フランス流子育て、女性らしさを本と日常とで照らし合わせる

たくさんの女性を見てきて、私にとって、いちばんと言っていいくらい一筋縄でいかないのがフランス人女性である。

約3年前、パリに到着した翌日に会ったフランス人女性は何事につけても、とにかくたくさんの皮肉を織り混ぜて会話をしてきた。

彼女は会社から派遣されたリロケーションのスタッフで、それから連日いろいろな物件に連れていってくれたが(たぶん1週間くらい、ほぼ毎日会っていた)、ふたりの間のエネルギーがスムーズに流れていかない。

皮肉まじりにオーナーやエリアを揶揄して批判精神旺盛なのは物件選びにはある意味有難いのだが、私のように言葉を額面通りに受け取ってしまう単純な人間には分かり得ない独特のブラックユーモアのセンスがある。

   
娘とパリのビラケム橋で

海外20年、さまざまな国でブラックユーモアの洗礼を受けてきたが、フランス流のジョークはレベチでどぎつい。フランス語がわからなくても、ニュアンスはなんとな〜くわかる(たぶんイタリア語が多少分かるおかげ?)。

やたらと物事を複雑に考えるクセが彼女。私はひるがえって、物事を複雑に考える思考能力がなく、それが悩みなくらい人生を気楽に生きている。

たぶん、世界のさまざまな価値観に出会いすぎて、実際にいろいろありすぎて、人生に開き直っているせいなんかなぁ。

もうありのまーんま。

焦りもせず、状況を責めもせず、あるがまま。

私はいい加減にみえて、去るものは追わず、来るものは拒まず。動物みたいに本能的で、スロー過ぎて今の男性社会にはまったく使えないヤツなのかもしれない。

社会的にみたら使えないヤツで、内側の感じ方にいちいちチューニングする私と、男性性剥き出しで攻撃的で皮肉好きなフランス人が1週間も顔をあわせていると。。。何が起きるか。。。

だんだんと自分まで皮肉っぽくなっていくのだ!

人間は環境によってほぼ成り立っているんだなあ〜と痛感した。

が!!!
ちょっと待てよ。

私のほうが感化されやすいってこと?

だって、彼女の態度には私による影響は見受けられなかったから。

ガーン!

人とのつきあいはケミストリー。

あの1週間、もっと中和していけたら。。。

お互いの良い部分が引き出しあえたら。。。

彼女ともそれが一番だったよね。

パリに着いたばかりで右も左もわからずに、海外20年とはいえ胸が締め付けられるようなストレスを感じつつ。。。

人生初の「パリジェンヌ」洗礼を真正面から受けた訳だ。

あれから約3年。

パリジェンヌを理解したいといろいろ見聞を広げてきた。

友人のローズマリーは本当に素敵な女性で、お茶に誘ってくれると、いかに芸術が生活を癒してくれるか音楽やアートの話を大人の言葉選びでとうとうと語ってくれる。あ、ミラベルの手作りケーキがとても美味しい!私のフランス語レベルがひどいので、ほぼコミュニケーションは英語だが、彼女の優しさやひたむきなアートへの想いが伝わってきて一緒にいて楽しい。

別の知人マリーフランソワは読書家で、いかに食が大切かついて熱く語り、トピナンプール(エルサレムアーチチョーク)などの私にとっては珍しい野菜の調理法などを1から丁寧に教えてくれる。本当にこころある女性。

そして今回のこの本。

娘の勧めで読んだ「パリジェンヌのつくり方」。

「絶対読んで。これまさにお母さんだから!」と言われて、ドキドキしながら読んでみて、ショック〜。

私って無秩序だしな〜って、いったいどんな母親よ〜


まぁそれは、愛する娘の言うこと。

褒められているんだ!と前向きに受け取ることにして、「え?読んだけどどこが?」と聞いたら、

「お母さんの自由を求めて戦うところ」だって。

確かに、戦っているかも、ね。

あと一番重なる部分は、「おかあさんって、ナチュラル感を大事にする」部分と言われた。

まぁ、だよね。娘は見ているからね、私が髪の毛はいつもシャンプーだけ、リンスも使わない。ドライヤーはまずかけない、野生児のままで48歳になろうとしていることを。

「ディスオーダー(無秩序)」な部分も重なる、と娘に言われた。

本の中で、“前の晩にヴォッカを飲んでも、翌朝に抹茶を飲むのがパリジェンヌ”、みたいなことが書かれていて、その部分を引き合いに出された。

確かに私、本当にディスオーダーなので、娘はちゃんと私のことをみているんだなぁと。

気持ちが引き締まるおもい〜(涙)

でも、基本的には娘に褒めてもらってもいるみたい。  

今回はだらだら動画撮ってしまったけど、次回はもっと大和撫子の素晴らしさを伝える動画を撮りたい!

