下さり有り難うございます!

医療者の語るドゥーラ についてもYouTubeアップしましたので、
登録してご視聴くださる方に心より感謝いたします。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

https://nomadoula.com/pcbo/

ドゥーラ に密着した医療者(助産師)の語るドゥーラ の役割とは?

第24回 心の目で聴いてってば!

「ドゥーラ」とは、妊婦さんやその家族を支援する女性のこと。

学業のかたわら、スコットランドでドゥーラの資格をとった駆け出しのドゥーラに手厳しい(?)コメントを発したのは、なんと、3歳の娘であった。

やさしさが詰まったブルー・ポピー・シードのケーキ

赤ちゃん

お友だちの赤ちゃんが生まれました。かわいいお布団のなかには、

ちゃーんと湯たんぽが入っています。かえるの人形がラブリー♪

私が個人的にお世話になっているドゥーラのメンターコーチ(師)であるニコラは4人のママだ。

‘ちょっと頼れるとなりのおばちゃん’的な、どこまでもあたたかい人。

毎日大忙しのはずなのに、まわりの女性たちのことを絶えず気遣っているエジンバラのドゥーラコミュニティー全体の母という感じ。

マイメンター、ドゥーラのニコラさん

メンターコーチのドゥーラ、ニコラ

そして月に一度は焼き菓子でみんなをもてなす。

先週ニコラの家で頂いたブルー・ポピー・シードのケーキにも、そんな彼女らしいやさしさが詰まっているように私には感じられた。

オーブンから出したてで、まだほんのりとあたたかくて、かむたびに種がプツプツとはじけて、新鮮なブルー・ポピーのフレイバーが口いっぱいに広がる。

「このケーキ、最高に美味しいんだけどさ、歯の隙間にブルーポピーの種がみっちりハマっちゃうんだよね」と言いながらガハハ〜!と歯を剥き出して笑いかけてくる。

私はこのニコラの笑顔が本当に大好きなのだ。

イギリスのホームバースでドゥーラの存在は重要

鳥

鳥たちは、人間が来ると、餌をもらおうとすぐに寄ってきます。

でも、安易な餌付けは本来の生態系をくずしてしまうことにも。。。

イギリスでホームバースを産み場に選んだ場合、国民保健(NHS)でカバーされ無料なのは素晴らしい。

ただ、2008年現在、担当の助産師さんが病院出産と同様、ひんぱんに交代する。

ホームバース専門のコミュニティー・ミッドワイフは1グループたいていの場合6~10人くらいで編成されているため、妊婦がよっぽど努力でもしない限り、お産が始まる前にメンバー全員に会えることはない(お茶会とか、相談会というタイトルでチーム全員に会える場を設けている医療施設も中にはある)。

その結果、陣痛が始まっても、電話するたびに見知らぬ助産師さんがやってくることになったりする。

だから、一貫ケアを提供できるドゥーラの存在がより重要なのかもしれない。

「どうしてお母さん、そんなに心配するの」

そんな慌しい学びの日々、こんな不思議なことが今朝あった。

朝ごはんを食べながら私が、来月4歳になる娘に向って「ねぇNさんの赤ちゃんまだ逆子なんだって。早く頭が下にこないかなー」と言うと、

ケルトの大祭

年末のケルトの大祭。クライマックスに必ずといってよいほど登場するのが、‘火’。火には興奮します!ちなみに私は火のエレメントを持つ牡羊座。

娘は、「こころの眼でちゃんとみてるの?」と聞いてきた。

「えっ、なんでそんなこときくの?」

と私が聞き返すと、

娘は自分の両目を指先で押さえながら、

「お腹の中の赤ちゃん、目でみえてなくても、こころでみてればいつでも安心してられるのに。だいじょうぶなのに、どうしてお母さん、そんなに心配するの」と言う。

ウ~ンまぁ確かにそうなんだけどねー

その時は娘に軽く相槌を打ったものの。。。

Nさんのことを想うと、毎日、逆子体操やプール通いで必要以上にせわしない生活を送っているのが気になっていた。

小さな彼女が教えてくれた

ところがその数日後、弾んだ声のNさんから電話があり、

「赤ちゃん逆子じゃなかったんです!私てっきり赤ちゃんの膝を頭と勘違いしてて、それを言ってあったもんだから先生も私のお腹をしばらく触ったあとで‘きっと逆子でしょう’って。でも昨日になって超音波をとってみたら最初からぜんぜん逆子じゃなかったことが判ったんです!」

との報告が!!

