なぜ「女神マインド」にこだわるか?

⭐️明日12/19の日本時間18時スタートの希望フェスParisに出演します⭐️

もっと単刀直入に伝えたかったのに、
ブログではなかなか書けなかったこと。

それは、

セクシュアリティーについてです。

オーガズミック メディテーションとか、
オーガズミック バースが注目されて
最近でこそオープンになってきたとはいえ、

まだまだタブー視されがちな
女性のカラダに宿る悦び。

時を少し遡れば、私の生まれた1970年代
から青木やよいさん(1975年に毎日新聞
日本研究者賞受賞)などが

女性の立場からみた母性論、
女性の自由、フェミニズム、
エコロジー、家庭問題、女性性などに
ついてたくさんの素晴らしい文章を
残してくださっている。

中でも「私らしさで産む、産まない」
(農文協)は私も20年近く前に
読んで感動しました。

つくづく、

言葉とは、誰がどういう
タイミングで話すか、

そのメッセージの伝え方
次第で、深い共感や、
思わぬ誤解を招くもの
だと思う。

私には臆病なところがあって、
周囲から誤解されてしまうのは
嫌だなぁ〜と長年思っていました。

日本にも住んでいないから、
日本での肌感覚もわからないし、
地球の反対側から何が書けるん
だろう?と思っていました。

無責任なことは言いたくない、
と細々と、自分自身の身体感覚
を足掛かりにして、静か〜に
発信をし続けてきました。

でもね、
あと少しで2021年ですよね。

そろそろ動きましょうか、
という感じです。

最近では、
「あきこさーん思いっきりいっちゃえ!」
などという心強いエールを
いただくこともあるんです。

確かに、女性たちが
もしも堂々と
性について、
その
心地よさや、
深い充足感、
命を生み出す女性の神秘性
について発信をしていかなければ、
未来の子供たちは一体
どうやって性について
大切に関わっていけるのだろう。

この先の未来は
果たしてどうなるんだろう?

そんな素朴な疑問が、
2019年の春あたりから
私の中に少しずつ
湧き起こってきたんですね。

心ない誤解への怖さも
大きかったのに、

ついに
純粋な気持ちが、恐れを
上回ってきたような感覚です♪

女性たちの女神神話には、
私はもう光しか感じられ
ないので信じていきます…。

ひとりの女性が
宇宙に放つ光の強さ、
そのエネルギーの大きさ
といったら、どんなレベルの
プロジェクトにも及ばない
ような、大きな社会貢献そのもの
だと私には思えるんですね。

たいていの女性は
これを読んでいて、

『あなたは女神です』

なんて他人から言われて、
ぎこちなく感じたり、
こそばゆく感じたり、
嘘っぽい感じがしますよね。

私もそう感じていた1人ですし、
今も、いきなり見知らぬ方に
言われたらアブナイと感じます。

でも、アメリカ人のバースアクティビスト
であり、助産師のアイナ メイ ガスキンさん
は、ハッキリと言い切っています。

If a woman doesn’t look like a Goddess during birth then someone isn’t treating her right!
(by Ina May Gaskin)

お産で産む女性がもしも女神に見えなかったら、
彼女はまったく何も悪くない。彼女を取り巻く
環境がおかしいのだ、と。

私はこのIna May Gaskin女史の奇跡のような
半生を収めたドキュメンタリー映画
「birth story」を大切なドゥーラ仲間の
宇津澤紀子さん(アメリカ在住)と2人で
日本語字幕をつけたことがあります。

彼女は帰国子女で、私をリードして
膨大な作業をこなし、素敵な字幕
スーパーが見事完成しました。

たくさんの賞を受賞した傑作です。
その彼女から、女性は女神である
と教わった私は。。。

Birth Story

女性として生(性)を受け、
女性として今生きているなら、
その悦びを、
わたしたちの体に戻しましょう
と強く思ったのです。

あなたの神話は、
あなたがご自分の体に
フォーカスしだすと
一気に展開していきます。

自分の心地よさをマインドフル
に見つめるクセをつけると、

生きにくさを感じていた
ご自分が人生の筋書きに
与える悪影響は少しずつ減り、

代わりに、

愛らしく、力強い
もうひとりの自分が
多く登場するようになりますよ。

生きている意味がわからない。。。

とか、

女性の人生は損ばかり。

とか、

女性としての人生の豊かさ、
喜びをまったく感じない。

とか、

時間が無為に流れている気がする。。。

とか、

自分の体を無視している。

とか、

魅力的な女性をみると、つい
自分と比べて落ち込んでしまう。

そんな要素がもし少しでも
あったら、迷わずに、変えるための
行動を起こして欲しいと思います。

1人だと怖い。。。
きっと上手くいかないという方は、
その旅路、ご一緒に私も参ります。

ということで、この人生の華
をいかに自分らしく生き散らかすか。

自分軸で、マイストーリーを
語り倒すか。

そこに尽きるんだということを
肝に銘じていきたいですね♪


LINE、Youtubeチャンネル、
メルマガ、もしくは
女子限定FB非公開グループ
「オーガズミック ランドスケープ」
にて、どうぞ私とStay Tuned! で
いてください。

今日もみなさまがますます
女神マインドで過ごせますように。。。

LOVEドゥーラAkikoより

垣根をリープする女性

妊活中、
妊娠中、
産中、
産後、
そして更年期から老年期へと
続きゆく女性の一生。

そのどんなステージであっても、
すべての女性が、
自分が一人ぼっちにされたと
感じないケアが大事。

なによりも大事な、

こころの寄り添い

それを提供させて頂いているのに、

なかなかバースドゥーラの活動って、

知る機会のないものです。w

だから、今日はとっても嬉しかった
メッセージを以下シェアさせて頂きます。

Yさんから受信したばかりのものです。

『あきこさーん!
めちゃくちゃタイムリーでした。

ドゥーラとは、他の女性を援助する
経験豊かな女性をいうんですねっ!!

そっか「経験豊か」って、
本当に様々な意味 だよなぁ。
女性に寄り添い、信じて、
生理の範疇で起こるすべての
プロセスを見守ることのできる職業、
そっか〜そうなんですね。
忍耐強く、頑固で、それでいて
柳のようにしなやか人物像。。。
なるほどなるほど、です。
今日の個別相談の中でも、
わぁ!と心がときめきましたが、
ドゥーラ って、すごいじゃないですかっ!
妊娠、出産の女性に特に寄り添う
のが主だとしても、それが強いイメージ
つきすぎてるの、もったいないですよねっ!!
これまで あきこさんが表現されていた
真のケアギバーの意味がよくわかりましたー。
ドゥーラ、すごいですよー!!!
介護とか障害児とかで悩む人とか、
お互いに認め合う関係というか、
めちゃ必要なとこに寄り添える
幅広〜いものなんですもんねっ。
いわば愛を与え、また与えて
もらう、みたいな。
なんというか、 めちゃ
これから大事ですやんっ。
あきこさんが伝えたいのわかりましたー。

妊娠、出産のイメージだけに留めるのはもったいないー。

不妊とか、ご病気とかなにかの原因でお子様に恵まれなかった方って、
妊娠、出産 って言葉で表現すると、なんか孤立しがちですもんね。
私は、ドゥーラという存在を知らなかった身として、これまでに、そういう枠も飛び越える何か、型を超える存在って、この世に無いのかなぁ、とかよく思っていたけどドゥーラってまさに、そういう女性ですよ!ドゥーラって、自分に子供がいるいない、不妊、妊娠中とかそういうの飛び越えて、寄り添うというか、寄り添いあう、愛を分かち合うような、 そういう存在でいたい人。
そうありたい人で在るってことで、
枠組みとか、わだかまりみたいなの、その垣根、めちゃ超えられる存在なんですねー!!』


と、ここまでが

Yさんからのメッセージです。


このYさんは、以前のブログ文章を読んで、感じてくださったんです。

このブログです

こういうメッセージを頂くと、
やっぱりバースドゥーラという名の
ケアギバーは今、世の中に必要とされているんだな、としみじみ実感します。

だって、バースって、
赤ちゃんが生まれてくるだけじゃない。

自分自身が再び生まれ直しするのも、

バースだから。

どんな風にバースという言葉を
とらえるかは、

お一人お一人次第だなぁ。。。

と思うのです。

ある方にとっては、キャリアで
ご自身を輝かせ、新しいご自分を
「バース」していくでしょうから。

ちなみに、

バースドゥーラという職業を知る
だけで、すでに得られるたくさん
のマジックがあるんですよ。

バースドゥーラという仕事を
通して、目の前のお相手を支え
つつも、そこで身につけるマインドを、
ご自身の女神度アップ

に役立てて頂きたい。

そんな想いから、このような
ものを今年はご用意しました。

ドキドキしています。
ちゃんと受け取ってもらえるかな。。。

受け取ってくださいね〜♪

【❤️2021年へ贈るプレゼント!❤️】

LOVEドゥーラAkikoとコアに
繋がってくださっている方だけ
に、花びらのように一枚一枚
お届けします🍀。

2021年を目前に、1人でも
多くのみなさんと
ドゥーラマジックを体感
していきたいです〜♪

この発信、どうぞ今、
自分に向き合われている方、
ご自身の深掘りに役立ててください。

必要な方にだけ届きますように。。。

今日もお読みくださりありがとうございます❤️
LOVEドゥーラAkikoより愛をこめて⭐️

「妊産婦さん」から「患者さん」へ

公開講座「患者学」にてバースドゥーラの活動の紹介および遠隔サポートのケア事例紹介

妊娠中から始まる遠隔ケアについて

オンライン公開講座「患者学」
(慶應義塾大学医学部 加藤眞三医師) で、リモートでお産に付き添った経験について話題提供させて頂きました。


当日の動画は一番下にリンクを載せました。

考えてみたら、妊婦さんはそもそも患者さんとは呼ばれないですよね?

だって生理ですから、健康な妊娠出産は。

ただ、

そういった呼び名だけで内容を
決めつけて、「ふーん。でも私は患者じゃないから関係ない」と思わずに、ぜひ皆様にはもっと気軽に私たち女性と医療との関係について考えてもらいたいのです。

なぜなら、

お産がこじれたら、「妊産婦さん」
は即「患者さん」になるのです。ならば日頃から、どう医療とむきあうか、考えておきましょう。

救命救急の砦となってくれている
現代の医療が、


今、


患者の声を一体どのように聞き取ろうとしてくれているのか?

その最先端の取り組みとして
この「患者学」スタイルを
参考にして頂けたらと思います。

私の講演中に、今年お産に遠隔で
寄り添わせて頂いた吉村亜希子さん
が登場して下さっています。

吉村さんは周産期医療に20年ほど
寄り添ってきたベテラン助産師さんで、今回のご自身のお産をきっかけに助産を伝える者としても学びがあったということです。

吉村さんは、自分をサポートしてくれる信頼できるサポートがあの時、
もしなかったら、

とても不安に感じたと思う、と述べていらっしゃいます。

女性は、お産のときに
心のケアが必要です。
吉村さんの貴重なお言葉を
以下にそのまま紹介させて下さい。    

<吉村亜希子さんによる気づきのシェア>

「納得感はかなり重要だと思います。医療者であっても大事にしている点ですね。


遠隔サポートがなかったら、、、
不安でしたね。


助産師であっても、ひとりの
いち産婦でありたかったのです。

だからあきこさんをはじめとする
信頼する皆さんにサポートを依頼
しました。

不安からサポートを依頼する
行動に至りました。

出産はパートなーの彼も主役
にしたかった、そんな気持ち
だったと思います。

いろいろ私達あったし、
強くなりたかった。

不安は一つでも減らしたかった。

今の子育ては 彼自身もそして
私も日々過ごす毎に、親にして
もらえている感じがします。

私はあきこさんはじめ、
サポートをしてくれた方がいて、
彼がいてくれ、自分の意思決定
を支えてもらったと思っています。

サポートを受けていたからこそ
彼も、私の「もっと待ちたい」と
いう気持ちや、「子供の力や身体
の力を引き出したい」っていう想い
に共感して医師に伝えてくれました。

これはみなさんのサポートがあった
から、彼も強くなれたんだと思います。

この体験は、今の育児に良い影響と
してつながっています。

もし、出産でサポートがなく
自分の中にやり残した感覚が
強く残っていた場合、
彼のせいにしたかもしれないし、
ずーっと消化できない不快な
気持ちが残り続けてしまい、
育児でもそのことを責めて
しまっていたかもしれない、と思う。」

以上、大切な吉村さんの言葉でした。

私もいつも思うのですが、
女性が、母子が健康な場合、

自分自身に必要なケアについて、
意識していることほど大事なことはないと思うのです。

それを意識せずに、なぜ私たちはすべてを医療に丸投げにしてしまうのでしょうか。

医療従事者の方々もすべてを丸投げにされてしまうと困ると仰っている声をよく聞きます。

主体性をもって産んでいくって、
ご本人の納得感が高まり、実は
とっても気持ちの良いこと。

どんな状況であっても、ささやかな
ことであっても、きちんと表現したり、自分の判断で選べると、主体的に関わった!という達成感が増しますからね。

やった〜!というしみじみと内側から湧き上がる達成感を持って赤ちゃんを抱く女性がますます増えていきますように。。。
ケアギバーの方々や一般の方でも、ドゥーラに興味を持ってくださる方向けにメルマガを通して
私が学んできたことについてポツポツこれからもお伝えしますね。


<加藤眞三先生の2冊の参考図書>

✨「患者の力:患者学で見つけた新しい医療の姿」
(春秋社)2014年

✨「患者の生き方:より良い医療と人生の「患者学」のすすめ」
(春秋社)2004年


どちらも参考になる本です。

画面共有に失敗して見にくいので申し訳ないです。。。
2020年11月「患者学」