第23回 卒業が再スタート

ブログが飛び飛びで申し訳ないけれど、
おかげさまで
修士論文が通って、
こんな私でも卒業式に出られた〜(涙)。

過去の成績が悪くても、

めげずに、

諦めずに、

チャンスを無理矢理自分からつかみ取りにいって、

嬉々として勉強したのは。。。

自分のお産の体験を通して目覚めた、医療文化人類学の世界だった。

大切な日となった、卒業式

卒業式

卒業式の朝は気温が前日よりぐっと低く、小雨が降っていた。

学生証と引き換えに貸し出されるダウンがとても地厚だから、少し肌寒いくらいがありがたい。

進化論のダーウィンを記念して建てられた講堂へ。

マイクで私の名前が読み上げられ、立ち上がると、

娘が

‘おかあさあ~ん!!!’

と叫んだ。

思わず私も‘ハーイ!’と手を振ってしまった。

その瞬間を夫がパシャリ。

2008年がはじまり、ひと月余りが過ぎた今でも、クラスメートと握手やハグを交わしながら、人生にまたひとつ大切な日が加わった喜びを噛み締めている。

‘ここはあくまで私のスタート地点’と式後に気持ちが引き締まった。

学位をとったからといって動かなければ何〜んにも変わらない。

今この瞬間も、自分らしいペース、あり方で産みたかったのに、それが周囲の理解や状況などで不納得感を感じている女性たちがいるかも知れないことを思うと。。。

今の私に何ができるだろう、、、と気持ちがはやる。

南チロル

卒業式後、北イタリアのフォルガリアへスキーに行きました。“白雪姫”という名前のお食事がとても美味しいゲレンデ前の山小屋風のお宿に宿泊させて頂きました。温暖化の影響で、南チロル地方も以前より雪が積もらなくなったそうです

産みゆく女性と赤ちゃんのために

産みゆく女性たちのために、そしてこの地球に生まれてくる赤ちゃんのために、その後の女性の心のカラダのために、どう具体的に動けばエンパワーメントにつながるのだろう。。。

日本の産科医療の抱える厳しい現実を受けとめつつ、医療人類学で学んだことをこの先どのように社会にお返ししていくのか、今も考え続けているところだ。

ティータイムを通して、こころのひもをほどく

一方、ここエジンバラで‘らくだのおやこ’というネーミングのお母さん向けサロンをはじめて1年以上が経った。

子連れでも個人宅であれば気負いなく通える。

ゆったりとしたティータイムを通して、外国暮らしでなにかと負担の大きいお母さんに、少しでもこころのひもをほどいてもらいたい。。。

そんな想いで月に2回自宅を解放して続けてきた。

我が家はアイランド式の大きなキッチンがあったので、ほとんどず〜っとキッチンが会場だった(笑)。

誰もソファーに座らない(笑)。

みんなフローリングの床に座ったり、目の前のプライベートガーデンで思いっきり遊ばせたり。。。

室内では、一緒にミツロウや紙粘土を練ったりと簡単な工作や絵本を読み聞かせ、ヴィーガンケーキ作りやお餅づくり、折り紙、紙芝居、寿司作りばかりではなく、お母さんの未来を共にマッピングしていくセッションや、クリスタルを使ったセラピーも。

貝殻セラピストでもあるハープ奏者のミオさんの演奏を聴いたり、時には彼女と組んで詩の朗読もしてきた。

もちろん、ナチュラルバースをみんなに伝えたかった。

自宅の子育てサロンで開催しても良かったのだが、そちらは、子育てサロンとは別に、もっと専門的に内容を掘り下げて、BRC(エジンバラのバース・リソース・センター、現在のPPC)にて、不定期に開催している。

‘産前・産後のこころを癒す、からだに聴く’というタイトルで、これまで学んできたことと、AIMS(お産における医療消費者センターのような組織)の創始者の一人でもありBRCの総責任者であったエドワーズ博士から、じきじきに教わっていることをベースに、異国で産みゆく日本人女性に知っておいてもらいたいこと、用意しておくといいことなどを、毎回ぎゅっと凝縮してお届けしているものだ。

クラスできちんと伝えるには事前の勉強が必須で、自分にとってもためになっている。

テーマは「こころを癒す、からだに聴く」

夜のエジンバラ

夜のエジンバラ。坂道を下っていると、タイムスリップしたような、

懐かしいような、とても不思議な気分になります

集まって、ひとつのことをシェアいていく自空間が必要

それにしてもあらためて思うのは、ネット上のヴァーチャルなつながりだけでなく、産みゆく女性たちが集まり、笑い、声のトーンをお互いに聞き分けながら、何かひとつのことをシェアしていく時空間は、とても大切だなぁということだ。

エジンバラ版、わいわいがやがや井戸端会議みたいなものをこれからもみんなと一緒に創っていけたらうれしいなあ。

アップル・トフィー

大学院のクラスメート、ケイトさん(ニュージランド)が、モスコバド糖を使いこうばしい香りのりんご飴‘アップル・トフィー’をつくってくれました♪ 

安産には、こころとからだの準備が必要

さて、ドゥーラ(産婦とその家族を支援する女性。イギリスで資格を取得しました)としても一歩一歩経験を積んでいるところだ。

現地の助産師さんとともに実際の出産に立ち会うことが少しずつ増え、ますますお産とは未知のもの、奥深いものだと痛感するようになった。

からだの準備だけでなく、こころの準備が安産には何よりも大切になってくる。

精神と肉体、その両方がバランスよくゆるむ方向へ導かれていくような妊娠期の過ごし方こそが、いいお産への鍵となるのだ。

ドゥーラという存在

シュタイナースクールの学園祭

シュタイナースクールの学園祭でも、手づくりのりんご飴を発見!

こちらもとてもナチュラルな味で美味しかったです。

そのなかで、ドゥーラという存在には、産む本人にあった産み方探しと、実践的なエクササイズや暮らし方そのものをご本人が自分の力で見つけていくお手伝いをする役目がある。

さらには、相手と上下関係をつくらず、直接の出産、産後までをも見守る‘ちょっと頼れるとなりのおばちゃん’的役割もある。

このようなドゥーラの存在によって、帝王切開率が低下したり、産後うつにかかりにくくなる。

そういったデータを総称して、「Doula Effects」、ドゥーラ効果という。

次回は、私のメンター、ニコラのことを書こう。


続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓今住んでいるフランスからYouTube動画アップしました〜!お産とセックスについてお伝えしました❤️チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪

第22回 卒論いきなり終わってるし

恐ろしいくらい時間がなくて、ずーっとブログを更新できないままに今日まで来てしまった・・・。

どんだけ開けるんかい。

髪の毛をショートカットにして洗髪時間を時短しても、

ありとあらゆる工夫をしても、

それでも時間が全然足りなかった〜!


そして、極度のストレスにより。。。うなじから顔面にかけて一面に水膨れのような帯状疱疹ができて、もう痒くて痒くて毎日泣きながら勉強した。

エジンバラ市内の鍼灸クリニックで処方してもらった煮出した漢方を飲みながら這うようにして通学した。

そんな中、論文のテーマは、

‘近代化による出産の医療化が生まれてくる赤ちゃんと産む女性にどのような影響を与えているのか’。

かたっ。

このかた〜い勉強をする過程は、今3歳の娘との親子の関係を育むことと同時進行だったのだから、もう手一杯で仕方がなかった。

でも、まあ振り返ってみれば相互に大きな影響を与え合ったようだ。

ロザリン・チャペル

週末によくピクニックに行くロザリン・チャペル。

ダヴィンチ・コードで一躍有名になりましたね!

ようやく卒論が終わったんだが。。。

どこまでまともな学位論文として仕上がったかは別として、

伝えたいメッセージだけはなんとか表現できたかなぁって感じです。

今回の論文のテーマは、冒頭にも書いた通り、

‘近代化による出産の医療化が生まれてくる赤ちゃんと産む女性にどのような影響を与えているのか’ について。

ミシェル・オダンのプライマル・ヘルスをバイブルとし、ドゥーラの資格を持つ者としては、出産とはまさに、産む女性にとっても、見守る側にとってもスピリチュアルな体験なので、そこをしっかり伝えていきたいと思って書いていた。

お産のサポート、大切なのは何?

お産においてもっとも大切なサポートのひとつは、産む本人が自分らしくいられる時空間を創る手助けをする、まわりの母性的な在りかたである。

そのような考えを裏づけるような論文が、助産学の進んでいるここUKには山ほどある。

ちょっとやそっとでは到底学びきれない、どこまでも深淵なお産の医療人類学であるが、この地で今回集中的に学べてほんとうにラッキーだった。

結果が出るのはまだ当分先のことになるが、とりあえず

終わった〜!!!!!!

おっぱいの香りがそそる?

気づくとこの一年(イギリスの修士課程は1年間)で、娘もあと半年で4歳になる。

時間のたつのはなんて早いものと思う。

気になるおっぱいは。。。

そろそろ卒業‘気味’だが、卒乳するにはまだほど遠い。

「もうご飯がいっぱい食べられるようになったから、おっぱい飲まなくても大丈夫じゃない?」と私が言うと、


「でも、お母さんのそばにいくと、おっぱいのいい匂いがするから飲みたくなっちゃうの。匂いがなくなればいいんじゃない?」

と私を見返す。

うう~ん唸ってしまう。

3歳半ともなると相手もかなり手ごわい。

おっぱいの香りがそそっているせいだって?

おっぱい、もうほとんど出ていないはずなんだけどなぁ。。。

ありがたかった、娘の伴走

ツタに覆われた家

ツタに覆われた家ってステキだなぁといつもうっとり。虫が入ってきて大変よ、そう友人は言いますが

でも、おっぱいの香りがそそる〜というのは、

しょうがないと思っている。

だって、私が大学院にいる間、娘はおちこぼれママと息をしっかり合わせてほんとうによく伴走してくれたので、おっぱいくらい好きなだけ飲ませてあげたいんだ。

大学図書館でお絵かきをしながら待っていてくれたり、提出が間に合わないのではとヒヤヒヤする私に、「おかあさん、勉強だいじょうぶだからね!」と来る日も来る日も励ましてくれた。

お天とう様が一日ほんの数時間しか照ることのないエジンバラの真冬にその声がけがどれほどありがたかったことか。

正直、入学時には、娘にここまで支えてもらうことになろうとは、夢にも思っていなかった。

子どもの‘こころの本能’の芽生え

娘の言葉や労わりの態度は、彼女がまだ‘ちいさい人’な分、痛いほどわたしのこころに沁みこんで、今はそこから新たな親子関係が芽生えつつある。

「おかあさんだいじょうぶだよ」

そんな風に、親に伝えたくなったり、隣りにいる人を励ましたい、という子どもの‘こころの本能’の芽生えに触れ、なんだか大発見しちゃった気分である。

このびっくり感覚こそが親子関係の転換期なのだろう。

親として一方的に世話を焼くばかりの時代から。。。

お互いに支えあえる新しいステージへと、今、刻々と突入しつつあるということでもある。

親って、大人って、いったい何?

昔の自転車

エジンバラ・フェスティバルの一環でパレードが。

バグパイプの楽団より、娘は昔の自転車に夢中!

このような日々の‘大発見’は、お産のような一大スペクタクルではなくても、今の私にとってお産と同じくらいにダイナミックな出来事だ。

育児は3年でひと区切りとは言うけれど、なるほど、こういうことだったのかー!と思う。

肩の力もいい具合に抜けてきている感じ。

でもって、人として、まわりを励ましたい、支えたい気持ちって、なにが起源で、どこからこんな風に自然にあふれんばかりにわきあがってくるのだろう?

親って、大人って、いったいなんなのだろう。。。?

どの子もひとりひとり、みんな神さまからのメッセンジャーで、自分自身で生まれてくる家庭や親を選んできてくれた。

このごろ今までに増してそう思う。

やっぱり大人は子どもたちが送るメッセージにひとつひとつ気づき、学ばせて頂くだけなのかも。

→続く

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓今住んでいるフランスからYouTube動画VLOGアップしました〜!チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです♪