あっぱれ娘よ!!!!

お腹の赤ちゃんは目に見えない存在だから、

まわりはつい必要以上に心配してしまうけど、

こころの目がちゃんと開いていると、見守る側の気持ちはいつも穏やかで、

安心していられるのだということを小さな彼女は教えてくれた。

ありのままの赤ちゃんを受け止める

エジンバラ王立植物園

寒い日は年間パスを買っていたエジンバラ王立植物園へ。温室の中はあったかくて気分は南国に!本当に素晴らしいスポットです英国王立園芸協会とたのしむ 植物のふしぎAmazon(アマゾン)1,469〜6,820円

私自身も娘を産んだのが2月で、1月の時点では逆子であった。

だから、逆子であってもギリギリで頭が下にくることもあるし、

今回のようにまわりは大騒ぎしていても実は逆子じゃなかったということだってあるだろう。

逆子体操を欠かさずしても、ずっと逆子のままの子もいる。

でも最終的に、どんな姿勢であれ、

それは赤ちゃんの選んだ在り方

なわけだし、必要に応じて帝王切開になることもあるのだ。

そこを周囲がおおらかに受け止めることは、

ありのままの赤ちゃんを受け止めることでもある。

これからもドゥーラとして、こころを開いて、

感性を磨いて、

見えないものを感じられる力をもっともっと高めていきたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓今住んでいるフランスからYouTube動画VLOGアップしました〜!この時の娘が16歳になり、サムネイルを作ったり、動画編集してくれています❤️宜しければチャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪

第23回 卒業が再スタート

ブログが飛び飛びで申し訳ないけれど、
おかげさまで
修士論文が通って、
こんな私でも卒業式に出られた〜(涙)。

過去の成績が悪くても、

めげずに、

諦めずに、

チャンスを無理矢理自分からつかみ取りにいって、

嬉々として勉強したのは。。。

自分のお産の体験を通して目覚めた、医療文化人類学の世界だった。

大切な日となった、卒業式

卒業式

卒業式の朝は気温が前日よりぐっと低く、小雨が降っていた。

学生証と引き換えに貸し出されるダウンがとても地厚だから、少し肌寒いくらいがありがたい。

進化論のダーウィンを記念して建てられた講堂へ。

マイクで私の名前が読み上げられ、立ち上がると、

娘が

‘おかあさあ~ん!!!’

と叫んだ。

思わず私も‘ハーイ!’と手を振ってしまった。

その瞬間を夫がパシャリ。

2008年がはじまり、ひと月余りが過ぎた今でも、クラスメートと握手やハグを交わしながら、人生にまたひとつ大切な日が加わった喜びを噛み締めている。

‘ここはあくまで私のスタート地点’と式後に気持ちが引き締まった。

学位をとったからといって動かなければ何〜んにも変わらない。

今この瞬間も、自分らしいペース、あり方で産みたかったのに、それが周囲の理解や状況などで不納得感を感じている女性たちがいるかも知れないことを思うと。。。

今の私に何ができるだろう、、、と気持ちがはやる。

南チロル

卒業式後、北イタリアのフォルガリアへスキーに行きました。“白雪姫”という名前のお食事がとても美味しいゲレンデ前の山小屋風のお宿に宿泊させて頂きました。温暖化の影響で、南チロル地方も以前より雪が積もらなくなったそうです

産みゆく女性と赤ちゃんのために

産みゆく女性たちのために、そしてこの地球に生まれてくる赤ちゃんのために、その後の女性の心のカラダのために、どう具体的に動けばエンパワーメントにつながるのだろう。。。

日本の産科医療の抱える厳しい現実を受けとめつつ、医療人類学で学んだことをこの先どのように社会にお返ししていくのか、今も考え続けているところだ。

ティータイムを通して、こころのひもをほどく

一方、ここエジンバラで‘らくだのおやこ’というネーミングのお母さん向けサロンをはじめて1年以上が経った。

子連れでも個人宅であれば気負いなく通える。

ゆったりとしたティータイムを通して、外国暮らしでなにかと負担の大きいお母さんに、少しでもこころのひもをほどいてもらいたい。。。

そんな想いで月に2回自宅を解放して続けてきた。

我が家はアイランド式の大きなキッチンがあったので、ほとんどず〜っとキッチンが会場だった(笑)。

誰もソファーに座らない(笑)。

みんなフローリングの床に座ったり、目の前のプライベートガーデンで思いっきり遊ばせたり。。。

室内では、一緒にミツロウや紙粘土を練ったりと簡単な工作や絵本を読み聞かせ、ヴィーガンケーキ作りやお餅づくり、折り紙、紙芝居、寿司作りばかりではなく、お母さんの未来を共にマッピングしていくセッションや、クリスタルを使ったセラピーも。

貝殻セラピストでもあるハープ奏者のミオさんの演奏を聴いたり、時には彼女と組んで詩の朗読もしてきた。

もちろん、ナチュラルバースをみんなに伝えたかった。

自宅の子育てサロンで開催しても良かったのだが、そちらは、子育てサロンとは別に、もっと専門的に内容を掘り下げて、BRC(エジンバラのバース・リソース・センター、現在のPPC)にて、不定期に開催している。

‘産前・産後のこころを癒す、からだに聴く’というタイトルで、これまで学んできたことと、AIMS(お産における医療消費者センターのような組織)の創始者の一人でもありBRCの総責任者であったエドワーズ博士から、じきじきに教わっていることをベースに、異国で産みゆく日本人女性に知っておいてもらいたいこと、用意しておくといいことなどを、毎回ぎゅっと凝縮してお届けしているものだ。

クラスできちんと伝えるには事前の勉強が必須で、自分にとってもためになっている。

テーマは「こころを癒す、からだに聴く」

夜のエジンバラ

夜のエジンバラ。坂道を下っていると、タイムスリップしたような、

懐かしいような、とても不思議な気分になります

集まって、ひとつのことをシェアいていく自空間が必要

それにしてもあらためて思うのは、ネット上のヴァーチャルなつながりだけでなく、産みゆく女性たちが集まり、笑い、声のトーンをお互いに聞き分けながら、何かひとつのことをシェアしていく時空間は、とても大切だなぁということだ。

エジンバラ版、わいわいがやがや井戸端会議みたいなものをこれからもみんなと一緒に創っていけたらうれしいなあ。

アップル・トフィー

大学院のクラスメート、ケイトさん(ニュージランド)が、モスコバド糖を使いこうばしい香りのりんご飴‘アップル・トフィー’をつくってくれました♪ 

安産には、こころとからだの準備が必要

さて、ドゥーラ(産婦とその家族を支援する女性。イギリスで資格を取得しました)としても一歩一歩経験を積んでいるところだ。

現地の助産師さんとともに実際の出産に立ち会うことが少しずつ増え、ますますお産とは未知のもの、奥深いものだと痛感するようになった。

からだの準備だけでなく、こころの準備が安産には何よりも大切になってくる。

精神と肉体、その両方がバランスよくゆるむ方向へ導かれていくような妊娠期の過ごし方こそが、いいお産への鍵となるのだ。

ドゥーラという存在

シュタイナースクールの学園祭

シュタイナースクールの学園祭でも、手づくりのりんご飴を発見!

こちらもとてもナチュラルな味で美味しかったです。

そのなかで、ドゥーラという存在には、産む本人にあった産み方探しと、実践的なエクササイズや暮らし方そのものをご本人が自分の力で見つけていくお手伝いをする役目がある。

さらには、相手と上下関係をつくらず、直接の出産、産後までをも見守る‘ちょっと頼れるとなりのおばちゃん’的役割もある。

このようなドゥーラの存在によって、帝王切開率が低下したり、産後うつにかかりにくくなる。

そういったデータを総称して、「Doula Effects」、ドゥーラ効果という。

次回は、私のメンター、ニコラのことを書こう。


続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓今住んでいるフランスからYouTube動画アップしました〜!お産とセックスについてお伝えしました❤️チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