第23回 卒業が再スタート

ブログが飛び飛びで申し訳ないけれど、
おかげさまで
修士論文が通って、
こんな私でも卒業式に出られた〜(涙)。

過去の成績が悪くても、

めげずに、

諦めずに、

チャンスを無理矢理自分からつかみ取りにいって、

嬉々として勉強したのは。。。

自分のお産の体験を通して目覚めた、医療文化人類学の世界だった。

大切な日となった、卒業式

卒業式

卒業式の朝は気温が前日よりぐっと低く、小雨が降っていた。

学生証と引き換えに貸し出されるダウンがとても地厚だから、少し肌寒いくらいがありがたい。

進化論のダーウィンを記念して建てられた講堂へ。

マイクで私の名前が読み上げられ、立ち上がると、

娘が

‘おかあさあ~ん!!!’

と叫んだ。

思わず私も‘ハーイ!’と手を振ってしまった。

その瞬間を夫がパシャリ。

2008年がはじまり、ひと月余りが過ぎた今でも、クラスメートと握手やハグを交わしながら、人生にまたひとつ大切な日が加わった喜びを噛み締めている。

‘ここはあくまで私のスタート地点’と式後に気持ちが引き締まった。

学位をとったからといって動かなければ何〜んにも変わらない。

今この瞬間も、自分らしいペース、あり方で産みたかったのに、それが周囲の理解や状況などで不納得感を感じている女性たちがいるかも知れないことを思うと。。。

今の私に何ができるだろう、、、と気持ちがはやる。

南チロル

卒業式後、北イタリアのフォルガリアへスキーに行きました。“白雪姫”という名前のお食事がとても美味しいゲレンデ前の山小屋風のお宿に宿泊させて頂きました。温暖化の影響で、南チロル地方も以前より雪が積もらなくなったそうです

産みゆく女性と赤ちゃんのために

産みゆく女性たちのために、そしてこの地球に生まれてくる赤ちゃんのために、その後の女性の心のカラダのために、どう具体的に動けばエンパワーメントにつながるのだろう。。。

日本の産科医療の抱える厳しい現実を受けとめつつ、医療人類学で学んだことをこの先どのように社会にお返ししていくのか、今も考え続けているところだ。

ティータイムを通して、こころのひもをほどく

一方、ここエジンバラで‘らくだのおやこ’というネーミングのお母さん向けサロンをはじめて1年以上が経った。

子連れでも個人宅であれば気負いなく通える。

ゆったりとしたティータイムを通して、外国暮らしでなにかと負担の大きいお母さんに、少しでもこころのひもをほどいてもらいたい。。。

そんな想いで月に2回自宅を解放して続けてきた。

我が家はアイランド式の大きなキッチンがあったので、ほとんどず〜っとキッチンが会場だった(笑)。

誰もソファーに座らない(笑)。

みんなフローリングの床に座ったり、目の前のプライベートガーデンで思いっきり遊ばせたり。。。

室内では、一緒にミツロウや紙粘土を練ったりと簡単な工作や絵本を読み聞かせ、ヴィーガンケーキ作りやお餅づくり、折り紙、紙芝居、寿司作りばかりではなく、お母さんの未来を共にマッピングしていくセッションや、クリスタルを使ったセラピーも。

貝殻セラピストでもあるハープ奏者のミオさんの演奏を聴いたり、時には彼女と組んで詩の朗読もしてきた。

もちろん、ナチュラルバースをみんなに伝えたかった。

自宅の子育てサロンで開催しても良かったのだが、そちらは、子育てサロンとは別に、もっと専門的に内容を掘り下げて、BRC(エジンバラのバース・リソース・センター、現在のPPC)にて、不定期に開催している。

‘産前・産後のこころを癒す、からだに聴く’というタイトルで、これまで学んできたことと、AIMS(お産における医療消費者センターのような組織)の創始者の一人でもありBRCの総責任者であったエドワーズ博士から、じきじきに教わっていることをベースに、異国で産みゆく日本人女性に知っておいてもらいたいこと、用意しておくといいことなどを、毎回ぎゅっと凝縮してお届けしているものだ。

クラスできちんと伝えるには事前の勉強が必須で、自分にとってもためになっている。

テーマは「こころを癒す、からだに聴く」

夜のエジンバラ

夜のエジンバラ。坂道を下っていると、タイムスリップしたような、

懐かしいような、とても不思議な気分になります

集まって、ひとつのことをシェアいていく自空間が必要

それにしてもあらためて思うのは、ネット上のヴァーチャルなつながりだけでなく、産みゆく女性たちが集まり、笑い、声のトーンをお互いに聞き分けながら、何かひとつのことをシェアしていく時空間は、とても大切だなぁということだ。

エジンバラ版、わいわいがやがや井戸端会議みたいなものをこれからもみんなと一緒に創っていけたらうれしいなあ。

アップル・トフィー

大学院のクラスメート、ケイトさん(ニュージランド)が、モスコバド糖を使いこうばしい香りのりんご飴‘アップル・トフィー’をつくってくれました♪ 

安産には、こころとからだの準備が必要

さて、ドゥーラ(産婦とその家族を支援する女性。イギリスで資格を取得しました)としても一歩一歩経験を積んでいるところだ。

現地の助産師さんとともに実際の出産に立ち会うことが少しずつ増え、ますますお産とは未知のもの、奥深いものだと痛感するようになった。

からだの準備だけでなく、こころの準備が安産には何よりも大切になってくる。

精神と肉体、その両方がバランスよくゆるむ方向へ導かれていくような妊娠期の過ごし方こそが、いいお産への鍵となるのだ。

ドゥーラという存在

シュタイナースクールの学園祭

シュタイナースクールの学園祭でも、手づくりのりんご飴を発見!

