セルフラブをみんなでシェア

女性性をひらく
センシュアリティケア

伝えたいことが山ほどあるのに、ず〜っとこらえておりました。

実は、今年の夏、熱いラブコールにお答えして、

日本各地をまわってきました!

これって、もう書いてもいい?ですかしら、ね?

だって。。パリから成田に着いた時もコロナ陰性だったし、

ちゃんと東京で2週間自粛してから移動開始をしたし、

今や無事にフランスに帰国して2ヶ月くらい経つし、

そろそろ解禁ですよねっ。

この夏、本当に凄かったのです〜!

なぜなら。。。

女神たちの誕生に居合わせることができたからです。

それは、はぁ〜っと息を飲むほどに神々しい変容の儀式でした。。。

それぞれの感性で、それぞれに現在進行形の
「女神神話」をリアルに生きる女性たち。

九州では素敵なコテージを一軒貸し切って10名様限定の集いが開催されました。女性性解放をテーマに、「春日助産院」の信友智子先生とのイベントでしたが、性愛について語り始めると、あまりに深く、でも、それでいて水面にきらめく秋の陽光のようにどこまでもさわやかなんです。

お一人お一人のコアに繋がる大切な時間をお届けすることができたように思います。

前半はお話で、後半には各自ご持参頂いたシーツをかけてヨーガマットに横たわって頂きました。

横たわってそこで何をしたの?ですって。

そこは、何をした、doingというより、

すべての中で深い一体感を感じるbeingの時空間でした。

ゆったりとしたペースで心と体を潤しながら私は彼女たちの秘めたる(姫たる)生命力の源を信じてファシリテートさせて頂きつつ。。。

なんと「セルフラブ」を全員で行っていったのでした!

ほとんどの方がケアギバー(医療者の方7−8割でした)でした。
オイルを使って、自分の女性器に向き合って、しっかりと触れていきます。

それはとても厳かな自分への挑戦というか、宇宙に委ねる行為というか、

ひそやかでいて、どこまでもオープンなセレモニーでした。

あ、おひとりだけ男性医師がいらっしゃいました(助産師の奥様がセルフラブにご参加されたので)。彼だけは、セルフプレジャー実践編の間は別の階の別のお部屋に「お隠れ」になって頂きました。

後からポツリと「女性は本当にすごいなぁ」と仰っていました。たとえ実際に居合わせなくとも、同じ屋根の下で女性たちのエネルギーの変化を感じていて下さった男神の優しさと愛に見守られ、とても温かい気持ちで私たちは自分たちの聖域にゆるゆると浸れたような気がします。

また、今後は男性にも岩戸開きの必要な時代だなぁと感じています。

頂いた感想をご本人の了承を得て一部だけシェアさせて頂きます。ほぼ全員から頂いたのですが、プライバシーがあるので、本当に大丈夫な部分だけ、です♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「惜しげなくLOVEドゥーラAkikoさんの想いもシェアして下さりありがとうございました。私もほんとうに同じ想いです、嬉しいです。『快』の境地は、興味のあって、前に踏み出す勇気のある女性が飛び込むものではなくて、生まれてから、生きる喜びのひとつとして知っているものであって欲しいと私も思います。たくさんのギフトをほんとうにありがとうございます..遠路はるばるお越しいただき感謝感激です。直接Akikoさんにお会いしてお話する機会を頂けたことに感謝しています。

章鼓さんが九州に来てくださったことで阿蘇山に溜め込んだ女性性が爆発していきそうです🌋 これからの新時代、自分とつながる、自分軸がより必要だ!と、私の魂は、私に向かって怒っている(マグマの存在)のを感じています。(いしづじゅんこ)

愛を思い出す作業をさせて頂きました。WSに参加して、あきこさんから溢れる愛は、これまであきこさんのWSへ参加された方、全てのこころとからだに確実に届いていることは間違いないなと思いました。

満月に生理が来たのは、本当にあきこさんのWSのお陰としか思えません。いつも新月タイミングだったので真逆だったんですよね😅!いつも世界中の女性のために愛の輪、波紋を広げてくださりありがとうございます!

愛と感謝です。次回お会いできる時に、私もあきこさんのようなフェロモンを薫らせますように引き続き勝手にご活動を応援させていただきます。ますますのご活躍を楽しみにしております。❤️暑い九州です💕お身体にお気をつけて、この暑さがあきこさんフェロモンムンムン熱気に変えられる味方になりますように✨(C.K.さん)

昨日はほんとに素晴らしい時間を過ごさせてもらいました!あきこさんやさとこさん、会場にいらしたみなさんに出会えたことが、嬉しくて、思い出しても泣けてきます😭昨日はわたしにとって、目覚めの日でした。(I.T.)

