白樺と子宮と職人の手


白樺の皮で作られた入れ物を

少しずつ集めていた季節があった。

白樺。。。バーチ

とても硬い皮で、加工するのはとても大変だと聞く。


その価値を知っていたから、ひとつを買うのにじっくり悩み、何度も店まで見に行って、モティーフの意味や、型押しの絵のストーリーを聞いたり調べて、感じて、本当に大切にしたいものを1個ずつ手に入れていった。

だから、5つ。

私がロシアに住んでいた頃の大切な思い出…

このロシア製の入れ物には、パンを入れたりしたという。白樺は殺菌効果があるという理由で。

私はこの10年、手糸玉やリボンなどを入れている。

浄化の容器。

聖なる木肌。

今日、ひさしぶりに磨いたら、光沢が増して美しい…

本当に手仕事は凄いよ。。。

時間を経て、輝き始める。

参るよ。

ところで。。。

こじつけに聞こえるかもしれないけれど、

急に連想ゲームで思い浮かべたことがある。



お産する時の私たちのカラダは

普段はオフなだけで、DNAに刻まれた産む力が、陣痛発来とともに作動して、うまくカラダの使いこなし方を誘導してくれる。

何にも考えなくても、呼吸に合わせて波乗りさせて頂ける。

宇宙の采配に。。。ただノリさせて頂ける、その波に。

なんか壮大なスケールになっちゃうけど、

それってこの世界で、カラダとともに女性がめんめんとこなしてきた
手仕事だと思うんだ。

子宮という聖なる空間。

清らかな処に、命が宿る…

そこには、古今東西、女性をケアする職人みたいな女性の手仕事がいつもあった。

取り上げばあば、とか、お産婆さん

助産婦さんとか、助産師さん。

名前は違っても、女性をケアする女性の

姿が、産む人を輝かせてきたんだな。。。

なんか、今日はそんなことを考えながら

白樺細工の木肌を少しさすっては癒されていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

#LOVEドゥーラAkiko #木村章鼓

お読みくださり有難うございます。以下の動画は、国連に勤めるバリバリのキャリアウーマン、ふみさんがご自身の助産師➕ドゥーラ とのお産を振り返ります♪

もしよかったらチャンネル登録をされてご視聴くださいっ↓

水の性、第4の相

さみだれの6月ですね。日本も雨で寒かったりする地域もあるようです。

思い出します。。。日本の梅雨。

しとしと降る長雨。

もう20年近く体験できていませ〜ん(涙)。

「じめじめとして。。。」とか「つゆの時期は気が滅入る」なんて言う方がほとんどですが、私にとっては、しっとりとして風情があって、一年のうちで最も生命が艶かしく濡れている素敵な季節なんです。

肌がベトベトしながらも、光沢や潤いが増して、あのどこか冷えてベトベトした皮膚の感じが懐かしくてたまりません。

でもね、、、

それを言ったら、

どの季節の

どの天候の

どの瞬間の皮膚感覚も

本当に一期一会だなぁ。。。

ただただ感謝の気持ちが湧いてきます。

パリはひどく乾燥していて私のお肌、パリパリです〜(涙)

すみません、思いっきり滑りました(笑)。


さて、最近の私は2006年から10年近く書きためていたブログを自分のこちらのワードプレスのブログに移す作業に取り組もうかと思い腰をあげたところです。

以下の4本を柱にして、ちょこちょこ旅ストーリーも加えていきます。

ーエジンバラ編(上の写真のフラットから毎号書いていました)
ーサハリン編
ーヒューストン編
ーロンドン編

ただ、あまりにも膨大なので無理せずにボチボチということで、まずはエジンバラ編の第1回〜第32回をアップしました。アメブロにもほぼ同じものを載せています。

というのも、

どちらかが消えてしまったら、自分が死んだ後に子供たちが記録として読めるものが無くなってしまう〜と思ったんですコロナで。

だって。。。

あっという間ですよね、命は。

本当にはかなく、もろい。

強そうに見えるものが、実はもろかったりするんです。

私の大切なお友達が昨年死んだ時もそうでした。

大好きだった叔父さんも、

父も、みんなそうでした。

大切な人がこの世から消えていくたび、私の中にたくさんの沈殿物が溜まっていきます。

時間をかけて死の悼みが静まっていくように、

ゆっくりと堆積していくものがあるんです。

そして、心が掻き乱される時、彼らと交わした言葉や思い出のかけらが

その水底からふわりと浮遊してきて、水面でキラリと光ります。

私は、そのきらめきを灯台にして今日まで歩いてこられたと思います。

だから、

死んでくれていて、有り難う。

今日もそこここに偏在していてくれて、

有り難う。。。

と、あんなに辛かったはずのお別れにも

こんなにも深く感謝のできる自分になっていることに気づかされます。



水害もある季節ではありますが、台風に伴う集中豪雨やゲリラ豪雨とは違って、

さみだれとは、、、

私たちの中の女性性が

水の性(しょう)であることを思い出させてくれる大切な季節。

私たちの内側に、美しい泉がある。

古代から、ありとあらゆる書物にメタファーとして記されてきた女性という水の器、命の入れ物、ホーリーグレイル。

対する男性は火の性ですね。

男性の持っている火のエネルギーで、女性は自らのエネルギーを変容させていきます。

何にだってなれますよ。

気体、液体、個体、、、

そして今分かってきているのが、水の第4の相、結晶水の形態について。

その第4の相にはメモリーの転写能力があると言われています。

水は、全てを記憶できる、と(*詳細はサアラさんのご本で!)。

女性のカラダになぞらえると、その転写能力が備わっている部分は、泉の源泉を賛える子宮です。

人型を写し、新しい命をリプロダクトできるのですから。

アリゾナ州立大学でのラットを使った実験では、子宮を摘出した個体は記憶力が低下するという実際のデータ(どれだけしっかりとしたエビデンスがあるか私も原典は読んでいませんが、ナゾロジーでこんな記事になっていました)も。

これまでは子宮は胎児を大きくする空間、命を育てるための生殖器官としてのみ扱われがちでした。

でも、それ以外のとても大事な「記憶の器」という役割があることにスポットが当てられるようになってきているのですから、

貴重な研究の一つですよね。


水の惑星、地球。

母なる海をたたえた子宮という内なる海。

私たちにとって、とても、とても大切な水。

この時期に、ひと呼吸ごとに空気の中の水分を通して、

潤っている自分とつながりながらも、

同時に、

他の命(私と!)とも共鳴しあって、命がウルウル喜んで、ただただなんの思惑もなく、波動が触れ合って、美しい水紋を描くがままにしてみましょうよ。

あー本当だったら、あったかい子宮みたいなスペースで、みんなで瞑想したり、ふわりふわりと踊ったりしたい〜。

じゃじゃ馬コロナ姫のお出まし以前のように!


無邪気に抱きしめたい。

抱きしめられたい。。。ぎゅ〜っと。

でも、もうそれは叶わないけれど、でも、しっかりとプロテクトし合った状態で、6ー8名限定のプチワークショップなどで、今後も継続して皆様に提供していく予定です。

いよいよ私はあと10日で成田へ。フランスも、イギリスやアメリカと同じで、夏やすみは2ヶ月半!

しっかり14日間の東京の自宅での自粛期間を終えたら、7月3日以降は少しずつ状況を読みながら動いていく予定です。

まずはそれに先立ち、ZOOMで交流会できたらと思います。

【オーガズミック ランドスケープ 交流会】
6月13日(土)20:00−21:00
(パリ時間13:00ー14:00)
Free イベント

お申し込みは
▶️ こちら

皆様の中で、女性性の開花やセクシャリティに興味のある方は女子限定FB非公開グループ「オーガズミック ランドスケープ」へどうぞ。でも、真面目に性や性愛について語る場なので、どうか冷やかしでのご参加はお控え下さい。20年春に立ち上げ5月1日時点でメンバー数350名。世界中にすまう大和撫子たち、たおやかな日本人女神たちと交流できます!
 ↓

https://www.facebook.com/groups/658815731533943/


ということで、今日も長いブログをお読みくださり有り難うございます!
私の大好きな梅雨の季節にギリギリセーフで間に合いそうで、嬉しいです。

早く紫陽花とカタツムリを眺めた〜い!

LOVEドゥーラAkiko

YouTube登録もお待ちしています↓

↑画面右下の「Akiko」の手書きマークをクリックしてチャンネル登録♪

女性性の原風景

この写真、双眼鏡で撮りました。パリの煙突がいい感じに映り込んでる♪

私だけかしら?
5月に入り日照時間が長くなり、カラダが心地よく疼き始めていませんか?

初めまして!の方もたくさんいらっしゃるかもしれませんので久しぶりに自己紹介です。

個人セッションやワークショップを通じて女性にあらかじめ備わる女性性を大切に、妊活、妊娠、出産、産後、そして更年期の全ステージでハートで寄り添うLOVEドゥーラのAkikoです。

昨年からは膣ケアもお伝えしており、本当の意味で、妊活〜更年期までを
マインドフルに寄り添えるように私自身も成長してきています。

瞑想を大切にしながらも、様々なアプローチでケアしますが、特に英国在住中にイギリス人の先生から実践的なクリスタルの使い方を学び、メロディー式クリスタルのコースを受けました。

ですので、クリストロジーの知識をいかして産前セッションや実際のお産の立ち合い、産後のコーチングにも密かに(大胆に!)クリスタルパワーを使っているドゥーラです♪

これまではノマドゥーラ と名乗っていたのですが、どうしてもLOVEを入れたくて、Nomad(遊牧民)から、Love(愛)に呼び名をシフトさせました。

なぜなら。。。

絶えずオアシスを求め移動している「ノマド」的な在り方から(カラダは
これからも移動し続けながらも)、

ハートは「自分を愛する」という究極のランドスケープに自分をピン留めし、

「喜」と「快」の状態に定住し続ける今の自分の在り方をそのまま表したい
と感じたからです。

みなさまは、『オーガズミックランドスケープ』って、目にしたら、どんなイメージが湧きますか?

↑自分にとって分かりやすくイメージをコラージュしてみたら、上記の一枚が出来上がりましたので写真つけます。

何というか、
うまく言葉にできないけれど。。。
女性性の原風景みたいな要素をそれぞれの写真からもしも感じて頂けたら幸いです。

オーガズミックは「快」の境地。

そして、ランドスケープ(英語: landscape)は、日本語で言うところの「風景」だったり、景観を構成する諸要素」だったりするそうです。

ある土地における社会的シンボルや空間とか、また、そのシンボル群や空間が作る場所や地域環境ともWikiには載っていました。

私の中では、建築家がランドスケープを考える時に、細部ももちろん大事だけれど、いろいろガチガチに頭を使うより最終的には全体のバランスを俯瞰して視るのと似た感覚なんですね。

きっとオーガズミック ランドスケープでなら、この小さな頭の中からポーンと飛び出してもっと広い体験ができる!

そんなワクワク感が絶えず潤っている
「地平」。。。

このコラージュに使った写真を説明すると、まずは左上の磐座(いわくら)。女性性の岩戸開きって、私の中ではこんな感じに岩の割れ目からすぅ〜と差し込む光が筋となって大地に染み込んでいく感じ。

すべての女性はきっと誰しも光を通す水の筒になっていける…というイメージ。

左下の写真みたく母なる巨木。これは、垂(しで)で身を清めた大樹の中に流れる見えない水に想いを込めて。。。

ぽくんぽくんと鼓動のように神木たちの中に流れる液体が地球の水として、永続的に廻り続けるイメージが、快い。

これって、別の言葉で表現すると慈悲の心かな。。。と感じる。

慈悲の心は、快(こころよ)い。

施(ほどこ)し、
癒し、
分かち合い、

そうやって自分のカタチを七変化させながら生かされていく愛の循環。

愛の旅。

その気の遠くなるような果てしない旅路で、命がそれぞれに影響しあって循環しながら、下の真ん中の写真みたく、自分という岩(磐座)さえも小さくまあるくなって、すべすべに磨かれていく…

そのプロセスですべてを
許して、
赦(ゆる)して、
聴(ゆる)して、

。。。そうやって、
語られたすべての言葉のその一切が語り尽くされた静寂の中でも飄飄(ひょうひょう)と水面に浮かぶ木の葉のように、

軽やかに波間に浮かび上がる、

何か。

それは何だろう?

命が過去も現在も未来もなく、ゆるゆると漂泊していく…

その先に在る、何か。

それを一緒に探していくのが、私にとっての生き甲斐とか、人生そのものなんだと思うのです。

こちらのブログ←も併せてお読みください。
実際のケアになります。

私が女性たちに日々捧げているセラピー(右下の写真)は、膣の感覚を呼び戻し、子宮の声を聴くことだけれど、きっと根源的には、その『何か母性の原風景みたいな地平』にご自身で至っていただくセレモニー。

ご自分の感覚と向き合う時間を提供させていただいているんだなぁと感じています。

いつも拙いブログをお読み下さり有り難うございます。

LOVEドゥーラAkiko
木村章鼓