第13回子連れで院生になる?

お産は私にとって、広大無辺な宇宙の営みに自分を重ねて、最終的には宇宙そのものとひとつになっていくような、深く大きな体験だった。

その妊娠が分かってからの変容ぶりを間近で追って下さっていたお方がいる。

彼女の話を抜きにしては今の自分を語れない。

まさに天の引き合わせとしか言いようがない、私にとっては。

よしみさんとおっしゃるその素敵な女性は、私が妊娠する前に、まだ数々の仕事をかけもちしていた当時、私のイタリア語教室に来て下さっていた生徒さんのお一人であった。

ダンテの「神曲」を原書で読めるようになりたいんです。

そう彼女はご自身の目標を語った。

イタリア語教室と言っても、初心者向けで、「神曲」なんて私でさえ原文を理解し得ないだろう。

どうしよう、、、凄い生徒さんが来てしまった!

と思っていたが、よしみさんはとても朗らかで、私の稚拙な教え方にも嫌な顔一つ見せずに通って下さっていた。

彼女との時間を重ねていくうちに分かったのは、よしみさん自身が教員であり、3つの大学の英文学の非常勤講師として忙しく教えている、ということであった。

どおりで知性溢れる女性なわけだ。。。と私はすごく納得した。

その後、私がエジンバラに移動することに決まると、よしみさんは、ご自宅で私のために送別会を開いて下さった。

今思い出しても、涙が出るほどありがたい。。。

とても素敵なご自宅で、その広いリビングに椅子をたくさん並べて、よしみさんのお知り合いの方々もいらしていて、なんとも本格的なカレーの香りが漂っていた。

忘れもしないその席で、私はよしみさんから、

「エジンバラへいくなら大学院へ進めるじゃない。いい大学ですよ」

と言われたのだ。

よしみさんは本気ではなかったかもしれない。

励ますために軽い気持ちで言って下さったのかもしれない。

社会人で幼児を抱えて大学院へ行くことは考えていなかったので、私は一瞬どきっとした

が、

いや、待てよ。

と感じた。

なぜなら、例の直感がピロロロ〜とまた私の内側に鳴り響いたからだ。

ひょっとしていけるかも、その道!

と手応えを感じる。

なんとなくドキドキして、

心の底からワクワクしてきた。

早速、エジンバラ大学について調べてみると、当時はまだ出来立ての学部・学科であったが、医療人類学(Medical Anthropology)と呼ばれるものが目にとまった。

その後に正式名称はHealingand Illness (癒しと病理)というサブネームが付けられた進化中の学科だったが、さらに内容を確認してみたら!

パブリックヘルスや、助産の人類学、生殖医療の倫理観、死に寄り添う人類学、などと、まさに自分が勉強したいものばかりではないか!

でも、大学時代の成績表と、教授2名からの英語の推薦状が無いと願書を出せないというので、慌てて成績表を取り寄せ、教授にもお願いをする。

行動すると決めると、早い!

でも、私はひどい成績の学生だったので、どなたにお願いしようか、と悩んだ。

幸いにも、お一人目にお声をかけた佐々木研一教授が即座に快諾してくださり、長文のレターを書いて下さった。

成績が悪くても性格が真面目なので、今思うと、先生方も見守ってあげたいと思う生徒だったのかもしれない。

もう今振り返っても、あんなに短期間に私のために英文を作成してくださり、佐々木先生には本当に感謝の言葉しかない・・・

もうお一方は、なんと!よしみさんのご主人様が書いて下さった。

ご自宅での送別会で一度しかお会いしていないというのに、いろいろと相談に乗ってくださり、そういうことであるならば特別にと私の熱意を汲んで頂き、英文での推薦状を急いで用意して下さったのである。

実は、このご主人様こそ!

死の人類学 (講談社学術文庫)などたくさんの本を書かれ紫綬褒章を叙勲されている

山下晋司先生であった。

彼こそ、東京大学大学院総合文化研究科名誉教授であり日本を代表する文化人類学者だったのだ。

なんという巡り合わせ。

人生とは、予想外の連続である。

イタリア語の生徒さんであったよしみさんのご主人様の丁寧な推薦状と、母校の先生の「自信を持ってこの生徒を勧めます」と盛り盛りのて〜んこ盛りにして書いて下さった推薦状(英文だけ読むと私でなく別人のよう笑)を受け取ると、成績表と合わせ、大急ぎで郵便局からエジンバラ大学の大学院へ送った。

娘には、受かってから言おうと思っていた。

でも、書類を提出すると気が緩んで、結果がどうであってもいいよいいよ。

渡英まえに出来るだけのことはしたんだから。

と思い、娘にも「おかあさんね、おべんきょうしたいことがあるの」

と伝えた。

すると「おかーさんがんばって〜」

と笑顔で言われただけだったが、その一言が凄くパワフルで、なんだかとっても元気がでてきた。

しかし、、、試練は待っていた。

→次号に続く

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても、

一枚布、rebozoは面白いです↓YouTube動画アップしました〜

チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです。

第1回スコットランドに到着:デイドリームでタイムトラベル

大きなスーツケースを抱えてエジンバラのホテルに到着した午後は、

雪が降っていた。

ひょ〜寒い。。。

2006年4月、ローカルニュースによると、今年の寒さは特別だそう。

地元の人々は「妙な天気だ」と口を揃えている。

4月になるというのに、ここスコットランドでは

今日も雪がちらついている。

それは“雪”というより、

あれっ?

と手をかざした次の瞬間に、

雹に変わり、ほんの数分のうちに

たちまち雨となり、

気がつくと再び雪に戻っているという、

私にとっては体験したことのない不思議な現象である。

エジンバラの第一印象は、とにかく寒く、コロコロと移り気な空を抱えた街となった。

5分も外で遊んでいると、たちまち氷のように冷たくなっていく娘の耳。

その豆粒のような耳たぶをつまみながら、「この耳をすっぽり包んでくれる毛糸の帽子は一体どこで見つかるだろう。。。」と思っていると、弱気モードに入ってしまい

『ああ。。。お花見をすんでのところで逃したのはそれにしても惜しかった』

と不意に日本が恋しくなる。

まだ東京を離れてひと月もたっていないというのに、困ったものである。

ねぇ、おかあさん

2歳になる娘が、突然、

「ねぇおかあさん。こーたくんとぜんくんはどこ?」と運転中の私に向かってたずねてきた。

日本と同じ左側通行とはいえ、ハンドルさばきもおぼつかず、それでもなんとか

「どこにいるかねえ」などと私がとぼけた受け答えをしていると、

「どこにもいないよぉーだっ」と返してきた。

2歳とはいえ、娘もよく解っているのだ。

すでに日本から遠く離れた土地に私たちがやってきているということを。

片言の日本語を話しはじめたばかりの娘は、今、英語が解らずにフラストレーションを抱えているようだが、私よりもずっと英語が堪能になるのだろうなあ。。。

ちなみに↑こんな素敵なフラットが見つかった。

このアパートは壁の漆喰飾りがとんでもなく由緒正しくて、およそ220年前にこの漆喰飾りを手掛けた二人のイタリア人職人たちの名前が記録に残っている。



愚図る娘を一日中ベビースリングに入れて不動産めぐりをした甲斐があった。

ドゥーラ活動でも子育てサロンとして自宅を毎月解放できそうなとても広いリビングのフラットが見つかったのだから本当に嬉しい。

白い天井にはぐるりと漆喰の飾りがしつらわれ世界遺産に制定された別名「ミリオネアストリート」と呼ばれる道。

ミリオネアって。。。一体。。。

我が家はふつ〜のサラリーマン家庭。

たまたま住む場所についているニックネームがミリオネアストリートだからといって誤解しないで!

と声を高くして言いたいっ。

もちろん、かつては本当に大金持ちや貴族たちが住んでいたらしい。

当時は一つの番地をひと家族が所有していたようだ。

今はそれがフロアごとに区切られ4等分されている。

ミリオネアと言われる理由は、目の前には広大なプライベートガーデンがあり、この周辺の住人だけ鍵を渡され、いつでも自由に使えるようになっているのだ。

子連れには、本当にありがたい。

だが、

このプライベートガーデンの鍵は、

特権階級が力を持っていた時代(今も実際そうだけど)の名残だと揶揄して、人々の反感を買うこともあるらしい。

いまだにエジンバラのど真ん中の一等地を鍵で囲って!と。

もっとエジンバラ市民全体のために開放してほしい!

そんな声が上がっていると不動産屋が話していた。

住んでみて分かったことは、公園の高い管理料は全て家賃の一部でまかなわれているということ。

私たちが住んでいる4年近くもの間、毎日のように庭師が手入れをしていたし、

何より、大樹が見事で、生き生きとしていて、静かに過ごしたい住人たちは喜んでこの庭を大切に利用していたということだ。

もし、このプライベートガーデンが一般公開されていたら…

犬のフンやゴミが転がり、もっとせわしない空間であったろう。

私個人は忙しい子連れママで、詩作活動などする余裕もなく、小説家でもなく、静かに何かを公園ですることもないから市民に開放したって全然いいと思う。

でも、同じ道には「宝島」のロバート・ルイス・スティーブンソンや、マクスウェル方程式のマクスウェル(アインシュタインの相対性理論を生み出す時にアインシュタインが一番参考にしたと言われている)も住んでいた。

なので、このHeriot rowという道が通ってきた過去を振り返るとき、コミュニティーでのアート制作、詩作活動、情報交換において、やはりそこにはプライベートガーデンの存在意義はあったのだろうと想像する。

そして、今も、創作活動にふける人々がこのプライベートガーデンを使っているかもしれないのだ。

脱線したが、我が家はミリオネアではない!

今でこそ、ワンフロアに1世帯で合計4世態が住んでいるが、この道のフラットは昔は、先ほども書いた通り、地下から4階までをひと家族が所有していて屋根裏にはメイドさんが住んでいた。

この家の場合、空間の真ん中に階段があり、最上階(4階)に美しい天窓が備えてあった。

どれだけたくさんの人々が220年間もの間、この手すりに手を添えながら上り下りしたことだろう。。。

過去を想像すると、頭がクラクラしてきて一人デイドリームに浸ってしまう。

古〜い家に、

モダ〜ンに住めるって、

本当に一番の贅沢に思える。

私のようにバリバリのスピ系だと、瞑想したり、インナービジョンで直感が冴えまくりの生活が待っていそう。

息をしているだけで毎日がタイムスリップの連続になりそうでワクワクしている。

ただ一点だけ、

オールドスタイルの手すりの高さが低いことは、子連れにとっては少しだけ気がかりだ。

まぁ私たちは2階だし、よくよく言い聞かせて住めば問題ないだろう。

それにしても、この2週間ほどであまりにたくさんの物件を見たので、首から肩にかけてがまるで鉛のようにカチカチだ。

毎晩、借り住まいのホテルであたたかいお風呂にしっかりと浸かり、寝る前にはテルミー灸(温灸)を使って娘の全身と自分の首まわりだけはほぐすようにしている。

とるものもとりあえずやってきたスコットランドでの仮住まい。

ようやく見つけたこのHeriot rowの物件はモダン仕様にリフォームをしていたのだが、バスルームやカーペットなど最終的な工事が終わるのを待って、ようやく仮住まいのホテルから抜け出す時がきた。

思えば、小さな子供を抱えてひと月近くもホテル住まいだったことになる。

毎朝のブレックファーストタイムにお世話になっていたスタッフも多く、ホテルの方々との別れは本当に名残惜しかった。。。

私は毎朝のようにオーツポリッジ(麦の粥)の上にハドック(真鱈)の燻製と半熟卵が乗ったものをオーダーしていた。

そこには必ず醤油を垂らしていた。

だって、醤油との相性が良すぎる!

日本を離れる前にいろいろあったが、

まかれた種は、まかれた場所で花を咲かせよう!

と肚をくくって、

様々なものを後に残してやってきたスコットランドだったが、この麦粥があれば何とかここでも生きていける!と思った。

しつこいくらい毎朝同じものをオーダーしていたので2週間もすると何も言わなくても笑顔のスタッフはオーツポリッジを運んできてくれた。

かわいいかわいいと娘を可愛がってくださる。

街でもみんなが娘を『ゴージャス!』と愛でてくれる。

スコティッシュの皆さん超優しいなあ。。。

想像以上にみんながオープンで、私はしみじみ…

曇り空で寒くても、ハートはホッコホコになっているよ〜と

天に感謝した。


ふ〜ふ〜とスプーンの先で冷ましながら娘と二人で口に運んだ鱈の燻製と半熟卵のオーツポリッジの味を、必ずいつか心から懐かしく思い出すんだろうね。

優しいスタッフに見送られるようにチェックアウトした朝、振り返った。

みんながよく知っているチェーン店のホテルだが、正面玄関ではお世話になったホテルマンと娘がよく懐いてた女性スタッフが娘にいつまでも手を振ってくれていた。

みんなありがとう、本当にありがとう、ありがとう!

まだ仮住まいなのに、すでにこの国に来て良かった〜と感動。。。

大好きスコットランド!!!!!

さあ、次は引越しだ〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2006年の復刻ブログです。お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/