助産師さん、あなたは何者?

一昨日、バースドゥーラとしてお話をさせて頂いたのは、公開講座「患者学」、慶應義塾大学看護医療学部教授の加藤眞三先生が2014年に始められた講座です。今年からオンライン化されましたが、それまではリアルで信濃町の考養舎2階の講義室で行われていました。私もかれこれお話をさせて頂くのは4回目となり、なんとなくでも常連さんの心持ちです。聞いてくださる方々は素晴らしいパッションをお持ちの方々ばかりで、私のほうが新しい気づきや示唆を頂き、いつも深く恐縮してしまうばかりです。

ところで、私はおよそ17年前に自身の妊娠をきっかけに新聞のオンラインで家で助産師さんと産みたいという連載を妊娠中から産後にかけて書かせていただきました。そして15年ほど前にスコティッシュバースティーチャーズ協会認定のバースエドュケーターとなり、ほぼ同時期にバースドゥーラの資格もやはりスコットランドで取得して活動を始めています。

そこからロシア、アメリカ、イングランド、フランスと住み移り、今はフランス在住です。自分や夫の仕事の関係で20年以上ノマドのような生活を続け、これまでに8カ国に住んできましたが、バースドゥーラという肩書も、ようやく日本でも少しずつ知られてきているなぁと感じます。

(2020年夏に訪れた町田市としの助産院の素敵な院長さん)

日本初のドゥーラ団体、「ドゥーラシップジャパン」の理事としても、個人として「オーガズミックランドスケープ」の主宰者としても、これまで何千というバースストーリーに関わらせて頂きました。相談に乗ったり、不妊治療中の苦しみを和らげてさしあげたり、出産準備のメンタルコーチをしたり、瞑想セッションで関わったり、実際に分娩に携わったり(今はフランス語が話せないという理由でお産の付き添いは基本的によっぽどのことがない限りお引き受けしていません)、妊活中の方、癌治療、難病、身障者の方、子宮系のトラブルを抱えた女性へのサポートほか、出産への準備や産後の回復期や子育てを見守る存在として活動をしています。ここフランスにきて4年目になりますが、今では、加えてセクシャリティの講座をお願いされることも多くなってきました。

バースドーラには職域というか、活動の幅の限界はないと思っているので、大変!これはすべての女性にとって知っておくべきだ!と私自身が思えば、それについての気づきや発信をしたり、その方面ですでに活躍していらっしゃる方々を積極的に応援したりしています。

バースドゥーラという言葉を初めて耳にした方もいらっしゃるかと思いますので久しぶりにあらためまして、簡単に表してみましょう。「ドゥーラ」とは1970年代にアメリカの医療人類学者Dr. Dana Raphaelがこの言葉を母乳育児の分野で世界に紹介して以来、現在では妊娠期から産褥期、主に分娩時に、身体的、心理・社会的サポートを提供する人的リソースとして北米やヨーロッパを中心に再発見、認知されてきています。「ドゥーラ効果」と呼ばれるドゥーラを伴ったお産の利点を証明するたくさんの医学的根拠も世界中の研究でわかってきています。

説明、長いですよね。ぶっちゃけ一言で表すなら、ドゥーラとは、他の女性を援助する経験豊かな女性をいいます。経験豊かって、本当に様々な意味合いがあると思うんです。

例えばご実家が助産院で、幼い頃からたくさんのお産を身近に感じて育った女性が、ご自身は独身で出産体験はなくとも人を支えることが好きでドゥーラとして女性に寄り添っています!という方がいたり、

介護士さんや保育士さんのように弱者と呼ばれる存在をあたたかくサポートすることで社会に貢献してきた方が、その経験を生かしてドゥーラとして今度は女性支援にまわりたい、というケースがあってよいと思います。

特に、助産師さんは、ハッキリ言って、あらかじめドゥーラ的資質が全身から溢れ出ているようなタイプですから、自然とドゥーラに興味をもっていらっしゃることは多いです。

なぜなら、開業助産師さんならある程度の納得のいく仕事をこなせていても、勤務助産師さんとしてクリニックや病院などで歯車のひとつとして働く中で、システム化された周産期医療における助産の可能性の限界を感じてしまう、つまり、ご自分のオートノミーに限界を感じてバーンアウトしていく人が多いという話を耳にします。

