第30回 私の仕事環境

不安定になりがちな、産後ライフも応援

手づくりの木のおもちゃや棚、お人形

なにを隠そう。3月現在、我が家にはご覧の通り、いまだクリスマスツリーが飾られている。

だって。。。

生木の香りがあまりにいいアロマ効果でね〜。

もったいなくて、愛おしくて、処分できない。。。

処分先にも困っていた ら3ヶ月経ってしまったよ。。。

すると!!!

釜焼きピッツァ

幸運にも娘の通うシュタイナースクールで使ってもらえることになった。

毎週行われる釜焼きピッツァ用の薪にするとのこと〜❤️

本当によかったよ〜涙!

別の用途に生きて命を循環させてくれる!

ところで、

ここエジンバラでは、子育て情報誌や冊子などの情報媒体に、ごく気軽にドゥーラについての紹介が毎週のように掲載されている。

全国に散らばるドゥーラたちをとりまとめる組織もすでにいくつか存在し、UKにおけるドゥーラの立場とその役割はゆっくりとでも確立してきたように見受けられる。

病院出産もサポートするが、ドゥーラの仕事内容として一番多いのは、ホームバース(自宅出産)希望の方へのエモーショナル・サポートだ。 

妊娠中から、我が家に来て頂いてセッションを受けていただいたり、出張訪問を重ね、実際のお産では、家族同然にミッドワイフ(助産師)をもてなし、お産のお供をするのだ。

基本的に、たとえ何十時間になろうとも、赤ちゃんが生まれて、胎盤が出て、初乳を飲んだことを確認して、無事に母子が清潔で乾いた床に落ち着くまでを見守る。 

それって実はとんでもなく大変なこと!!!

全身全霊で付き添っているので本当にヘトヘトになってしまう。

気力が全て女性とその赤ちゃんに注がれるので、自分のことは全く無感覚になってしまうのだ。

特に分娩に寄り添った翌日からどーっと疲労感が出て、丸一日使い物にならなくなるほどだ。

それでも、そんなことは言ってられない。

産後は、ホルモンの変化と育児で精神的に不安定になりがちな産後ライフを応援するからだ。

妊娠から出産、産後まで女性の傍に寄り添うドゥーラだが、正直、悩みもある。

夫、夫の会社、周囲の友人、知人に助けられて

ほとんどのドゥーラが子持ちで、

しか〜も!!!

お産が好きで好きで仕方がない人たちなので3人も4人も子どもがいたりする!

当然、時間的拘束の大きいドゥーラの実態を知り、根をあげる人も多い。 

せっかく一念発起してドゥーラになったけれど、家族のサポートを得られないまま足踏み状態の人もいる。 

私は個人的に恵まれているほうだ。仕事と家庭が完全に同じエリアにあるので、無理をすることは多々あっても、極端な無理にはならずに済んでいる。

夫の会社は、妻の仕事に理解があり、子連れ出勤や早退も状況によって許される。

おかげで私は24hのスタンバイ状態を保っていられるのだ。

周囲の友人、隣人にも大変お世話になっている。 

この絶妙なバランスのサポート体勢のおかげで、今のところ、娘を見ず知らずのシッター業者に駆け込みであずけることなく、自分の住まうコミュニティーを舞台に、大好きな妊婦さんたちのそばに安心して寄り添っていられる。

しみじみ。。。

感謝。。。

なんと幸せなドゥーラなのだろう。 

今日もこれから出張訪問✨

娘が園で遊んでいる時間をフルに使って予定日を5月に控えた妊婦さんのお宅までひとっ走りしてこよう! 

次号に続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちらは2006年から10年ほど書いていたブログの復刻版です。お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓今住んでいるフランスから会陰のマッサージについてYouTube動画撮りました(エグいサムネイルですみません)。チャンネル名は「オーガズミック ランドスケープ」です。このサムネイルも動画編集もこなしてくれているのは、この時の娘っ子です。今度のお誕生日で17歳!❤️宜しければチャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪

第27回 女性の一生を生き尽くす

妊娠、授乳や出産シーンを表現したアート。ルイーズ・ブルジョワの作品展で

お気に入りの木

お気に入りの木は滑り台になったり、ハンモックになったり。エジンバラにある王立ボタニカルガーデン(植物園)は、エジンバラっ子の憩いの場。

お疲れのこころと体を、緑色パワー満タンにしてもらえるので、私たちも年間パスをゲットして週に1度はリチャージに通う。

この夏4歳半になる娘の週末の楽しみは、門の前の駐車場にたいてい留まっている屋台で、イチゴのジェラートを買ってもらうこと。

植物園が近づくと、キョロキョロとバンを探す。

恥ずかしいくらいの大声で

「あっ、来てるよおー!ジェラート買ってえー!」と叫ぶ。

ジェラートって呼ぶんだよね、アイスのことをうちの娘は。

もっと小さい頃に、娘にわからないように、ひっそり冷凍庫からアイスクリームを

出していたことがある。

気づかれないように小声でボソボソと夫に呟く。

ジェラート。。。食べる?

そんなやりとりを地獄耳の娘は聴いていたので、ジェラートと言い始めたのだ。

人懐っこいリス君

ほんとうに人懐っこいリス君とベンチを一緒にシェアできる王立植物園。

いつも園内に入って、まずはその日のキッズイベントをチェックする。

鳥の餌付けにエコ・バッグづくり、いつもいろいろ満載だ。

ショップ、カフェ、イベントホールにアートギャラリーもあるので、ここに来ると半日くらいはあっという間に過ぎていく。

おともだちのリス君に今日もごあいさつ。

おともだちのリス君

今年96歳の世界的アーティスト

この植物園のアートギャラリーで今、こちらの出産ケア関係者の間でひそかに話題になっているのが、ルイーズ・ブルジョワの作品展だ。

彼女はフランス出身のアメリカ人彫刻家として世界的に知られている。

六本木ヒルズに出現した巨大なクモのオブジェをデザインしたおばあさん、と言ったら思い出す読者も多いのではないだろうか?

今年96歳になる彼女の今回の新作が、なぜ、お産関係者の興味をそそるのかというと、

それが。。。

どこまでも生々しく、妊娠、授乳や出産シーンを描き出しているからなのだ。

女性性の源泉を感じる、一連の作品

ルイーズの独白インタビューや、創作風景を切り取ったコラージュのようなドキュメンタリーフィルムも上映されていて、私は作品以上に、彼女その人の生き方に惹きつけられた。

ルイーズは養子を引き取った直後に子どもを授かるという人生の廻り合わせついて語っていた。

険しい表情で、それはけっして平坦な人生ではなかった、と。

ここ数年のルイーズの映像には、母として、妻として、そして娘としての自分を、かたちや主義にとらわれず、あるがままに作品に流し込む彼女がリアルに浮かび上がっていた。

そこに、今回の「NATURE STUDY」と銘打った一連の新作品を産み出す女性性の源泉を感じた。

花になった、産む女性と赤ちゃん

ルイーズ

私が撮った下手な写真で申し訳ないが、見て頂きたい。

この、女体が艶かしく蘭となってしまう出産シーンを!

産む女性と生まれるあかちゃんとのコラボ!

生まれてくる赤ちゃんと、

産みだす女性が、

一輪の花と昇華してしまう不思議な絵に私は涙が溢れてきた。

産む存在と、生まれてくる存在のコラボ。

もうこれしかない!そう思った。

明日のお産をもんもんと考えてばかりいる私にとって、

魂の滋養となる絵たち。

産みゆく姿は、古今東西美しい!

