第22回 卒論いきなり終わってるし

恐ろしいくらい時間がなくて、ずーっとブログを更新できないままに今日まで来てしまった・・・。

どんだけ開けるんかい。

髪の毛をショートカットにして洗髪時間を時短しても、

ありとあらゆる工夫をしても、

それでも時間が全然足りなかった〜!


そして、極度のストレスにより。。。うなじから顔面にかけて一面に水膨れのような帯状疱疹ができて、もう痒くて痒くて毎日泣きながら勉強した。

エジンバラ市内の鍼灸クリニックで処方してもらった煮出した漢方を飲みながら這うようにして通学した。

そんな中、論文のテーマは、

‘近代化による出産の医療化が生まれてくる赤ちゃんと産む女性にどのような影響を与えているのか’。

かたっ。

このかた〜い勉強をする過程は、今3歳の娘との親子の関係を育むことと同時進行だったのだから、もう手一杯で仕方がなかった。

でも、まあ振り返ってみれば相互に大きな影響を与え合ったようだ。

ロザリン・チャペル

週末によくピクニックに行くロザリン・チャペル。

ダヴィンチ・コードで一躍有名になりましたね!

ようやく卒論が終わったんだが。。。

どこまでまともな学位論文として仕上がったかは別として、

伝えたいメッセージだけはなんとか表現できたかなぁって感じです。

今回の論文のテーマは、冒頭にも書いた通り、

‘近代化による出産の医療化が生まれてくる赤ちゃんと産む女性にどのような影響を与えているのか’ について。

ミシェル・オダンのプライマル・ヘルスをバイブルとし、ドゥーラの資格を持つ者としては、出産とはまさに、産む女性にとっても、見守る側にとってもスピリチュアルな体験なので、そこをしっかり伝えていきたいと思って書いていた。

お産のサポート、大切なのは何?

お産においてもっとも大切なサポートのひとつは、産む本人が自分らしくいられる時空間を創る手助けをする、まわりの母性的な在りかたである。

そのような考えを裏づけるような論文が、助産学の進んでいるここUKには山ほどある。

ちょっとやそっとでは到底学びきれない、どこまでも深淵なお産の医療人類学であるが、この地で今回集中的に学べてほんとうにラッキーだった。

結果が出るのはまだ当分先のことになるが、とりあえず

終わった〜!!!!!!

おっぱいの香りがそそる?

気づくとこの一年(イギリスの修士課程は1年間)で、娘もあと半年で4歳になる。

時間のたつのはなんて早いものと思う。

気になるおっぱいは。。。

そろそろ卒業‘気味’だが、卒乳するにはまだほど遠い。

「もうご飯がいっぱい食べられるようになったから、おっぱい飲まなくても大丈夫じゃない?」と私が言うと、


「でも、お母さんのそばにいくと、おっぱいのいい匂いがするから飲みたくなっちゃうの。匂いがなくなればいいんじゃない?」

と私を見返す。

うう~ん唸ってしまう。

3歳半ともなると相手もかなり手ごわい。

おっぱいの香りがそそっているせいだって?

おっぱい、もうほとんど出ていないはずなんだけどなぁ。。。

ありがたかった、娘の伴走

ツタに覆われた家

ツタに覆われた家ってステキだなぁといつもうっとり。虫が入ってきて大変よ、そう友人は言いますが

でも、おっぱいの香りがそそる〜というのは、

しょうがないと思っている。

だって、私が大学院にいる間、娘はおちこぼれママと息をしっかり合わせてほんとうによく伴走してくれたので、おっぱいくらい好きなだけ飲ませてあげたいんだ。

大学図書館でお絵かきをしながら待っていてくれたり、提出が間に合わないのではとヒヤヒヤする私に、「おかあさん、勉強だいじょうぶだからね!」と来る日も来る日も励ましてくれた。

お天とう様が一日ほんの数時間しか照ることのないエジンバラの真冬にその声がけがどれほどありがたかったことか。

正直、入学時には、娘にここまで支えてもらうことになろうとは、夢にも思っていなかった。

子どもの‘こころの本能’の芽生え

娘の言葉や労わりの態度は、彼女がまだ‘ちいさい人’な分、痛いほどわたしのこころに沁みこんで、今はそこから新たな親子関係が芽生えつつある。

「おかあさんだいじょうぶだよ」

そんな風に、親に伝えたくなったり、隣りにいる人を励ましたい、という子どもの‘こころの本能’の芽生えに触れ、なんだか大発見しちゃった気分である。

このびっくり感覚こそが親子関係の転換期なのだろう。

親として一方的に世話を焼くばかりの時代から。。。

お互いに支えあえる新しいステージへと、今、刻々と突入しつつあるということでもある。

親って、大人って、いったい何?

昔の自転車

エジンバラ・フェスティバルの一環でパレードが。

バグパイプの楽団より、娘は昔の自転車に夢中!

このような日々の‘大発見’は、お産のような一大スペクタクルではなくても、今の私にとってお産と同じくらいにダイナミックな出来事だ。

育児は3年でひと区切りとは言うけれど、なるほど、こういうことだったのかー!と思う。

肩の力もいい具合に抜けてきている感じ。

でもって、人として、まわりを励ましたい、支えたい気持ちって、なにが起源で、どこからこんな風に自然にあふれんばかりにわきあがってくるのだろう?

親って、大人って、いったいなんなのだろう。。。?

どの子もひとりひとり、みんな神さまからのメッセンジャーで、自分自身で生まれてくる家庭や親を選んできてくれた。

このごろ今までに増してそう思う。

やっぱり大人は子どもたちが送るメッセージにひとつひとつ気づき、学ばせて頂くだけなのかも。

→続く

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓今住んでいるフランスからYouTube動画VLOGアップしました〜!チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪

第21回 クラスメートの妊娠

アイルランドの大自然!

〈休暇でアイスランドにやってきた首都レイキャビクからほんの20分車で走るともう大自然!〉→

大学院のクラスでは、全員が全員、20代前半である。

青年も皆いい子たちばかりだ。

母であり妻であり学生である私のことを、それぞれに理解(同情?)してくれているよう。

娘をとっても可愛がってくれるし、

ナーサリーが休日で娘をあずけられず、私がどうしても家にいなければならない時は、

みんな我が家に集まってパワーポイントでの資料づくりをしたり。

親子ともども風邪で倒れた週にはノートを届けてくれたり。

各国のクラスメート、と〜っても親切だ。

なかでも、アメリカ人のアレクサとは特別に通じ合うものがある。

というのも23歳になる彼女は、大学院に入学したと同時に妊娠したのだ。

今でもハッキリ覚えている。

最初のクラスの後、たまたま帰りが一緒になった私達がお互いのプライベートに触れた時のこと。

私が子持ちと知った彼女は、一瞬安堵の表情を浮かべ、

「私も来年おかあさんになるの」と言った。

天然温泉

アイスランドの間欠泉、凄い迫力!

後期に入って、アレクサは、学業の負担を半分に減らすため、フルタイム学生からパートタイム学生に切り替えた。

それによって彼女と顔を会わす機会は週2回から1回に減った。

ご主人はイギリス人の外科医。

彼もとっても好青年だ。

本人も健康そうだし、ヨーガに通ったりしながら妊娠中の体力づくりにもしっかり励んでいて、一見なんにも問題はなさそうなのだが、彼女は毎週の授業で私を見つけるたびに「ちゃんと産めるかしら?」と聞いてくる。

そのたびに私は、おまじないのようにアレクサのやわらかいお腹にそっと触らせてもらいながら

「だいじょうぶだからね、おかあさんちょっと心配しているみたいだけど、一番いいカタチでやってきてね」と声をかける。

そうやって毎週毎週、アレクサに、そしてアレクサのお腹に、

そして、

実は誰でもない私自身に

「だいじょうぶだよ~」を何度となく言い聞かせてきた。

男子学生たちにも影響が

そのうちに、見えない変化がクラスにもあらわれてきた。

それまではまだ若いせいかアレクサの存在にまったく無関心だった男子学生たちが「アレクサのお腹だいじょうぶそう?」と私にたずねてきたり、アレクサに「お腹に手をおいてもいい?」と聞くようになった。

しまいには、国際保健に関する授業でのグループワークのテーマに‘アフリカにおける自宅出産について’を選ぶまでになった。

男子学生も、身の回りに妊婦さんがいると、自然とお産に興味が出てくるのだろうか。

生まれた!

みんなとってもいい笑顔

アイスランドの幼稚園見学しました!

そうして、つい2日前、朝起きてパソコンを開けると。。。

「おかげさまで今日大きな女の子が生まれました!」

という喜びのメールがアレクサのご主人から届いていた。

「やったー!」

私はひとり叫んでしまった。

またひとつ新しい命がこの世に生まれた。

さっそく他のクラスメートたちにも連絡をすると、そのうちの一人から、

「アレクサの大きなお腹に触れたことで、大学院で学ぶことが机上の空論に終わらず、つねに現実感を与えてくれてきた気がする」というようなメッセージが返ってきた。

社会に戻すための、学問

幼稚園

アイスランドの幼稚園のセンスのよさにびっくり!

ほんとうに、このアメリカ人男子学生の言うとおりだと思う。

いくらすごいことを勉強しても、

難しいことが解っても、

それが日々の日常にいかせなくては、意味がない。

というか、もったいない!!!