そのお立場、置かれた状況、歴史を学べば学ぶほどに、本当によくわかるんですよね。今よりもう一歩解放されたポジションで女性をケアしたいからと助産師からドゥーラに転向されて女性に寄り添っていらっしゃる方も実際に2名知っています。

そのうちのお一人、イギリス人助産師Jさんは医療者の立場を捨て、非医療者になってからでなければ、産中の女性のありようをありのままに受け取って、辛抱強く見守るサポートができなかったと話しています。

(代表をさせて頂いているパリの妊娠・出産・子育てサポート)

そんなお話に触れると、Aさんがそこまで思い詰めて助産師免許を手放さざるを得なかった背景を想像して私は悲しい気持ちになります。ケアギバーとしてゆったりと女性の産む力を見守り、助産本来の妊産婦に寄り添う、待つお産、それがどんなに価値のあるものか、助産学を学んだ者であれば知識としては知っているはず。なのに、その知識を実践できない。これほど残酷なことがあるんでしょうか。

いいですか。「小さい頃から私は赤ちゃんが大好きで、、、」そんなあふれる思いから助産師を目指す方の多いのが、助産という職能です。でも、大学病院や大病院など施設で日々お産に携わる助産師さんが今の現場で課されているものは、医療のプロフェッショナルとして日々タスクがあまりに多いのです。責任もプレッシャーも作業も、そのすべてにおいて正確さ、緻密さが求められ、彼女たちの緊張は計り知れません。

しかも、かわいい赤ちゃんが大好きな女性たちですから、ご自身も幼いお子さんを抱えたお母さんであったりします。すると、職場での近況を強いられる勤務助産師としての時間と、オフの母親としての生活とのバランスがうまくとれず、心身の健康を損なってしまうことがあります。

妊産婦さんの心のケアや、ましてやケアギバーとしての自分自身の心のケアなんて存分にできない、といったお声を海外でもよく耳にします。助産師の方々が実は一番葛藤を抱えていらっしゃるんですよね。

私は助産師さんとのお産で目覚めて速攻でバースドーラになったような人間ですから、助産師さんのその深い葛藤が、まざまざと手に取るようにわかるし、複雑な心境がとっても理解できるんですね。

だからこそ、私に何かささやかなことでもできないかと思い、スコットランド・エジンバラと、イギリス・ロンドンでは、毎月自宅を開放して、地元の助産師さん方をねぎらう会やポジティブバースムーヴメント(PBM)などを開いていました。

引っ越しでまだダンボールが転がっていても、引っ越し前後は頻度は低くなってても、どこの国であっても、継続してそれだけは意識して続けてきたんです。

というか、続けようと思わなくても自然と振る舞っていたら、こうなっていた(笑)。

どの国に住むことになっても、地元の助産師さんと繋がり、どんな場所でも交流会を継続していた、という感じですね。

もし私が死んで残るのは家族と助産師さんへの愛だと思うくらい、助産ラブ❤️です。助産師さんラブではなくて、お産の助産的アプローチラブ、です。

だから、そのアプローチを心身ともにインストールされているはずの助産師さんには、本来発揮できるはずの助産という職能の奥行を思い出し、ご自身が何者であるかを本当の意味で知っていてほしいなぁといつも思ってきました。

そういう意味で、今のように若い助産師さんが開業する未来を描きにくい状況は本当に嘆かわしいと思っているんです。

だって、一番歴史ある職業ですよ。

女性に寄り添い、信じて、生理の範疇で起こるすべてのプロセスを見守ることのできる職業。

忍耐強く、頑固で、それでいて柳のようにしなやか人物像でしょうか。

地球の半分は女性ですよ〜。その女性たちには助産師さんの手が必要です。

学生時代に学ぶ医療者としての姿勢は、医師や看護師のそれとは本来、根本的に助産師は違うんです。助産師と看護師の見分けすらつかないなんて悲しすぎる。

女性たちみんなに、もっとその違いに気づいてほしい!って、微塵も変わらずに飽きもせずしつこくコレ15年間言い続けてます(笑)。

あれ、ブログ書いていたら患者学から大幅に脱線していましたね。長くなってしまうので、続きはまた次回に〜♪

不妊治療にかかる時間

女性が惚れる産婦人科医、早乙女智子先生と、LoveドゥーラAkikoの対談後編アップしました♪

2人の経験してきた印象に残る素敵なお産をYoutubeで語り合っています〜👩‍❤️‍💋‍👩

貴重なお話を伺えて幸せです!

<対談動画の内容>

・家族とドゥーラでお産を乗り越える! 

・分娩時間の長さ 短くて残念だった人と長くて幸せだった人の違い

・不妊治療期間や分娩時間とはワクワクドキドキのアトラクションの待ち時間!

・本当の安産とは その方にぴったりあった陣痛で進むもの! それを受け止めたら、どんなお産も安産♪

・赤ちゃんからの心遣いの
感じられる素敵な帝王切開♡

・〜畳でのお産〜 姑さん、妊婦さん、実母さんが川の字で寝てる?!

・Akikoのお産 、助産師とタイムトラベル、助産師との一体感

・早乙女智子先生のプラクティスにおける姿勢とその感覚。
「大きなお運び」について。
赤ちゃんの声を聞き取る♪

・不妊治療で頑張っている方
に寄り添う早乙女先生の在り方

・個人差のある授かるまでの時間とは?

と。。。
本当にいろいろなお話を今回
早乙女智子先生から伺ったのですが、

一番感動的だったのは、

不妊治療のお話でした。

妊活中は様々なスタイルがあるし、

本当にいろいろな不妊治療が存在します。

けれど、

その方には、

その方なりの時間が、必要なだけ

かかるのだ、と感じられると、

無駄なことは本当に一切なく、

どのステージも、

とてつもなく

貴重な、

愛おしい人生のprocessであると、
心の奥でわかります。

智子先生みたいなドクターがどんどん日本に増えていって欲しいな。

産科学&助産学の進歩とともに、
お産哲学もみんなで深めていける

そんな社会になったら嬉しい。。。

そのヴィジョンを信じて、
気持ち合わせをしている二人のYoutube動画ですのでクリックしてご覧くださいませ♪

presented by 乙女チャンネル−性科学の小部屋−
by産婦人科早乙女智子医師

動画撮影:Umiのいえ 齋藤麻紀子
動画編集:助産師さとゆか

ちなみに、この動画は全編で、

エロスについて
おしゃべりさせて頂いた動画

ですので併せてご視聴どうぞ♪


冷やかしでのご参加はお控え下さい。
世界中にすまう大和撫子たち、
たおやかな日本人女神たちと交流できます。


<メルマガ>

瞑想の音声ファイル プレゼント

もこの機会にお受け取りください。女性性をアップする
「きらめき瞑想」 の17分

メディテーション誘導用
のオリジナル音声ファイル。

ヒーリングセッション
やWS、オンラインスクールなどのお知らせもこちらからしています。


<動画再生リスト>

一枚の布で安産を引き寄せる工夫と心構え
産後の最強マインドセットはお産の振り返りから
海外で学んだ目からウロコの安産を導くアロマ術!
会陰の実験、その驚異の能力を引き出し高めるには
愛と絆とパートナーシップを高める「産後の振り返り」
性行痛や会陰裂傷対策のマッサージ!
https://youtu.be/jPkUnjkIZtk

パリのドゥーラと妊活サポート

産前・産中・産後に寄り添うバースドゥーラ
ノマドゥーラ ウェルネス主宰
木村 章鼓です。

7月2日(火)に筑波大学の茗荷谷キャンパスで13時よりドゥーラのお話をさせて頂くことになりました!ぜひお一人でも多くの方に御参加頂けたらと思います。

dsjイベント_講演とロールプレイ演習20190702

昨年個人セッションを受けて下さったGさんから、
つい先ごろ、とっても嬉しいお知らせが入りました。

「あきこさーんご報告です!昨日、血液検査で妊娠していることがわかりました。!この妊娠がお産まで継続しても、しなくても、確実に新しい一歩を踏み出せたことは確かです。あのタイミングで導いてもらったことに本当に心から感謝しています」