くりかえし、くりかえし描かれる受胎の絵からは、セクシュアリティーというより、植物の交配のようなたんたんとした営みを支える生命力が感じられる。

そこに私は深い安堵感を覚えるのだ。

アートとは、場と一体となって完成していくもの

ところで、アートとは、周囲の環境に大きく影響されることを今回あらためて思った。

やはりアート作品とは。。。

観る人間も含めて、その場に在るすべてのものと一体となって、瞬時に完成しつつある進行形のものなのだ。

一見生々しい出産シーンを描いた彼女の作品から、植物的な静の気配をも受け取ることができた理由は。。。

おそらくギャラリーには私たち以外には人がおらず、

窓からは大木が見え、

さんさんと光が差し込んでいたといったファクターが揃った結果なのだろう。

お産も、まさに、そのようなものだ!と思う。

次回に続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても、

一枚布、rebozoは面白いです↓YouTube動画アップしました〜

チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです。

第19回 助産師さんもっといけー!

幼い子どもを連れてやってきたスコットランド。

思いもかけず、大学院生となり真剣に学問する学生たちに混じり、しのいでいる。

ジャパニーズ・ママ院生、気合を入れるために髪を思いっきりショートカットにした。

情けないほど自分にかける時間がない。

髪を洗う時間が惜しいからだ。

今は子育てと学ぶことに必死~

でも、1学期を終えてみて驚いたのは、昔大学で勉強したことが何一つ無駄ではなかったということだ。

医療人類学といっても、社会学、人類学も学ばなければならないので、当然マルクスのおさらいもするし、哲学にも触れる。

再びニーチェやフロイトを読むことになる。

理論の授業でミルチャ・エリアーデまで出てきたときは、本当にびっくりした。

宗教学者エリアーデの神秘哲学というか、「一瞬の中の永劫」という時間への捉え方の当時としての不思議さを思って、学生時代に面白く読んだのだ。

なーんだ、人生みーんな意味があるんだ。

そうあらためて実感した。

母乳育児が政権によって変化?

エジンバラ大学の医療人類学での『癒しと健康』という名の一学期の必須科目では、母乳育児がいかに、時代の政権によって、変化を受けるものかについてディベートをした。

私は英語がまだ上手く話せないので、ひたすら聞き手に徹するだけだが、学生同士のやりとりはなかなか面白い。

さすがに女性軍は盛り上がり、テンポよく発言していても、男子学生は会陰切開という単語すら知らない人も多い。

しかし、戸惑いながらも、まっすぐな目線で質問し続けていた男子学生たちの多かったことが新鮮だ。

教授も、鋭い指摘にたじたじ

もうひとつの『健康と病理への社会学的アプローチ』のクラスでは、クラスメートのドイツ人の助産師さんや、スコットランド人の看護婦さんが、ものすごい迫力で授業をリードしていた。

教授ですら、彼女たちのお産に関する鋭い指摘にはたじたじだ。

私は内心、「もっと語ってくれ〜!!!」と助産師や看護師の彼女たちに向けて拍手喝采をしていた。

それにしても。。。

今年の1月には、スコットランドに住むことも、ましてや勉強を再開することも、夢のなかにも思わなかった。

それが12月には1学期の授業をすでに終えているだなんて、人生ってほんとうに不思議だらけだ。

知りたいことは、妊娠を通して見つかった

もちろん今の私は、駆け出しもいいところで、偉そうなことは何ひとつ言える立場ではない。

けれど、もしかすると、自分の知りたいことさえ分かれば、紆余曲折はあっても、道とは自然とつながっていくものなのかもしれない。

私の場合、知りたいことは、妊娠〜出産〜子育てを通して見つかった。

つまり、娘が教えてくれたようなものだ。

だからこそ、娘のためにも今学べることをしっかり学んでおきたいと思う。

この1年、本当にいろいろと考えさせられることが多かったけれど。。。

だって、日本を離れるのが辛かったから。

でも表向きには挫折のようで、実は未来への確かな一歩になってくれていたりと、見方によって目の前の出来事はいくらでも変容する。

一見華やかな出来事が、虚しく感じられることもあったり。

そして、

それらすべてのことには意味があったのだ

そう、やっぱり私には思えてくる。

さあ!

肩の力を抜いて、

大きく深呼吸して、

これからも自分を信じてゆったりマイペースで進もうっっと。

♪メリークリスマス & ア・ハッピー・ニューイヤー♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に観ても面白いお産時のセックスについてYouTube動画アップしました〜!チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