こちらもとてもナチュラルな味で美味しかったです。

そのなかで、ドゥーラという存在には、産む本人にあった産み方探しと、実践的なエクササイズや暮らし方そのものをご本人が自分の力で見つけていくお手伝いをする役目がある。

さらには、相手と上下関係をつくらず、直接の出産、産後までをも見守る‘ちょっと頼れるとなりのおばちゃん’的役割もある。

このようなドゥーラの存在によって、帝王切開率が低下したり、産後うつにかかりにくくなる。

そういったデータを総称して、「Doula Effects」、ドゥーラ効果という。

次回は、私のメンター、ニコラのことを書こう。


続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓今住んでいるフランスからYouTube動画アップしました〜!お産とセックスについてお伝えしました❤️チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪

第19回 助産師さんもっといけー!

幼い子どもを連れてやってきたスコットランド。

思いもかけず、大学院生となり真剣に学問する学生たちに混じり、しのいでいる。

ジャパニーズ・ママ院生、気合を入れるために髪を思いっきりショートカットにした。

情けないほど自分にかける時間がない。

髪を洗う時間が惜しいからだ。

今は子育てと学ぶことに必死~

でも、1学期を終えてみて驚いたのは、昔大学で勉強したことが何一つ無駄ではなかったということだ。

医療人類学といっても、社会学、人類学も学ばなければならないので、当然マルクスのおさらいもするし、哲学にも触れる。

再びニーチェやフロイトを読むことになる。

理論の授業でミルチャ・エリアーデまで出てきたときは、本当にびっくりした。

宗教学者エリアーデの神秘哲学というか、「一瞬の中の永劫」という時間への捉え方の当時としての不思議さを思って、学生時代に面白く読んだのだ。

なーんだ、人生みーんな意味があるんだ。

そうあらためて実感した。

母乳育児が政権によって変化?

エジンバラ大学の医療人類学での『癒しと健康』という名の一学期の必須科目では、母乳育児がいかに、時代の政権によって、変化を受けるものかについてディベートをした。

私は英語がまだ上手く話せないので、ひたすら聞き手に徹するだけだが、学生同士のやりとりはなかなか面白い。

さすがに女性軍は盛り上がり、テンポよく発言していても、男子学生は会陰切開という単語すら知らない人も多い。

しかし、戸惑いながらも、まっすぐな目線で質問し続けていた男子学生たちの多かったことが新鮮だ。

教授も、鋭い指摘にたじたじ

もうひとつの『健康と病理への社会学的アプローチ』のクラスでは、クラスメートのドイツ人の助産師さんや、スコットランド人の看護婦さんが、ものすごい迫力で授業をリードしていた。

教授ですら、彼女たちのお産に関する鋭い指摘にはたじたじだ。

私は内心、「もっと語ってくれ〜!!!」と助産師や看護師の彼女たちに向けて拍手喝采をしていた。

それにしても。。。

今年の1月には、スコットランドに住むことも、ましてや勉強を再開することも、夢のなかにも思わなかった。

それが12月には1学期の授業をすでに終えているだなんて、人生ってほんとうに不思議だらけだ。

知りたいことは、妊娠を通して見つかった

もちろん今の私は、駆け出しもいいところで、偉そうなことは何ひとつ言える立場ではない。

けれど、もしかすると、自分の知りたいことさえ分かれば、紆余曲折はあっても、道とは自然とつながっていくものなのかもしれない。

私の場合、知りたいことは、妊娠〜出産〜子育てを通して見つかった。

つまり、娘が教えてくれたようなものだ。

だからこそ、娘のためにも今学べることをしっかり学んでおきたいと思う。

この1年、本当にいろいろと考えさせられることが多かったけれど。。。

だって、日本を離れるのが辛かったから。

でも表向きには挫折のようで、実は未来への確かな一歩になってくれていたりと、見方によって目の前の出来事はいくらでも変容する。

一見華やかな出来事が、虚しく感じられることもあったり。

そして、

それらすべてのことには意味があったのだ

そう、やっぱり私には思えてくる。

さあ!

肩の力を抜いて、

大きく深呼吸して、

これからも自分を信じてゆったりマイペースで進もうっっと。

♪メリークリスマス & ア・ハッピー・ニューイヤー♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に観ても面白いお産時のセックスについてYouTube動画アップしました〜!チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪

第13回子連れで院生になる?

お産は私にとって、広大無辺な宇宙の営みに自分を重ねて、最終的には宇宙そのものとひとつになっていくような、深く大きな体験だった。

その妊娠が分かってからの変容ぶりを間近で追って下さっていたお方がいる。

彼女の話を抜きにしては今の自分を語れない。

まさに天の引き合わせとしか言いようがない、私にとっては。

よしみさんとおっしゃるその素敵な女性は、私が妊娠する前に、まだ数々の仕事をかけもちしていた当時、私のイタリア語教室に来て下さっていた生徒さんのお一人であった。

ダンテの「神曲」を原書で読めるようになりたいんです。

そう彼女はご自身の目標を語った。

イタリア語教室と言っても、初心者向けで、「神曲」なんて私でさえ原文を理解し得ないだろう。

どうしよう、、、凄い生徒さんが来てしまった!

と思っていたが、よしみさんはとても朗らかで、私の稚拙な教え方にも嫌な顔一つ見せずに通って下さっていた。

彼女との時間を重ねていくうちに分かったのは、よしみさん自身が教員であり、3つの大学の英文学の非常勤講師として忙しく教えている、ということであった。

どおりで知性溢れる女性なわけだ。。。と私はすごく納得した。

その後、私がエジンバラに移動することに決まると、よしみさんは、ご自宅で私のために送別会を開いて下さった。

今思い出しても、涙が出るほどありがたい。。。

とても素敵なご自宅で、その広いリビングに椅子をたくさん並べて、よしみさんのお知り合いの方々もいらしていて、なんとも本格的なカレーの香りが漂っていた。

忘れもしないその席で、私はよしみさんから、

「エジンバラへいくなら大学院へ進めるじゃない。いい大学ですよ」

と言われたのだ。

よしみさんは本気ではなかったかもしれない。

励ますために軽い気持ちで言って下さったのかもしれない。

社会人で幼児を抱えて大学院へ行くことは考えていなかったので、私は一瞬どきっとした

が、

いや、待てよ。

と感じた。

なぜなら、例の直感がピロロロ〜とまた私の内側に鳴り響いたからだ。

ひょっとしていけるかも、その道!

と手応えを感じる。

なんとなくドキドキして、

心の底からワクワクしてきた。

早速、エジンバラ大学について調べてみると、当時はまだ出来立ての学部・学科であったが、医療人類学(Medical Anthropology)と呼ばれるものが目にとまった。

その後に正式名称はHealingand Illness (癒しと病理)というサブネームが付けられた進化中の学科だったが、さらに内容を確認してみたら!

パブリックヘルスや、助産の人類学、生殖医療の倫理観、死に寄り添う人類学、などと、まさに自分が勉強したいものばかりではないか!

でも、大学時代の成績表と、教授2名からの英語の推薦状が無いと願書を出せないというので、慌てて成績表を取り寄せ、教授にもお願いをする。

行動すると決めると、早い!

でも、私はひどい成績の学生だったので、どなたにお願いしようか、と悩んだ。

幸いにも、お一人目にお声をかけた佐々木研一教授が即座に快諾してくださり、長文のレターを書いて下さった。

成績が悪くても性格が真面目なので、今思うと、先生方も見守ってあげたいと思う生徒だったのかもしれない。

もう今振り返っても、あんなに短期間に私のために英文を作成してくださり、佐々木先生には本当に感謝の言葉しかない・・・

もうお一方は、なんと!よしみさんのご主人様が書いて下さった。

ご自宅での送別会で一度しかお会いしていないというのに、いろいろと相談に乗ってくださり、そういうことであるならば特別にと私の熱意を汲んで頂き、英文での推薦状を急いで用意して下さったのである。

実は、このご主人様こそ!

死の人類学 (講談社学術文庫)などたくさんの本を書かれ紫綬褒章を叙勲されている

山下晋司先生であった。

彼こそ、東京大学大学院総合文化研究科名誉教授であり日本を代表する文化人類学者だったのだ。

なんという巡り合わせ。

人生とは、予想外の連続である。

イタリア語の生徒さんであったよしみさんのご主人様の丁寧な推薦状と、母校の先生の「自信を持ってこの生徒を勧めます」と盛り盛りのて〜んこ盛りにして書いて下さった推薦状(英文だけ読むと私でなく別人のよう笑)を受け取ると、成績表と合わせ、大急ぎで郵便局からエジンバラ大学の大学院へ送った。

娘には、受かってから言おうと思っていた。

でも、書類を提出すると気が緩んで、結果がどうであってもいいよいいよ。

渡英まえに出来るだけのことはしたんだから。

と思い、娘にも「おかあさんね、おべんきょうしたいことがあるの」

と伝えた。

すると「おかーさんがんばって〜」

と笑顔で言われただけだったが、その一言が凄くパワフルで、なんだかとっても元気がでてきた。

しかし、、、試練は待っていた。

→次号に続く

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても、

一枚布、rebozoは面白いです↓YouTube動画アップしました〜

チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです。