フランス流子育て、女性らしさを本と日常とで照らし合わせる

たくさんの女性を見てきて、私にとって、いちばんと言っていいくらい一筋縄でいかないのがフランス人女性である。

約3年前、パリに到着した翌日に会ったフランス人女性は何事につけても、とにかくたくさんの皮肉を織り混ぜて会話をしてきた。

彼女は会社から派遣されたリロケーションのスタッフで、それから連日いろいろな物件に連れていってくれたが(たぶん1週間くらい、ほぼ毎日会っていた)、ふたりの間のエネルギーがスムーズに流れていかない。

皮肉まじりにオーナーやエリアを揶揄して批判精神旺盛なのは物件選びにはある意味有難いのだが、私のように言葉を額面通りに受け取ってしまう単純な人間には分かり得ない独特のブラックユーモアのセンスがある。

   
娘とパリのビラケム橋で

海外20年、さまざまな国でブラックユーモアの洗礼を受けてきたが、フランス流のジョークはレベチでどぎつい。フランス語がわからなくても、ニュアンスはなんとな〜くわかる(たぶんイタリア語が多少分かるおかげ?)。

やたらと物事を複雑に考えるクセが彼女。私はひるがえって、物事を複雑に考える思考能力がなく、それが悩みなくらい人生を気楽に生きている。

たぶん、世界のさまざまな価値観に出会いすぎて、実際にいろいろありすぎて、人生に開き直っているせいなんかなぁ。

もうありのまーんま。

焦りもせず、状況を責めもせず、あるがまま。

私はいい加減にみえて、去るものは追わず、来るものは拒まず。動物みたいに本能的で、スロー過ぎて今の男性社会にはまったく使えないヤツなのかもしれない。

社会的にみたら使えないヤツで、内側の感じ方にいちいちチューニングする私と、男性性剥き出しで攻撃的で皮肉好きなフランス人が1週間も顔をあわせていると。。。何が起きるか。。。

だんだんと自分まで皮肉っぽくなっていくのだ!

人間は環境によってほぼ成り立っているんだなあ〜と痛感した。

が!!!
ちょっと待てよ。

私のほうが感化されやすいってこと?

だって、彼女の態度には私による影響は見受けられなかったから。

ガーン!

人とのつきあいはケミストリー。

あの1週間、もっと中和していけたら。。。

お互いの良い部分が引き出しあえたら。。。

彼女ともそれが一番だったよね。

パリに着いたばかりで右も左もわからずに、海外20年とはいえ胸が締め付けられるようなストレスを感じつつ。。。

人生初の「パリジェンヌ」洗礼を真正面から受けた訳だ。

あれから約3年。

パリジェンヌを理解したいといろいろ見聞を広げてきた。

友人のローズマリーは本当に素敵な女性で、お茶に誘ってくれると、いかに芸術が生活を癒してくれるか音楽やアートの話を大人の言葉選びでとうとうと語ってくれる。あ、ミラベルの手作りケーキがとても美味しい!私のフランス語レベルがひどいので、ほぼコミュニケーションは英語だが、彼女の優しさやひたむきなアートへの想いが伝わってきて一緒にいて楽しい。

別の知人マリーフランソワは読書家で、いかに食が大切かついて熱く語り、トピナンプール(エルサレムアーチチョーク)などの私にとっては珍しい野菜の調理法などを1から丁寧に教えてくれる。本当にこころある女性。

そして今回のこの本。

娘の勧めで読んだ「パリジェンヌのつくり方」。

「絶対読んで。これまさにお母さんだから!」と言われて、ドキドキしながら読んでみて、ショック〜。

私って無秩序だしな〜って、いったいどんな母親よ〜


まぁそれは、愛する娘の言うこと。

褒められているんだ!と前向きに受け取ることにして、「え?読んだけどどこが?」と聞いたら、

「お母さんの自由を求めて戦うところ」だって。

確かに、戦っているかも、ね。

あと一番重なる部分は、「おかあさんって、ナチュラル感を大事にする」部分と言われた。

まぁ、だよね。娘は見ているからね、私が髪の毛はいつもシャンプーだけ、リンスも使わない。ドライヤーはまずかけない、野生児のままで48歳になろうとしていることを。

「ディスオーダー(無秩序)」な部分も重なる、と娘に言われた。

本の中で、“前の晩にヴォッカを飲んでも、翌朝に抹茶を飲むのがパリジェンヌ”、みたいなことが書かれていて、その部分を引き合いに出された。

確かに私、本当にディスオーダーなので、娘はちゃんと私のことをみているんだなぁと。

気持ちが引き締まるおもい〜(涙)

でも、基本的には娘に褒めてもらってもいるみたい。  

今回はだらだら動画撮ってしまったけど、次回はもっと大和撫子の素晴らしさを伝える動画を撮りたい!

この動画で今回言いたかったのは、たったひとつのメッセージ!


それは、たくさんの国に住んできた自分だからこそ言い切れること。

どれだけ他人に呆れられようが、

家族から文句を言われようが

「ディスオーダー(無秩序)」を「オーダー(秩序)」に

変えられるのは、結局は「自分軸」、なんだな~ということ。

その自分軸を立てるには、自分を愛してあげることなんだよ。

愛するためには、女性で生まれたからには、自分の女性器と向き合おうねっていう部分は、リアル講座や実際のケアでしかお伝えしていません。なかなか動画ではお伝えしにくいことなの。。。削除されちゃうかもしれないのでご理解ください。

お読みくださりありがとうございます!

#ノマドゥーラ
#LoveドゥーラAkiko




第27回 女性の一生を生き尽くす

妊娠、授乳や出産シーンを表現したアート。ルイーズ・ブルジョワの作品展で

お気に入りの木

お気に入りの木は滑り台になったり、ハンモックになったり。エジンバラにある王立ボタニカルガーデン(植物園)は、エジンバラっ子の憩いの場。

お疲れのこころと体を、緑色パワー満タンにしてもらえるので、私たちも年間パスをゲットして週に1度はリチャージに通う。

この夏4歳半になる娘の週末の楽しみは、門の前の駐車場にたいてい留まっている屋台で、イチゴのジェラートを買ってもらうこと。

植物園が近づくと、キョロキョロとバンを探す。

恥ずかしいくらいの大声で

「あっ、来てるよおー!ジェラート買ってえー!」と叫ぶ。

ジェラートって呼ぶんだよね、アイスのことをうちの娘は。

もっと小さい頃に、娘にわからないように、ひっそり冷凍庫からアイスクリームを

出していたことがある。

気づかれないように小声でボソボソと夫に呟く。

ジェラート。。。食べる?

そんなやりとりを地獄耳の娘は聴いていたので、ジェラートと言い始めたのだ。

人懐っこいリス君

ほんとうに人懐っこいリス君とベンチを一緒にシェアできる王立植物園。

いつも園内に入って、まずはその日のキッズイベントをチェックする。

鳥の餌付けにエコ・バッグづくり、いつもいろいろ満載だ。

ショップ、カフェ、イベントホールにアートギャラリーもあるので、ここに来ると半日くらいはあっという間に過ぎていく。

おともだちのリス君に今日もごあいさつ。

おともだちのリス君

今年96歳の世界的アーティスト

この植物園のアートギャラリーで今、こちらの出産ケア関係者の間でひそかに話題になっているのが、ルイーズ・ブルジョワの作品展だ。

彼女はフランス出身のアメリカ人彫刻家として世界的に知られている。

六本木ヒルズに出現した巨大なクモのオブジェをデザインしたおばあさん、と言ったら思い出す読者も多いのではないだろうか?

今年96歳になる彼女の今回の新作が、なぜ、お産関係者の興味をそそるのかというと、

それが。。。

どこまでも生々しく、妊娠、授乳や出産シーンを描き出しているからなのだ。

女性性の源泉を感じる、一連の作品

ルイーズの独白インタビューや、創作風景を切り取ったコラージュのようなドキュメンタリーフィルムも上映されていて、私は作品以上に、彼女その人の生き方に惹きつけられた。

ルイーズは養子を引き取った直後に子どもを授かるという人生の廻り合わせついて語っていた。

険しい表情で、それはけっして平坦な人生ではなかった、と。

ここ数年のルイーズの映像には、母として、妻として、そして娘としての自分を、かたちや主義にとらわれず、あるがままに作品に流し込む彼女がリアルに浮かび上がっていた。

そこに、今回の「NATURE STUDY」と銘打った一連の新作品を産み出す女性性の源泉を感じた。

花になった、産む女性と赤ちゃん

ルイーズ

私が撮った下手な写真で申し訳ないが、見て頂きたい。

この、女体が艶かしく蘭となってしまう出産シーンを!

産む女性と生まれるあかちゃんとのコラボ!

生まれてくる赤ちゃんと、

産みだす女性が、

一輪の花と昇華してしまう不思議な絵に私は涙が溢れてきた。

産む存在と、生まれてくる存在のコラボ。

もうこれしかない!そう思った。

明日のお産をもんもんと考えてばかりいる私にとって、

魂の滋養となる絵たち。

産みゆく姿は、古今東西美しい!

くりかえし、くりかえし描かれる受胎の絵からは、セクシュアリティーというより、植物の交配のようなたんたんとした営みを支える生命力が感じられる。

そこに私は深い安堵感を覚えるのだ。

アートとは、場と一体となって完成していくもの

ところで、アートとは、周囲の環境に大きく影響されることを今回あらためて思った。

やはりアート作品とは。。。

観る人間も含めて、その場に在るすべてのものと一体となって、瞬時に完成しつつある進行形のものなのだ。

一見生々しい出産シーンを描いた彼女の作品から、植物的な静の気配をも受け取ることができた理由は。。。

おそらくギャラリーには私たち以外には人がおらず、

窓からは大木が見え、

さんさんと光が差し込んでいたといったファクターが揃った結果なのだろう。

お産も、まさに、そのようなものだ!と思う。

次回に続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても、

一枚布、rebozoは面白いです↓YouTube動画アップしました〜

チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです。