春分3月20日からの変化

今までこういうことはブログに書いたことが一度もありません。ただ今回は春分を迎え、何かが自分の中で大きく生まれ変わったことを感じています。だから、今日はありのままに書いてみたいと思うんです。

3月20日を私はずっと待ち焦がれていました。昨年春頃からカラダの変化を感じるようになっていました。手足の先がピリピリとして、電気エネルギーの放電のようです。そして、スウッとメントールのように爽やかなのにそれでいて岩盤浴でもしている感覚が1日のうちに何回も起こるのです。

最初のうちは病気にでも罹ったのかと思っていましたが、すぐに病院に行かないタイプなのでそのまましばらく様子を見ていました。すると最初の頃は一日数回、15分間くらいだった症状が、どんどん長く、頻度も多くなってきて、特に手先から放電されるような感覚がどんどん高まっていきました。5月頃にさらに強くなり、昨年夏に一気にそのエネルギーが回り出した感覚が。。。

あまり物事を深刻に考えない、落ち込まないというのは変わりがないのですが、とにかく頭が冴えているというか、疲れがたまらずに楽しく過ごせるのです。

春から続くこの全身に漲る光の正体はわかりませんが、とにかくこのエネルギーをしっかりまわしながら生活していくのが何よりも大事なことだと徐々に分かっていきました。

スピ系なので、これもアセンションの影響かな?とも思っているのですが、秋になるとその感覚はさらに顕著になっていきました。

この頃、私はほぼ同い年の友人を癌でなくし、生きる意味についていろいろと考えていました。肉体を持って今も私は生かされている。彼女は死に、私は肉体をまだ持っている、どういうことなのか。。。


死が身近にあればあるほど、残される者として、より生を輝かせたいという欲求が働きます。人類の集合意識としての生き残りシステムが発動しているのです。

頭で考えずに動く方が物事がスムーズに運ぶこともこの一年で痛感し、もたらされる相談やお誘いで良さそうと感じるものには全てYES!の姿勢で特に秋からの半年間は走り通してきました。

体験に飛び込んで、大事に味わって、大切に愛しんで、より深めて、自分が今を生きていることを実感できる時間を周囲の人々と過ごしてきたと思います。

父が17年前に亡くなって以来、ここまで自分を深掘りしながら、自分の欲求に答え、丁寧に自分を扱った一年はありませんでした。

その結果、一つ、自分にとってとてつもなく大事なことが理解できたのです。

それは。。。物事がうまくいく最短ルートの仕組みです。

しあわせへの近道と表現した方が分かりやすいですか。

しあわせへの近道、それは、自分の中にあった、もう一つの性を再発見してあげて、その存在と融合しながら楽しい、気持ちよい状態を作り出すということです。お料理で言うなら、下ごしらえ。そこがしっかり出来ていると、出来上がった味がどこか違う。きちんと整う。

一見、単純なことですが、シンプルなことが一番難しいのが人生。私の場合、なかなかカラダに落とし込んで理解できていない点でした。

実は25年も前から私はそのことについて頭でかっちりと理解できていました。自分の中のもうひとつの性である男性性(男性の場合には女性性)を尊重してあげて、共にタンゴでも踊るように絡み合って生きていくのが人の理想的な在り方だと知っていたのです。

でも繰り返しますが、私はそれを身体レベルでは実感できていなかったのです。

17年前と10年前の妊娠出産体験では確実に女性性が全開モードになりました。

でも、男性性を愛でてあげることは去年までなかなかできずにいました。

それが、ピリピリ感覚の異変のおかげで、この一年間集中的にワークしてきたせいか、2020年に入って私の中の二つの性が和解し、急速にひとつになった気がしています。

自分の中の両方の性を仲良くさせる、そこに尽きます。これだけは本当に最強です。どういうことかというと、あなたが今のあなたのままで、本当に輝けるようになっていくのです。具体的に言うと、両者を仲良くさせてあげると、あなたが自分で自分を本当に気持ちよくできるので、人間関係、特に親子間のエネルギーが円環的(トーラス)に回っていくようになるのです。

どういうことかというと、気持ちが良くなると、ぽか〜んと思考の合間にスペースが生まれる。そのスペースには、様々な良いものが入ってくるんです、もう自動的に!

自分の今すべきことが見えてきたり、本当に大切なことがわかったり。。

いや、判るというか、頭レベルで分かったとか言う前に、すでに行動している自分がいる状態になっていきます。

行動変容に繋がる気づきは貴重です。

瞑想は、あなたを気持ちよくしてくれる一番身近なツールです。そして瞑想には、すべてを実現する無限の可能性があります。先のブログでご案内した通り、3/29(日)「きらめき瞑想」➕後日「生まれ変わりの音声ファイル」をこの度プレゼントさせて頂きますが、きっと29日の晩は素敵な夢をみる方もいらっしゃると思います。メッセージを何か受け取った方は是非フィードバックを寄せてください。生活を今までと変えずに、この瞑想を毎日でも、1日おきでも良いので継続してくださるだけでリラックスして気持ち良さに浸ることができ、そして本来の自分に立ち戻ったような感覚を味わうことができます。

現在80名ほどの方々がご参加予定ですのであと20名ご参加いただけます。
お申し込みは以下↓のリンクからお待ちしています❤️〜

https://orgasmiclandscape.wixsite.com/home/kirameki-meisou

大事な時期に、お読みくださり、私からのプレゼントを受け取ってくださることに感謝いたします。なお、Zoomのリンク先が変わりましたので、お申し込み頂いた方には新しいリンク先を皆様に前日、3月28日に送っておきますね。

それから、日本時間は22時ですが、外国からご参加の方々はサマータイムにお気をつけください。例えば、フランスは14時とご案内してしまったのですが、3月29日から15時となります(パリのお友達、15時スタートですよ〜!)

それと、himalayaという無料音声配信でも、毎日新聞インタラクティブで以前連載させて頂いた私の妊婦ダイアリーを修正し、音声で復刻させています。

この不穏な時期にもし万が一、家で赤ちゃんを産むことになる方がいたら、、、と思い、悩みましたが勇気を出して発信していくことにしました。

だって、この17年間で私もずいぶん成長したと思うのですよ。

この連載を書いていた当時はまだ独りよがりで、ほぼ自分のことしか見えていなくて、不安感に翻弄されていた(あ、今もか笑)。

だから、そんな過去の自分を曝け出すのは勇気がいることなんです。

まだ15話ですが、2年近く連載をもち、100話くらいまでいく分量の記事を音声にしました。皆様どうか呆れずに私のおバカ妊婦ダイアリーに気長にお付き合いください。↓クリックすると自動的にストーリーの再生が始まります。

かつて毎日新聞に連載していた木村章鼓の妊婦ダイアリー

https://www.himalaya.com/ja/player-embed/1745389

お読み下さりありがとうございます。

LOVEドゥーラAkiko
木村章鼓

家探しと産み場探し

P1090833
引越しから2週間がたちます。まだ10箱ほど開梱しなければならない段ボールが山積みになっていますが、新しい街、新しい空間にゆっくり馴染んできています。

9月に入り一層肌寒くなってきました。
ヒューストンからロンドンへ移り住み、新しい家、新しい生活、新しい人間関係にようやく馴染んできました。
この短い間にも、私の住む街Twickenhamで、子どもたちの学校や古い友人関係を通じて、病院勤務の助産師さん、開業助産師さん、看護学生、小児科医、そしてドゥーラとの出会いに恵まれてきました。
集めたい情報やつながりたいネットワークがハッキリしているせいか、出会うべき人にピンポイントで廻りあわせて頂いているという感覚です。

一方で、引っ越しの作業中に左手を負傷してしまい、
しばらくの間パソコンひとつ打てなかったり、
UKでの久しぶりの運転にまごついたりと不便さも味わっています。
今までは子どもたちの登校にスクールバスを利用していたのですが、
今のシュタイナースクールでは私たちのエリアにはそのサービスがありません。
送り迎えの運転が毎日大変で、あぁ今まで自分はずいぶん楽な生活を送らせてもらっていたんだなぁと、失ってみてはじめて、その恩恵に気づいてハッとすることもあります。

でも、そんな中でも幼い子どもの順応力は高く、我が子らも新しい学校にすっかり慣れて、
「家に帰りたくない!」ほど楽しそうにしているのを見ると、
とりあえずは万事OKかなぁと思えます。

私たちの家は駅の近くのオンボロ家。
ヒースローが近いので飛行機はぶんぶん飛んでいるし、列車の音もかなりします。
学校やロンドン中心地へのアクセス、夫の会社との距離を考えるとベストではあるけれど、ちょっと不安な気持ちで最初に見学に来て、「住めるかなぁ」とイメージしたとき、パーッと生活している様子が浮かんできました。
他の家では感じられなかった感覚でした。
その時、「あ、ここに住むことになるのかも」と思いました。

でも一番の決め手となったのは、
宿に滞在しながら10件ほど候補地を見学した後のことでした。
「どうしようかなー」と思いながらデータを見返していたのですが、この家のデータを開けた途端、パソコンのキーボードの上に小さな小さな白い羽が一枚だけ舞い降りたのです。
「一体どこから?」と思わず上を見上げ、
「この部屋の寝具は羽毛布団だったかなー?」と思ったりしつつも、
同時にどこか直観のようなものが働き「ここなんだ」と思ったのです。

そのあとはトントン拍子でした。
国を越えての引っ越し、ドゥーラ活動、出産子育て、頭だけでは片付かないことばかりで、今までも直観に頼ることの多かった私ですが、そこには不思議と深い納得感もあるんです。
自分の直観を大切にするということは、そこで起きることや結果を引き受けて生きていけるということのような気がします。

私が女性に「直観(直感)を大切に」というメッセージをくりかえし伝えているのは、ストレッチ体操なしでいきなり筋肉を伸ばしても思ったようにからだを使いこなせないように、いきなり今日から直観をキャッチしてそこからの情報を活かせるわけではないと思うからです。
毎日少しずつでも確実に、自分の内側の声や感覚をひろう努力をしていくことはとても大事なことです。
特に妊婦さんやこれから産むかもしれないという方々には、ありとあらゆる方面から自分を大切にして、あたためて、自分が本当は知っていること、実は欲していること、言葉にはならない想いに気づいてあげられるようになってほしいなぁと思います。

今回の触媒となった1㎝にも満たない小さな白い鳥の羽、
きれいに洗って飾り箱の中に大切にしまいました。
「与えられた選択肢や、限られた条件のなかで、自分にとって妥協できるもの、できるだけ心地のよいものを求める家探しは、ある意味、産み場探しとよく似ている」、
そんなことを言っていたカナダ人の友人の言葉が今あらためて胸に響きます。