———————/———————-

皆様からのお声、とってもとっても大切です。

様々な感情が整理されたり、

なかった希望が不意に生まれたり、

ネガティブな思い込みが消えたり、

不自然なものを自然に戻していけたり、、、

参加されたすべての方々にとって、それぞれに深い気づきに満ちたものであったようです。

今回、その時と同じ九州スタッフの皆様(由季子さん、郁美さん、純子さんありがとうございます)が数ヶ月の時を経て、再び心を響き合わせて企画してくださいました。今週金曜日10月16日(金)の日本時間21時スタート!もう本当に幸せです。。。

以下、主催の「九州Doula&Midwifi」さんからのコピペとなります。

——————–/—————————–
会陰ケア先進国、フランスからLOVEドゥーラAkikoこと、木村章鼓さんをお招きして、自分自身の女性性を開く、センシュアリティケアの講座をひらきます。

女性に寄り添うケア提供者さん、自分の内なる女性性と繋がりたいと思っている方、

自分自身やパートナーをうまく愛せない方。

女性として、愛をもちながら生命の営みを行うのに大切なものに触れ、自己肯定感を高めていく、会陰と向き合うマインドセットを学びます。

目の前の女性の女性性を開き、生命力を引き出すためには、まずは自分自身の心と身体の声を大切にすることから。

新月の前の静かな夜、ひそやかな開催です。

一人では気づけない自分自身の魅力、女性性。きっとLOVEドゥーラAkikoさんの素敵なお話に満たされる夜になると思います🌕

ご参加をお待ちしています✨

【女性性をひらく センシュアリティ・ケア講座】

講師:木村章鼓 (Birth Doula)

LOVEドゥーラAkikoとして長年、世界各国の女性たちに寄り添ってきた木村章鼓さんをお招きし、本質的な女性性と向き合いサポートする上で大切な、会陰に対してのマインドセットついてお話をうかがいます。

女性として、愛をもちながら生命の営みを行うのに大切なもの。

産婦さんや目の前の女性の女性性を開き、生命力を引き出すためには、まずは自分自身の身体、内側と向き合い、身体を感じ、自分自身を慈しみ、癒してあげることが大切です。

自己肯定感を高め、パートナーシップの改善にも大きな影響を与えるセンシュアリティケア。ご自身の身体のメンテナンスを行っていく前のもっとも大切なマインドについて今回はお話をうかがいながら、自身の体感を深めていきます。

┏━┓
◆◆ 講座の概要
┗━┻━━━━━━━━━━━━

【女性性をひらく センシュアリティ・ケア講座】

講師 木村章鼓さん(LOVEドゥーラAkiko)

◇10月16日(金)21時〜 23時

◇ZOOM オンライン開催

◇参加費 ¥3,500

◇定員 20名
(残席 10名)

◇お申し込みページ

チケットお申し込みをクリックしていただけますと、お申し込みページが開きます。

===========================

セクシュアリティ(性的魅力)
=”他者へゆだねる魅力” パートナーや恋愛に向けたもの

センシュアリティ(官能的魅力)
=”自身の内に宿る魅力” 自分自身のセクシャリティケアなどを含む

自分自身への内に宿る女性性を開くケアとして、セクシャリティケアのタイトルとなっています。

🌸こんな方におススメです🌸

◆女性としての瑞々しく、本質的で内なる女性性と繋がりたい

◆目の前の女性を癒せるケア提供者になりたい

◆自己と向き合い、自分自身を癒し、寛げる自分でありたい

◆女性としての魅力や歓びを分かち合い、人生の可能性や創造性を高めていきたい

◆自分自身とパートナーをもっと素直に愛したい

┏━┓
◆◆ 章鼓さんからのメッセージ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━

2020年。
日本には、性について語ることがどこかタブーという空気がまだあります。
私は動画配信をしていますが、医学用語にも拘らず「会陰」という言葉すら、堂々と私が発音する姿に抵抗を感じる方がいらっしゃるそうです。

そんな見方がまだあるなら、もったいないなぁと私は思うのです。

赤ちゃんの生まれてくることは、セクシュアルなことです。
性の営みだけを切り取ることもなく、
分娩だけにクローズアップすることもなく、
本来は継ぎ目のない時間の流れの中で起きていく事象です。

バースドゥーラとして、これまでも長年、妊娠中のセックスについて、また実際のお産で、なかなか陣痛がこないケースの産中セックスや、産後の夫婦の性愛について相談に乗らせて頂いてきました。
そこで、あと一歩足りていないと感じてならない部分こそ、セクシュアルなエネルギーの活かし方についてなのです。

私たちひとりひとりが自らのカラダに目覚め、探求することの重要性を最近の女性の生き方を見ていてますます感じています。
子宮や会陰を含めた膣、女性器全体は女神の化身だと私は本気で思っていますし、同時に、命の交差するゲートレスゲート(扉なき扉)として崇めています。
その周辺を、ここは膣!ここは会陰!と部位で区切らずに、女性性の器として大切に愛おしむ生活は、女性を潤し、イキイキと輝かせてくれるものだと感じます。

女神というと、「女性の神さま」というイメージでしょうか。
でも私にとっての女神は、20年近い海外生活で私が出会わせて頂いてきたごく身近な存在である女性たちです。

そんな自分だけの「女神神話」を生きるリアルな肉体としての彼女たちに関わらせて頂き、バースドゥーラとして妊娠中から、ある人は妊娠前から寄り添うなかで、彼女たちの女性性の発露を目撃したり、変遷を追う中、その体験に私も図らずも加わらせて頂きました。
その境地で一緒に垣間見させて頂いた地平は、言葉にするにはあまりにも広大な、深い体験です。

================================================

主催:九州Doula & Midwife
共催:胞衣マザーズネットワーク、愛よるお産 
お問い合わせ・連絡先:九州Doula & Midwife
フリッツ郁美、児島由季子、石津純子Email: kyushu.doulamidwife@gmail.com
.∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴…∴..∴..∴..∴..∴..∴..

━━━ ◆ ━━━━━◇━━━━

【女性性をひらく センシュアリティ・ケア講座】

講師 木村章鼓さん

◇10月16日(金)21時〜 23時

◇ZOOM オンライン開催

◇参加費 ¥3,500

◇定員 20名

お申し込みページ

水の性、第4の相

さみだれの6月ですね。日本も雨で寒かったりする地域もあるようです。

思い出します。。。日本の梅雨。

しとしと降る長雨。

もう20年近く体験できていませ〜ん(涙)。

「じめじめとして。。。」とか「つゆの時期は気が滅入る」なんて言う方がほとんどですが、私にとっては、しっとりとして風情があって、一年のうちで最も生命が艶かしく濡れている素敵な季節なんです。

肌がベトベトしながらも、光沢や潤いが増して、あのどこか冷えてベトベトした皮膚の感じが懐かしくてたまりません。

でもね、、、

それを言ったら、

どの季節の

どの天候の

どの瞬間の皮膚感覚も

本当に一期一会だなぁ。。。

ただただ感謝の気持ちが湧いてきます。

パリはひどく乾燥していて私のお肌、パリパリです〜(涙)

すみません、思いっきり滑りました(笑)。


さて、最近の私は2006年から10年近く書きためていたブログを自分のこちらのワードプレスのブログに移す作業に取り組もうかと思い腰をあげたところです。

以下の4本を柱にして、ちょこちょこ旅ストーリーも加えていきます。

ーエジンバラ編(上の写真のフラットから毎号書いていました)
ーサハリン編
ーヒューストン編
ーロンドン編

ただ、あまりにも膨大なので無理せずにボチボチということで、まずはエジンバラ編の第1回〜第32回をアップしました。アメブロにもほぼ同じものを載せています。

というのも、

どちらかが消えてしまったら、自分が死んだ後に子供たちが記録として読めるものが無くなってしまう〜と思ったんですコロナで。

だって。。。

あっという間ですよね、命は。

本当にはかなく、もろい。

強そうに見えるものが、実はもろかったりするんです。

私の大切なお友達が昨年死んだ時もそうでした。

大好きだった叔父さんも、

父も、みんなそうでした。

大切な人がこの世から消えていくたび、私の中にたくさんの沈殿物が溜まっていきます。

時間をかけて死の悼みが静まっていくように、

ゆっくりと堆積していくものがあるんです。

そして、心が掻き乱される時、彼らと交わした言葉や思い出のかけらが

その水底からふわりと浮遊してきて、水面でキラリと光ります。

私は、そのきらめきを灯台にして今日まで歩いてこられたと思います。

だから、

死んでくれていて、有り難う。

今日もそこここに偏在していてくれて、

有り難う。。。

と、あんなに辛かったはずのお別れにも

こんなにも深く感謝のできる自分になっていることに気づかされます。



水害もある季節ではありますが、台風に伴う集中豪雨やゲリラ豪雨とは違って、

さみだれとは、、、

私たちの中の女性性が

水の性(しょう)であることを思い出させてくれる大切な季節。

私たちの内側に、美しい泉がある。

古代から、ありとあらゆる書物にメタファーとして記されてきた女性という水の器、命の入れ物、ホーリーグレイル。

対する男性は火の性ですね。

男性の持っている火のエネルギーで、女性は自らのエネルギーを変容させていきます。

何にだってなれますよ。

気体、液体、個体、、、

そして今分かってきているのが、水の第4の相、結晶水の形態について。

その第4の相にはメモリーの転写能力があると言われています。

水は、全てを記憶できる、と(*詳細はサアラさんのご本で!)。

女性のカラダになぞらえると、その転写能力が備わっている部分は、泉の源泉を賛える子宮です。

人型を写し、新しい命をリプロダクトできるのですから。

アリゾナ州立大学でのラットを使った実験では、子宮を摘出した個体は記憶力が低下するという実際のデータ(どれだけしっかりとしたエビデンスがあるか私も原典は読んでいませんが、ナゾロジーでこんな記事になっていました)も。

これまでは子宮は胎児を大きくする空間、命を育てるための生殖器官としてのみ扱われがちでした。

でも、それ以外のとても大事な「記憶の器」という役割があることにスポットが当てられるようになってきているのですから、

貴重な研究の一つですよね。


水の惑星、地球。

母なる海をたたえた子宮という内なる海。

私たちにとって、とても、とても大切な水。

この時期に、ひと呼吸ごとに空気の中の水分を通して、

潤っている自分とつながりながらも、

同時に、

他の命(私と!)とも共鳴しあって、命がウルウル喜んで、ただただなんの思惑もなく、波動が触れ合って、美しい水紋を描くがままにしてみましょうよ。

あー本当だったら、あったかい子宮みたいなスペースで、みんなで瞑想したり、ふわりふわりと踊ったりしたい〜。

じゃじゃ馬コロナ姫のお出まし以前のように!


無邪気に抱きしめたい。

抱きしめられたい。。。ぎゅ〜っと。

でも、もうそれは叶わないけれど、でも、しっかりとプロテクトし合った状態で、6ー8名限定のプチワークショップなどで、今後も継続して皆様に提供していく予定です。

いよいよ私はあと10日で成田へ。フランスも、イギリスやアメリカと同じで、夏やすみは2ヶ月半!

しっかり14日間の東京の自宅での自粛期間を終えたら、7月3日以降は少しずつ状況を読みながら動いていく予定です。

まずはそれに先立ち、ZOOMで交流会できたらと思います。

【オーガズミック ランドスケープ 交流会】
6月13日(土)20:00−21:00
(パリ時間13:00ー14:00)
Free イベント

お申し込みは
▶️ こちら

皆様の中で、女性性の開花やセクシャリティに興味のある方は女子限定FB非公開グループ「オーガズミック ランドスケープ」へどうぞ。でも、真面目に性や性愛について語る場なので、どうか冷やかしでのご参加はお控え下さい。20年春に立ち上げ5月1日時点でメンバー数350名。世界中にすまう大和撫子たち、たおやかな日本人女神たちと交流できます!
 ↓

https://www.facebook.com/groups/658815731533943/


ということで、今日も長いブログをお読みくださり有り難うございます!
私の大好きな梅雨の季節にギリギリセーフで間に合いそうで、嬉しいです。

早く紫陽花とカタツムリを眺めた〜い!

LOVEドゥーラAkiko

YouTube登録もお待ちしています↓

↑画面右下の「Akiko」の手書きマークをクリックしてチャンネル登録♪

第28回 母体は地球の一部

ルイーズのアートに感じることと‘変革につながるお産’には共通点がある。

‘Transformative experience’、つまり「変革・変容につながる体験」となりうる可能性をはらんでいる。

敬愛する三砂ちづる先生(*1)が、エジンバラの我が家に息子さんと遊びにいらして下さった折に話して下さったが、‘変革につながるお産’には、いくつかの必要条件というか、因子があるという。

その因子のリストに、‘ほの暗い光’や、‘適度な湿度’と聞くと、お産とは、産む環境によって大きく影響されるものなのだと納得せずにいられない。

近代化によって、お産の何が失われたのか

いつまでも夜の明るいこの季節

いつまでも夜の明るいこの季節、少し自転車で走らせるとこんなステキな場所と遭遇できる。

海が、潮が満ちては引くように、古今東西、女性はカラダという器を共鳴させながら命を産みつないできた。

時代は変わり、今はほとんどのお産が施設内で行われている。

いかに効率よく産むか、安全に産ませるか、ばかりが注目されてきた近代化以降のお産。

個人のお産体験は、医療化の波によって、どのような影響を受けてきたのだろうか。

欧米を中心とした世界では、一部のこころある助産師や医師といったケア・ギバーズと、人類学者や、社会学者のような学者たち、そして、産みゆく女性たちの3者が一体となって、ここ数十年間、継続的に、お産における産婦の‘autonomy’(←この意味は後で書きます)をあらためて価値付けしようとする動きがみられる。

お名前を挙げはじめるときりがないが、「お産のリボーン」をはじめ、島袋伸子さんや日隈ふみこ先生、松岡悦子先生など日本にも、それぞれの立場ですばらしい活動をされている方が数多い。

そこまでして尊重されなければならないお産のautonomyとは、

いったい何?

実はそれこそが、お産の勉強をはじめて以来、

私の一番の関心事である。

まだ日本語にきちんと訳されきれていない感のある言葉なので、つい慎重になってしまうが、辞書には、‘自律性’、‘自主性’、‘自治’で載っている。

お産は、こころとからだを再統合する癒しのプロセス

夜が怖くない

↑この写真は夜10時。夜が怖くない、暗闇にならない。白夜の季節は夜更けに自転車に乗るのが楽しくなる。

ケルトの大祭が真夜中の12時にスタートすることをおもっても、人類はこうやって太陽のめぐりに合わせて神事を執り行ってきたのだと思う。

大自然の営みと、自分の内側の営みを共鳴させ合いながら私たちは在ったのだ。

私たちは、大自然に生かされている自分に感謝をし、自分の心身にお伺いを立てながら、autonomous(autonomyの形容詞)な存在として、在った。

それがいつしか、ヒトがヒトとして未来に続いていくための、最もリプロダクティブな営みであるはずのお産において、autonomyを失いつつあるというのは、どういうことを意味するのか。

言葉足らずの自分だが、今の私にとってautonomousなお産とは、周囲によって方向づけられることなく、産婦本人の持てる力を余すところなく発揮できるようなお産をさす。

結果、予想外のことが起きて落胆することも、絶望を感じることも、思いもしなかった変容も全て含めて、自分の人生に起きたこととして体験していくのだ。

悲しみも、幸福感も、狂喜乱舞するような心の状態も含まれ、それらが自分の器の中で溶け合って、それでも人生の時間が続いていくことを受け入れていく、

それが私なりのオートノマスな在り方だ。

同時に、こころとからだを再統合してくれる癒しのプロセスでもあると思うのだ。

96歳のアーティストが描く、妊娠・出産・授乳シーンは・・・

前回27回目で書いた人生の遍歴を経た老婆ルイーズ ブルジョアの描く妊娠・出産・授乳シーンも、つねに相反している。

もろくて。。。それでいて力強い。

ぎこちなくて。。。同時に美しい。

純粋に、母体が地球の一部であり、

花一本のようにはかなく、同時に、

すでに完全であることを思い出させてくれる。

まるで人災・天災で傷ついた大地が、

それでも再び萌え、

自らの力で癒えようと、

意識なき意識を絶えず働かせているように私には思える。。。

創作活動を続けるルイーズ半球のガラスの中で納められる出産シーン
絵画、立体、彫刻と、カタチにいっさいとらわれず、創作活動を続けるルイーズ半球のガラスの中で納められる出産シーン。360度、絶えず観察される母子、という感じがした

(注1)三砂ちづる(みさご ちづる)
津田塾大学国際関係学科教授。専門はリプロダクティブヘルスを中心とする疫学。著書に、『月の小屋』(毎日新聞社)、『コミットメントの力』(NTT出版)、「疫学への招待」(医学書院)、「昔の女性はできていた」(宝島社)、「オニババ化する女たち」(光文社新書)、『 きものとからだ」(バジリコ)、ほか多数

(注2)
たとえば医療人類学の世界では、ロビー・デービス・フロイドや、エミリー・マーティンが女性のエンパワメントにつながる研究を残していて興味深い。

次号に続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓今住んでいるフランスから重力を使ったお産について、ちょっと偉そうにYouTube動画撮りました(すみません)。動画編集してくれているのは、この時の娘っ子です。今度のお誕生日で17歳!❤️宜しければチャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