せっかく学ぶ機会を与えられているのだから、社会に戻すことをイメージしてこれからも学生を続けていこう。

そんな勇気をあらためて感じさせてくれたアレクサに、こころから‘ありがとう’と伝えたい。

そして彼女が大学に復帰した暁には、彼女の押すベビーカーの横で、私は娘を遊ばせながら本を探していたいもんだなぁと思ったのだった。

次号に続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても面白い腸内細菌についてYouTube動画アップしました〜!チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪

第15回 試験と時空間のお助け

ワンチャンスのIELTSの試験日、いつもと全く変わらない自分を装って、娘にピンク色のカーディガンを羽織らせてナーサリーへ。

預ける間際、いつもの通りに抱きしめたら、ぎゅ〜っと強く抱きしめてきた。

うおおお〜〜〜元気でる〜〜〜

いきなりの外国暮らしでも、子供の方がやっぱり順応性があって、娘はいきなり週3回のナーサリー生活(英語学校が週3回だったので)でも、一体誰に似たのかと思うほど愛嬌を振りまいて保育士さん達に可愛がられていた。

預ける時は、じゃあね〜と抱きしめたくても、さ〜っとおままごとの方へ行ってしまうので、まともに抱っこできなかったから、抱きしめられて母親の方が嬉しくなる。

母、頑張ってくる〜!!!!!

スプリングコートの襟を立て、足早に同じ道の端にある英会話学校まで行く。

そして、試験が始まるまでの一時間ほどはスピーキングテストの時事問題用に朝のニュースを読んだり、これまでに間違えた英単語を見返して過ごした。

自動販売機でホットココアを買うが、指先が緊張で震えてきてお腹が痛い。

痛いんだよっ!

情けないな〜もう。

と落ち込んでいたら、韓国人学生の女の子が、大丈夫?頑張ろうね!と声をかけてくれた。

私よりもずっと若いのに、堂々としていて偉いなあと思ったし、ありがたいというか、ただもう、この子が良い点数を取れますように、、、と願っていた。

願うことで、かなり緊張が溶けて楽になった。

自分のことでいっぱいいっぱいになっているより、誰かのために願う方がずっといいや!とこんな状況の中であらためて実感した。

余談だが、この英会話学校にはアジア人の学生が8割くらいと多く、中でも韓国人が多かった。

その彼女もすごく英語が上手で、韓国の英語教育や受験戦争がしのばれた。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングと4種類の試験が全部終わるのに4時間ほどかかる。

こんな始まりで、4時間後の私はどうなっているのか、、、と思ったが、始まってしまうと、通常のクラスで使っている教室なのが幸いして、不思議なくらい気持ちが落ち着きを取り戻し、いつものクラスと同じ感覚で試験を受けられた。

空間の持つ力というか、アドバンテージとなってみて、あらためて時空間の大きさを思い知らされた。

これはお産にも似ていると思う。自分の住み慣れた空間。いつもの匂い、いつもの天井、いつもの壁。そのスペースの力を借りて、自分の力をマックスに発揮できたと思う。

思った。

だが、

結果は、

果たして、、、6.0であった。

あああああ付け焼き刃ではやはりダメだったか〜。

と落ち込むが、ダメ元で、大学院の教務課に直談判しに行くことにした。

自宅からバスで1回乗り換えて、歩きも含めてトータル30分ほどの場所にあるエジンバラ大学大学院。

事務の女性はとても優しかった。

推薦状のコピーや願書のコピーなども全て見た後で、

「そうなのね。6.0は惜しかったわね。

新学期が始まってしまうけれど、次のIELTSの試験日はいつ?」

私が日にちを答えると、

「あら、そう。2週間ほど締め切り日を過ぎてしまうけれど、待ちますよ。6.0取れているなら、見通しが明るいから、10月頭までなら多めにみます」

と言ってくれたのだ。

良かった〜!!!!

行ってみて良かった〜!!!!

その場で、とりあえず入学が決まっのだ。

諦めないで、ドアは自分から叩きに行かなくてはダメだな、と思った。

後からわかったことだが、私のような滑り込みのケースも毎年あるらしい。

ノウハウみたいなことを全く何も知らないで、一切の情報をもたずに現地入りした私でも、最終的にはなんとかなったのだ!

これで、勉強ができる〜!!!!

帰宅した私がキッチンで小躍りしたことは言うまでもない。

何せ、IELTSの試験までは真夜中に起き出しては、写真のように勉強机に向かってひたすら勉強しまくっていたのだから。

その晩は家族3人でささやかにジンジャエールでお祝いをした。

もう、ショウガの味、苦くない。

そう私は感じていた。。。

→次号に続く

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても、長い歴史の会陰保護

の技について、YouTube動画アップしました〜

チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです