第16回 入学後に待っていた試練

晴れて大学院生になりましたーっ

とにこやかだったのは、ほんの数日だった。

いきなりイギリス人の医師(GP)とドイツ人の先生に課題図書を山ほど与えられた。

大学が誇る24時間オープンの図書館へのアクセスカードも作ってもらう。

同じクラスメートはみんなものすごく優秀。

私一人、初日から落ちこぼれ。

そんな気分でスタートを切った。

私は一番の年上で、先生方を覗いて、唯一の子育て真っ最中の母親だった。

でも、エジンバラは大学都市である。

学内のナーサリーを数カ所(数カ所もあるのがすでに凄い!)見学に行ったところ、たくさんの学生が赤ちゃんを預けていると聞いて、心底驚いた。

結局はシュタイナースクールを選んだので、大学内の保育園は利用しなかったが、学生の子供達も教授達の子供達も楽しそうに過ごしていて、なかなか良さそうなナーサリーだった。

毎日、娘が眠ると、どろどろに疲れたカラダに鞭を打って起き出して課題論文を読んだ。

分からないことだらけで、電子辞書を使って調べる。

かちゃかちゃと打ち込む音やパソコンの音でたまに娘が起き出してくる。

授乳を続けていたので、夜中に一回、2時くらいにたっぷり飲ませて、再び寝かしつける。

学べるということがとにかく楽しくて、寝不足が当たり前の生活だった。

なぜ更年期障害を訴える女性のいなかったとある地域で、急に更年期障害(メノポーズ)で薬に頼る人口が急増したか理由を探ってみたら、その数年前から、製薬会社がメノポーズの専門薬を開発し、その地域に売り込み開拓の手が入っていたからだった、とかいう論文だったり、ネパールでの結核患者の推移と製薬会社の新薬開発が複雑に絡み合っている事実であったり。

オックフフォードの医学部の学生達を相手に行った研究では、最初のうちは、切ったり貼ったりすることに抵抗のある新入生達が、一体入学からどのくらいの時間たった頃に、人のカラダを単なる人体として処理できるようになっていくのかという推移の研究だったり。

はっきり言って、医療人類学とは、恩恵として近代医療をとらえつつも、同時に、厳しい視点で医療の在り方を批判し、本来のウェルビーング(健康な在り方)を模索する学問だなあと思った。

しかも、その学問を教えている当人が医師達なのだから面白い。

そんな内部告発のような世界の研究の数々をみんなで読んでディスカッションをしていく。

私は英語ができないからディスカッションが弱い。

でも、幸いにもイギリス人の女性のマーズランド先生(アフリカ研究をされていた)が娘と同い年の男の子のママだった。

ディスカッションでは、彼女が私をよくフォローして支えてくれた。

休日には自宅に呼んでくれて、子供達を遊ばせながら、私の理解できていなかった部分を丁寧にフォローアップまでしてくれた。

彼女が私の熱意に深く共感してくれていたのは痛いほど感じていた。

同じ母親として付き合っても下さる。

本当にありがたい存在だった。

だから、卒論の準備など、頑張ろうと思う時には、いつもマーズランド先生に相談をして決めていった。

出産の在り方は、未来をつくる。

だから、あなたが頑張っていることはすごく大事なこと!

イギリスの旧家に育った彼女の上品なブリティッシュアクセントが今も耳の奥に残る。

→次号に続く

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても、興味深い月経血のテーマでYouTube動画アップしました〜チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいで

第14回 英語能力が残念すぎる

第1〜4回あたりで書いた通り、新居に引っ越すと連日、電話の接続や、リフォームの残り仕事で作業の方々が出入りし、私は落ち着かない生活の中で開梱作業に精を出した。

その間、書いた通り、ご挨拶まわりにいったり、ゴミ箱や掃除用品など足りないものを買い出しに出かける他、自宅から近いナーサリー(保育園)と語学学校を探した。

これも天の引き合わせか!と思うのだが、偶然にも我が家から徒歩5分の場所に語学学校と保育園が同じ道(かなりの長さの道だが)の端と端にあったのだ。

しかも、そのパターソンという名前の語学学校は2006年当時、大学院の入学に必要なIELTSという英語検定試験の会場で、それはエジンバラ市内に二箇所しかなかった。

週3回娘を預けて、週3回語学学校に通う。

まずはそこからスタートだ。

なぜなら、大学院の入学にはIELTSで6.5のスコアが必要なのだ。

娘はまさに吸い取り紙のように英語を覚えていった。

私も、頑張らないと。入学に間に合わせるためにIELTS英語検定を受けられるのはたった一回、ひと月半しかない。

背水の陣だ。

どうしよ〜無理〜

でも、人は追い詰められると、もう悩まなくなる。

泣いても笑っても一月半しか準備期間がないのだ。

そこで6.5取れなければ、せっかく書いていただいた推薦状も無駄になる。

先生方に申し訳ない・・・

そんな気合いで真剣勝負で学んでいたので、週3回とはいえ、物凄い集中力だった。

高齢出産で娘を産み、頭も鈍っているアラサーが、連日、現地の新聞を読み込まされた。

ガンガンにディベートを行うスタイルのクラスだったので、世界各国の現役生(私より10歳以上は若そう!)に囲まれ、内心私は蹴落とされるような気持ちだったが、幸運にも良い先生に恵まれ、かなりのスピードで読解力を上げていった。

やっぱり、人間、孤軍奮闘する時代は必要。

学校のない日もトイレまで単語帳を持っていき、授乳しながらも英文を読んでいた。

もしこれだけ大学受験で頑張っていたら私はどんなことになっていたのかな?と思うほどに頭が冴えていた。

産後、女性は賢くなると思う。

持てる時間が少なくなるので、タイムマネージの鬼となる。

能力開花なのだ。

この時期の集中力の高さには自分でもなかなか驚いた。

そして、

果たして。。。

試験の日はやってきた!

次へ続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜

拙い昔(2006年)のブログをお読み下さり有り難うございます!

よかったら合わせてYouTubeも登録してご視聴くださる方、

心より感謝いたします。会陰について語ってみました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/