そのメールを目にした瞬間、
Gさんの笑顔がパッと浮かんで、私は思わず
「ヤッタねGさん!」とガッツポーズをしていました。

不妊治療と不妊治療の合間にできた自然妊娠なので、
御夫婦の喜びもひとしおです。

IMG_2207.JPG

【この季節になると、とにかく恋しくなるのが日本のお花見!
これは、モネの住んでいたジベルニ―のお庭で。
日本を想ってモネさんも描いていたのでしょう。】

「ひとりでも多くの方に知ってもらいたいので私の文章ぜひ使って下さい!」と御快諾を頂きシェアするのですが、Gさんの道のりは本当に長く苦しいものでした。

Gさんは、最後の流産によって不妊治療を決意され、
その後の数年間ひたすらに頑張ってきたところで私と出会って下さいました。

当時、国民健康保険で費用がカバーされる6回の不妊治療のうち、Gさん夫婦は5回を終えた後でした。その後は自費ですが、高額な医療費は払えないから、もし次回がダメだったら子どもは諦めなければならないという状況のGさんでした。

「とってもとっても辛い治療で、気持ちがめげてめげて。。。
でもラストチャンスにかけたい!最善の状態で臨みたい!と思ったんです」
とおっしゃるGさん。

口コミでノマドウーラ ウェルネス in Parisの存在を知り、コンタクトしてくださいました。

それはもう本当に飛びこみでした。
「あの時は藁をもすがる思いで、一日も
早く予約を入れてもらえるように必死でした」

と後日仰って下さる通り、私もGさんの勢いに根負けし年末に入って過密だったスケジュールをぬって週末をGさんのセッションにあてました。

IMG_2161

【これもジベルニ―の桜。5年前の出産直後、家の前の桜を目にしただけで、
森羅万象すべてが繋がっている」とはらはら泣いたことがまるで昨日のよう。】

1回目のセッション後、

「あきこさん昨日はありがとうございました!
期待以上にとっても充実した時間でした。
教わったことをしっかり実践していきます!」

と前向きだったGさん。一週間経って、

「エクササイズもその他の宿題もみんな続けています。
最初の数日はお股が筋肉痛になりましたけど、
教えていただいたことをすべて実践していたら、
前よりもずっと心が穏やかで、エネルギーに満ちた状態になっています!」

という、ドゥーラも感服の経過報告をしてきて下さいました。

2回目のセッション後は、

「あきこさん、ありがとうございます!とってもとっても良かったです。
いつも、頭では考えている夫との長い道のりを、あらためて声に出して言えたことは、
それだけでも深い意味がありました。

しかも、ずっと凄く嫌な夢見で辛かったのに、
今朝はとっても爽やかに起きることができました。
信じられないですが即日で効果が現れたんです!

見た夢の内容は忘れてしまったけれど、
いつもの悲しい夢じゃなかったことだけは確かなので
本当にすごい効果です、とても感謝です。

それにあきこさんと見えない糸で、というか、

全ての人や物や宇宙とつながっている感じがして
一人で生きているわけではないという安心感や心強さを感じました。
それを教えてくださり、導いてくださり有難うございます!」

というお言葉を頂きました。それまでは、死にたい。。。という絶望的な夢を繰り返し見ていたGさんでしたので、眠りの質が改善したことは本当に大きな変化だったようです。

IMG_2198【生命力はわたしたちの中にあらかじめ咲いている。
そのことをただ思い出すだけ。
ただ想いを寄せるだけ。ただ信じるだけ。。。】

そんなGさん。一言で表すなら、何でも一生懸命取り組む頑張り屋さんです。セッションの中で横たわって頂く過程があるのですが、私が「もしも眠くなったら一瞬だったら寝落ちしても大丈夫ですよ」とお伝えしても、私の言葉を一言も聴き逃すまいとノートを取らんばかりのGさん。

眼は閉じていても、瞼や顎に力が入ってしまい、どこか緊張した面持ちです。まぁ、どなたも最初はそうですよね。ただ誘導によって、ふわ~っとリラックスしますよね。Gさんはそのリラックス状態に入るまでの時間が長くかかったという感じです。

誰もがうらやむ一流企業にお勤めされていたのにフランス行きを決意され、国際結婚をされても細々とした悩みの多かったというGさん。

フランスでの仕事も一見、順調そうに見えても、ヨーロッパならではの寒さや、外国にいるというストレスが積もり積もっていくうちに、新しいいのちを育むための生命力は確実にそがれていったと言います。夫婦のすれ違いや、経済的な困難もGさん達に訪れ、「まるで出口のないような感覚」だったそう。

ココロとカラダの必要としているのが何なのかを分かっていても、言語化することなく、いや、そもそも意識化する余裕もないままに突っ走らざるをえない女性、Gさんに限らず、頑張っているキャリアウーマンの方々に本当に多いケースです。

自分に向き合う時間って、コミットして創出しないとなかなかつくれませんよね。

でもGさんは本当に凄かったんです。

御自身の心身の冷えにしっかり向き合い、こちらの提案する細かいことをすべて日々の生活の中で実践して下さったのです。その結果、初めてお逢いした次の排卵で見事に自然妊娠されたのです。

一体何をしたんですか???

と思われるのではないでしょうか。受けて下さる方には手とり足とりお伝えしていますが、基本的に3本立てになっています。

子宮の元気を取り戻すことに特化した複数のエクササイズとカウンセリング、そしてハンズオンヒーリング。大げさですが、三位一体だなぁと思います。

女性のボディー、マインド、スピリッツ。

これら3つが絶妙に良いバランスの時、一番妊娠力が高まります。

これまでの経験と勘で、お一人お一人の状態に合わせて微調整をしています。カスタマイズした内容なので受けた方は皆さん、
「すごく内容が濃かった!」、
「本当にたくさんのことが凝縮されているので驚きました!」
と、大切なお友達に勧めて下さり、
口コミでいらっしゃる方がほとんどです。

IMG_2214【こちらもモネの自宅の庭園で。息子が「みんなこんな風に頑張って咲いているんだね」と
花弁の開き具合を真剣に解説してくれた。
息子の両手にいのちのエネルギーが渦巻いているのを感じて、
なんだかすごい瞬間だなぁ、と感動。】

ヨーロッパ全土から、ロンドン、ハンガリー、イタリアなどからもわざわざ旅や仕事のついでにお越し下さる方もいらっしゃいます。

個人セッションですが、週に一枠だけしか設けていません。ええったったの一枠?と思われるかもしれませんが、そうなのです。

ビジネスマインドで考えたら、バリバリ入れることももちろんできるのかもしれません。

ですが、何度も書いてきたように、フランス語の話せない私は、イギリスやアメリカでバースドゥーラの経験があっても、この国でお産のサポートをさせて頂く語学レベルではありません。

気持ち的に社会貢献というスタンスで行っていますので、ギチギチに詰めるようなことは決してしていないのです。

私自身が、自分の中の「ああ生きている!」に向き合うだけの十分な気持ちの余裕があってこそ、自分以外の誰かの人生と真剣に向き合わせて頂けると思っています。

それに実は、セッションの長さの倍以上の時間をかけて、個人セッションのための見えない準備があるんです。

ビジネスで考えたらまったく非効率的なのですが、(友人から、そんな働き方現代に考えられない!と言われた)、この見えない準備、「仕込み」が、当日のワークのほとんどを誘導する原動力となりますので、私としては誰に何と言われても時短することはできません。

その「仕込み」とは、どんなものなのでしょうか?

それは、時間を決めて、想いを飛ばすこと♪です。
毎日、その方のためを想って、その方のパートナー、御両親に感謝します。別に「あなたのために感謝の気持ちを送っていました」なんて言いませんよ。

ただ、「在りよう」が、現実の世界に影響を与えることをはっきりと分かっています。その御方の中にあるあたたかい一点を私が信じて、想うと、自然と感謝の気持ちがこみあげてきて、その御方と私との繋がりができます。その繋がりが、セッションの間、非常に重要な役割を果たしてくれるのです。結果に結び付くのは、そういった、お相手を信じる私の中の揺るぎなさも関係しているのではないかな、と思います。

先週、パリの友人に誘われて、入江富美子さんの提唱される「へそ道」というリトリートに参加したのですが、私自身が行ってきた姿勢と重なり、心から感動しました。

日本を拠点に世界中で活動されていらっしゃいますので、お近くで開催される際にはぜひ参加されてみてください。

本当に、今というタイミングは、世界中が子宮で繋がる、おへそでつながるスピードが加速している激動の時代だなぁと思いました。

長々と書きましたが、まとまりのないつぶやきを最後までお読みくださりいつもありがとうございます。

この季節、パリは朝晩冷え込みますが、
温かな朝のお茶がことのほか美味しいです。
お風邪にはどうぞお気をつけて、この季節の移ろいを存分に味わって下さい。

木村章鼓

https://www.blog.crn.or.jp/lab/03/30.html