この動画で今回言いたかったのは、たったひとつのメッセージ!


それは、たくさんの国に住んできた自分だからこそ言い切れること。

どれだけ他人に呆れられようが、

家族から文句を言われようが

「ディスオーダー(無秩序)」を「オーダー(秩序)」に

変えられるのは、結局は「自分軸」、なんだな~ということ。

その自分軸を立てるには、自分を愛してあげることなんだよ。

愛するためには、女性で生まれたからには、自分の女性器と向き合おうねっていう部分は、リアル講座や実際のケアでしかお伝えしていません。なかなか動画ではお伝えしにくいことなの。。。削除されちゃうかもしれないのでご理解ください。

お読みくださりありがとうございます!

#ノマドゥーラ
#LoveドゥーラAkiko




第8回 フランス人と授乳について

この数ヶ月、夫の出張が続いていてエジンバラにいないことが多い。

なので、彼がパリに出張になった機会に今回は同行し、フランス滞在だ。

パリの街を娘を連れて日中ぶらついていたら、日本にいる知人から私の携帯に国際電話がかかってきた。

『来週から観光ツアーでエジンバラなんです。会えるかなと思って。。。』

『えーっ、すごく残念! 来週いっぱいはフランスなんです~』

こんなふうに、久しぶりの再会かと思いきや、逢えずじまいなんてことが起こってしまう。ごめんなさいMさん。

さて、3年ぶりに訪れたパリで驚いたのが、出産関係の記事や、雑誌の赤ちゃん特集の多さだ。

地下鉄の中刷りや、キオスクの店頭でいくつか広告を眺めてから大きめの本屋に立ち寄ってみると、ぷりぷりの赤ちゃんが表紙になっている刊行物が予想外にたくさん並んでいるではないか。

フランス語はほとんど読めないにもかかわらず、思わずまとめ買いをしてしまった。

フランスは言わずと知れた合法中絶とピルの国。

偉人シモーヌ・ヴェイユなどのおかげで人々の意識は高く、自分の性についても堂々と語り、自分で主体的に性を愛おしみ、同時に、管理することの恩恵を実感している女性が多い。

ピルは私が生まれるよりもずっと前から解禁されている先進国だ。

高出生率の影に

雑誌をパラパラめくっていると、昨年フランス国内で産声をあげた赤ちゃんは、80万7400人で、出生率は1.94とあった。

アイルランドに次ぐ、EU第2位の高数値である。日本の1.25に比べても相当高い。

が!!!!

が、である。

実にお産の約9割は、硬膜外麻酔による無痛分娩なのだそうだ。

『えーっ?9割はないんじゃない』、フランスが‘無痛分娩天国’とは聞いていたけれど、実際に数字を目にするとぎょっとしてしまう。

なぜなら、帝王切開は救急救命の医療であり、近代医学の恩恵としながらも、一方で、WHO(世界保健機構)は、もしも25%以上の帝王切開率になったら、その時には正常ではない何かが起きている可能性があるから、是正されるべきであると提言している。

つまり、必要に応じた帝王切開(医学的適応)なら良いが、別の理由で帝王切開が増えていくと、女性と赤ちゃんとが、経膣で生まれていたら得られるであろうものを受け取れない恐れがあるから見直すようにと勧告しているのだ。

フランスは、自然、授乳率も低いという。

なぜなら、母乳育児の鍵は最初のボンディングが鍵だからだ。

母子が肌を接触させて居続け、乳首を吸わせ続ける方が成功しやすい。

その覚醒期(ゴールデンタイム)と呼ばれる初期の短い時期に帝王切開では母子分離になりやすい。

それから、子持ち女性の就労率(25歳~49歳の平均就労率)が82%と高いので、母乳育児が続けにくいこともあるだろう。

あとは、賛否両論あるだろうが、フランスで女性が授乳しない理由のひとつに、乳房は女性のシンボルなので、それが乳臭くてはかなわないという、フランス人ならでは(特に男性パートナーからのプレッシャー?)の価値観もあるらしい。

本当はぜ〜んぜん違うのにね。

おっぱいあげていた方が、カラダのラインは断然美しさを保てる。

母乳って、脂肪を溶かしながらできていくものだから、面白くらいにお腹周りはぺったんこになる。

私自身、産後スルスル〜っと体重がわずか2ヶ月ほどで戻り、とってもキレイなラインをずっと保てている。

自慢ではないが、これは本当に、事実だ。

お友達にも真面目に、よく言われる。

もしヌード写真をアップできるならここにあげて証拠写真を見ていただきたいくらい、授乳期間中は女は体が生まれ変わる。

しっかりと栄養素をバランスよく摂りながら、エクササイズもしながら進めていくと、びっくりするくらいカラダは綺麗になっていくのだ。

余談だが、数年前に読んだ記事では、フランスにおける授乳率の低さと、乳がん罹患率の高さを因果関係づけようとしていた。

育ち盛りの頃から頻繁に『生クリームばかり食べてると乳がんになるよ』、『牛乳のがぶ飲みはダメ。ヨーグルトは少しだけ』と母に言われ続けてきた私のなかには、乳製品の取り過ぎが乳がんを招くという感覚が当たり前のようにある。

母乳生成という身体のメカニズムを使いこなせばこなすほど、体内に不必要なものをためこまない体質はつくられていき、乳がんなどにもなりにくいかもしれないなぁ。

でも、でも。。。

わかるんだよね、授乳したくないという女性たちの気持ちは。

『女』の魅力が、おっぱい臭いと目減りしちゃう気がするもんね。

私だって、いつ吐き戻される分からないから、きれいなドレスは着られないもの授乳中は。

フランスは、『男』と『女』しかこの世に究極的には存在しないという空気が漂っているんだよね確かに、それは。

言葉では表現しきれない、その濃厚な空気にこうして触れていると、『母親ばかりもやってられないわ』と、子どもを産んだこの国の女性たちが感じてしまうのも無理はないという気もしないでもない。

いや、実際そう思う。

あの女性らしさに満ちていて魅力的だった自分は一体どこに?と思うことあるもの。

カラダは生まれ変われたし、しかも、内側にたたえている自分の本当の美しさは、知ってはいるけど。。。

それを分かっているのは私だけ。

しかも、そのインナービューティーを出す余裕が今の私にはないんだよ正直。

自然育児かーちゃんしてます!というスタンスで生活しているから、ロマンスも起こりようもない。

本当はロマンスが大好きなのにっ!

産後は夫婦の営みもまともにできていない。

ひるがえって、フランスでは、

絶対によくないと日本では言われている不倫が、なんと、セックスレスになるくらいなら、婚外交渉してきなさい、とさとされるほど、セクシャリティにはあけっぴろげだ。

というか、そもそも「不倫」という言葉すらフランスにはない。言葉がないから、それが離婚の正式な原因としても取り沙汰されない。

婚外子も本当に多い!

大袈裟でなく、本当〜に多い。

フランス企業に勤める夫なので、自然と私も結構なフランス通だが、多分フランスで生まれた3−4割の子供が婚外子ではないかと思っている。

で?

だって、別に私はそれをなんとも思っていない。

いいじゃない、社会でみんなで育てれば?

と思う。

日本はガチガチに硬すぎて、既存の価値観から少しでも逸脱すると血祭りに挙げられるが、コミニティーチルドレンという概念がきっと日本にも今後根付いていくのではないかな。

こんなことを書いておきながら、付け足すのだが、保守的に家庭の価値観を守りたい自分もどこかにいて、今の私はどっちも否定はしないが肯定もしない。

というか、産むとか、育てるとか、こういう話って、とかく、派閥をうみやすい。

あの人は母乳育児しているってカテゴライズされたり、

あの人は無痛分娩したってなんかカテゴライズしてしまっていたり。

これって一体なんだろう。

みんな小学校の時には同じクラスメートで仲良しだったのに。。。

私はよく悲しい気持ちになる。

なんでそんな些細な産み方とか、育て方の選択や、望むと望まざるにかかわらず陥ってしまった結果によって私たち女性たちが内部派閥というか、カテゴライズされていかなければならないのだろう。

みんな違ってみんな良い、それで良か〜っていつも思うのだ。

私なんて、開業助産師に見守られたホームウォーターバースだったので、それだけでヒッピーにカテゴライズされてしまうのがたまに辛い。

話が大きく脱線したが、フランスはということで、私にとっては相変わらず男と女の国であって、膣ケアもフェミケア(陰毛のケア)も骨盤底筋エクササイズもしっかりとした淑女のたしなみとして社会に浸透している憧れの国なのだ。

6月にして蒸し暑く、すでに真夏の日差しだったせいもあるのだろう。

だが、パリジェンヌたち(最初は観光客かと思ったが、観光客であればほとんどが歩きやすい靴にジーンズといったいでたちなので、雰囲気からしてもほぼ間違いなく地元民であると判断した)は、涼しげなトップスに、透けるような薄地のスカートを翻しながら往来をカツコツ行き来している。

かっこいい〜

中年マダムでも、抱き寄せたくなるような魅力的なカラダ!

夏でも肌寒いヨーロッパの果てから飛んできた私の目に、彼女たちは完全にビーチリゾートの人々に映った。

メトロなどに乗っていても、日本なら“おばさん”と呼ばれてしまうような人たちが、オーガンジーの白いブラウスにライムイエローのブラを透かして、同系色のサマーサンダルがあたかも両の脚と一体化し脚線美の映えるよう計算し尽くされた角度で足を組んでいたりする。

彼女たちから、

『私はオンナよぉ~』という声が地響きのように響いてくるようだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昔のブログの復刻版をお読み下さりありがとうございました。
この時に2歳だった娘が高校性で、YouTube動画を撮ってくれています。
時に経つのは早いものです。。。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

オーガズミック ランドスケープ

「ボンジュ〜ル!」とこちらから笑顔で声をかけると必ず返ってくる「ボンジュール!」

元気にご近所さんやお友達と挨拶を交わしていたのがほんの2ヶ月前のこと。。。

ロックダウンに入ってもうすぐ6週間になる。
挨拶できない生活になって、しみじみと感じるのが「ボンジュール」をなんとかして使いたい!ということです。

挨拶するって、生活において基本中の基本。
特にここフランスでは挨拶は特に大切なものとして厳守されているんです。

どのくらい徹底しているかというと。。。

挨拶の出来ない人=人間以下の生き物

ということで、挨拶を飛ばしたら、誰にも相手にされなくなります。

私、実はこれを頭でしか理解できてなかった頃、20年近く前だったかな、ほんの短期間滞在した時のこと。宿の近くにあったパン屋さんで学ばされました。

ボンジュールと言わなかったせいで、注文をかなり後回しにされたんです。

はじめは「あれ?飛ばされた?」程度に思ったのですが、その後も違う店員や違う店、カフェや薬局などでも似たようなことがあり。。。なるほど、と。

ふ〜ん、私がお客さんでも、いきなり欲しい商品を伝えてもダメなんだな。通じないなら「郷に入れば郷に従え」で徹底的に私から声をかけていくよー!と決めたあの日。

その後の私の変容ぶりはすごかったです。

パン屋に入る瞬間、扉に手をかけた瞬間から自分の笑顔がガラスに写っているかを確認して、入店と同時に「ボンジュ〜ル!!」。

TVコメディアンがスタジオに登場する時のような気分で爽やかな挨拶を心がけ、自分から相手の瞳を笑顔で覗き込むことを習慣づけたのです。

「フランスで挨拶のしっかりできる異邦人になる!」とかっちり自己設定したおかげで、設定した翌日から私の態度はいつもその通りとなり、やがて習慣化しました。

そして周囲からの反応もまったく変わりました。

うわ〜返ってくるフランス人の反応、信じられない!

みなさま神対応で私をグレードアップしてくれる〜。

中身は何も変わらないのに、マインドフルに挨拶し始めただけでこの違いは一体何っ!?

いや〜。。。もう病みつきなんてもんじゃない。
挨拶するの、快感。。。

ということで、未開拓の要素を見つけてより良いカタチへ自己設定していくことって、本当に大切だと痛感した体験でした。同時に、相手の瞳を見て、しっかりとした発声で挨拶の声を響かせるのは、この国の大切な文化なのだと府に落ちました。

あれから20年経った今、マドモアゼルからすっかりアラフィフのマダムとなり、私の低音挨拶からは誰がどう見ても絶対的な自信が漲っていると思います。

2019年暮れ在パリの英国大使公邸にて

15年ほど前にドゥーラになってからの私は、自己設定が「女神として生きる」なのですが、

女神はいつでも堂々としていていいんです。

って自分に言い聞かせています(笑)。

相手がどなたであっても微動だにしません。

そんな勢いでこの度YouTubeチャンネルも始めてしまいました。気づいたら、臆面もなくこんな動画を撮ってしまえる女性になっていました。

多くの皆様に観て頂きたいので、シェア大歓迎です〜。動画の編集はすべて高校生の娘のセンスに任せていますが初心者とはいえ、なかなかちゃんと出来ている気がします。

すでにいっぱいアップしてあるので、よかったらポチッと登録して見逃さずにご視聴下さい♪ 

チャンネルタイトルは、「オーガズミック ランドスケープ」です。
私にとっては深〜い意味が込められています。
そのことは長〜くなるのでまたの機会に。。。

最後に、繰り返しますが、“自己設定”って、一度でも根本的に理解して腑に落ちてしまえば、後は思考要らずで、あっという間に現実を変えていける原動力になります。そして、何にでもアレンジして使える。

私も、これまでに関わらせて頂いた女性たちを思い出す時、自信を取り戻した女性たちの自己設定の決め方って、やっぱり素直な方ほど効果がすごいです。アタマで考えず、するりと現実の枠を変えて飛び越えていけるんです。

変容する時って、思考は邪魔になることが本当に多いですよね。。。

なので、いきなりですが、アタマを休ませて再びゆるみの場を設けていきますね〜。
詳細は後日ということで5月7日(木)の満月の夜、日本時間夜9時半からの1時間と、5月23日(土)の新月の夜の同じ時間帯、ぜひ今からプチワークと満月のこそこそ話交流会(お好きなドリンクを手元にリラックストーク)のために開けておいてくださいませ。

皆さまがより輝いて、ますます大胆に、さらに素敵に毎日を過ごせますように。

今日も拙いブログをお読みくださり本当にありがとうございます!

フランスより
LOVEドゥーラAkiko

<YouTubeチャンネル>
女神の精神性、女性本来の輝きを増す体の使い方、スピリチュアルに現実を生きる秘訣を仏在住のLOVEドゥーラAkikoが独自の目線で語ります。
チャンネル登録よろしくお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCku2Sp2G47H3f-pfaEunthw

<Facebookフォローお願いします>
多忙に思われがちですが、フランスというお国柄もあり実はゆる~い毎日。そんなフランス生活をほぼ毎日アップしております。
https://www.facebook.com/akiko.kimura.581

<☆Instagramフォロー嬉しいです☆>
日々のつぶやき、キラキラな出会いはインスタに
https://www.instagram.com/nomadoula/

<ノマドゥーラ のブログ>
2014年ロンドン在住の頃にブログを始めました。ブログを通してLOVEドゥーラAkikoの生態が分かっていただけると思います(笑)。
https://nomadoula.com/blog/

<ノマドゥーラ  ウェルネスの公式サイト>
https://nomadoula.com/

<himalaya(ヒマラヤ)音声配信>
「毎日新聞インタラクティブ」に連載したLOVEドゥーラAkiko本人の妊娠ダイアリーをAkiko本人の声で収録。ただいま配信中です。登場する赤ちゃんは今や大学受験を控える女子高校生です♫
コロナの影響で思わぬ状況で出産する方がいらっしゃるかもしれませんので音声で復刻版を公開することにしました。
響く方にはきっと今でも様々な発見があるかと思います。
https://www.himalaya.com/ja/player-embed/1745389

<Twitter始めましたっ☆フォローお願い致します>
Tweets by akikolovedoula

<FB非公開グループ「オーガズミック ランドスケープ」>
女性性の開花やセクシャリティに興味のある方は、女子限定Facebook非公開グループ「オーガズミック ランドスケープ」へどうぞ!
真面目に性や性愛について語る場なので、冷やかしでのご参加はお控え下さい。20年春に立ち上げ5月時点でメンバー数290名。世界にすまう大和撫子、たおやかな日本人女神と情報交換・マインドフルな交流ができます!
https://www.facebook.com/groups/658815731533943/

<ドゥーラシップジャパン(英語名:Doulaship Japan Association)>
出産ドゥーラが運営している一般社団法人。LOVEドゥーラAkikoも理事を務めております。
https://www.doulashipjapan.com/aboutus

<しあわせバース 〜パリの妊娠・出産・育児サポートネットワーク〜>
フランスでの子産み子育てコミュニティ。LOVEドゥーラAkikoが代表を務めております。ヨーロッパ在住の皆様ぜひご活用下さい!
https://shiawasebirth.wixsite.com/paris

<Himemama Paris>
ママ支援コミュニティ「Himemama」のパリ支部。LOVEドゥーラAkikoが代表を務めております♪
ママ向けの文化的なイベントなどを不定期で開催していますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。
https://himemama.com/himemama-paris/

<LOVEドゥーラAkikoのプロフィール>
私の一風変わった生い立ちなど「マイジャーニー」に6本に分けて書いていますのでもっと詳しく知ってみたいと思って下さったら覗いてみて下さい。
https://nomadoula.com/profile/