第3回 窓枠でバーベル上げ

古い家には危険がいっぱいだ。

でも、エジンバラの美しい街並みがこうして昔のままに残されているのは、古いものへの審美眼が人々のなかに歴然とあるから。

家が、過去につながることのできるタイムトンネルだから・・・

驚くほど低い手すり、バーベルのように重たすぎる窓枠にも文句は言えない。

私たちは、4階建ての2階に住んでいる。

ひとフロアーに一世帯のつくりなので、この建物には、私たち以外に3家族しか住んでいない。

入居した日の夕方は、週末のせいか3家族とも留守だったので、翌朝、さっそく挨拶に行った。

この国には隣三軒両隣にご挨拶にいく習慣はないかもしれない。

でも、でもね。。。

自分がもしも外国人ファミリーを迎える立場になったら。。。

と何度も想像してみた。

そこでさんざん悩んだ挙句、1軒につき7ポンドくらいを目安に、粗品を考えた。

これくらいならば受け取る側も負担にならないかな〜と思い、日本人なのだから日本らしいもの、ならばタオル!!!とも考えた。

だが、この国では誰もが日常生活のなかでハーブの香りと親しんでいるので、ラベンダーや、カモミール、カレンデュラなどの石けんの詰め合わせ箱を‘入居のごあいさつ’として持参したところ。。。。

こちらがひくくらい大喜びをして頂けた。

『日本には、ご挨拶の習慣があって。。。』と私が伝えると、

そーかそーか(ニコニコ)、よく来たね、この番地に!

と3家族とも本当に笑顔で迎えてくださった。

それにしても、ただのご挨拶のつもりが、さあさお茶でもどうぞ!となって、お邪魔させて頂き初対面だというのになんという長時間のご挨拶なのだろう〜と私は感激。

みんな、とっても良さそうな方々!

そして、全員がリタイアメントの世代だった。

半地下階(メゾネットタイプ)には四人の子持ちのトニーさんご夫妻。

お子さんは全員が既に家を離れていたが、世界ナンバーワンランキングのイギリスの大学院に4人のうち3人が通っていたり、実際に教鞭をとって教えていたりで、アカデミックなご家庭の様子。

使っていないピアノがあるから、練習したかったらいつでも弾きに来てねと娘に話しかけてくださった。

2階➕半地下みたいなメゾネットの巨大な空間で、キッチンなどは明るい庭(まるでターシャテューターの様に嫌味のない、それでいてお手入れの行き届いたイングリッシュガーデン)に大きく開口部が開かれていて、なんともモダンにリフォームされている。

しょっぱなから私はとんでもないお洒落な空間に度肝を抜かれた。

一階には、文部省で退職まで働きあげたジョンさん&アンさんご夫妻がいて、やはり4人のお子さんがいるが、こちらも全員巣立っていた。

エジンバラ市内やポルトガルにいくつもの家があるらしくて、たまにしか住んでいない様なことを話していた。

アンさんが『どうぞ早く入って!』と言うと、ジョンさんは一瞬いかめしい顔つきをしたが、私と娘がヴィクトリア調のソファーでぎこちなくしていると、奥からお孫さんのおもちゃを持ってきてくださった。

トニーさん宅よりも、あれこれと質問責めにあった。

アンさんが一番喜んだのが意外にも、私の母乳育児だった。

『私も四人をお乳で育てたものよ〜懐かしいわ〜。ああ本当に懐かしい』

とあんまりにも言ってくださるものだから、思わず長居して授乳をしてしまった。

初めての家で!!!!!

しかも外国で!!!!!

じゅにゅ〜〜〜〜〜〜〜うっ!!!!!

ありえない図、どう見ても。

でも、話が盛り上がっている最中で自然な成り行きで展開されてしまったし、これから長くお付き合いする隣人なので、母乳育児事情(待った無しのせわしなさ)を空気感で伝えられたかもしれない。

アンさん宅で眠りに落ちた娘をベビースリングに入れて、最後の隣人、階段を4階まで登る。

そう、エレベーターはもちろん、ない。

最上階(4階)から見下ろすと、お腹がキュンと痛くなるほど高くて(そりゃそうだ、ワンフロアなのに床から天井までが5メートルくらいあるのだ!)、それなのに手すりは低い(70センチほど、日本では通常90センチ)ことが、下見に来た時よりもリアリティーを持って気になってくる。

ああ、娘が今この瞬間、スリングの中で眠ってくれていて本当によかった!

今は娘の身長も1メートル程度なので、なんとか手すりの役割を果たしていても、遅かれ早かれ、おてんばな彼女が身を乗り出すたびにこの階段で私はヒヤリとさせられることになりそうだ。

築200年ともなると、子連れ一家にとっては、住んでみてあらためて気づかされることが意外とある。

たとえば、窓である。

リビングルームには大きな開口部が3つあり、それぞれの窓は床から4メートル近くある。空気を入れ替える時は、まるでバーベルを持ち上げるように、巨大な窓枠を床から上に向かって引き上げる仕組みになっている。

これが、大変な力仕事なのだ。

落下防止用の窓枠ストッパーがついているものの、相当な重さだ。

誤って子どもが床と窓枠の間に手を挟まないだろうか。

ここでもまた心配になってしまう。

子供を持つ前の私なら、『不安を引き寄せるから不安感は持たない』と天真爛漫に生きてきたスピ系が、今はこんな些細なことでなぜこんなに心配になるのだろうか。

わ〜キレイな漆喰飾り!と即決したアパートだったが、急にいろいろと不安感が押し寄せてきた。

今、バシャールに聞きたい気分だ(笑)。

『なぜ私たちはここに住むことになったのですか』と。

それは、あなたの中の神につながるためだ、なんて言われそうだ。

いつものように白昼夢に一瞬スペースアウトして、白い天使の飛び交うクーポラの天窓を見上げながらしばし佇んでいた私は、4階に住む最後の住人のドアベルをようやく鳴らした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

第2回 引っ越しだらけの人生

さて、いよいよ待ちに待った引越し。

2006年1月の終わりに再び夫の海外転勤が決まり取るものもとりあえずやってきたスコットランドだが、海外暮らしには慣れている。

学生時代のアメリカへの短期渡米、イタリアの身障者施設での1年間の住み込みボランティア、その後に就職したアリタリア航空でのCA生活。

ただ、初めての子連れで、動きが今回はどうしても、鈍い。

すべてが娘の体調を優先して動いていく。

そんな中でも、不動産屋との正式な契約を取り交わし、フラットの鍵を受け取るのは昼ごろの予定だ。

その数時間後にあらかじめコンテナで到着していて、地元の引越し業者の大型トラックに荷積みしたという日本からの荷物が届くということだが、雪崩のように次から次へと担ぎ込まれてくるであろうそれらの中味は、果たして無事だろうか?

ところで、The Independet というイギリス新聞に『エコ・ベビー』というタイトルで子育て最新特集が組まれていた。

『この国では相変わらずオーガニックブームが続いている』というタイトル。

というよりブームが定着して、今は少しずつそれがスタンダードになりつつあるということだが、確かにこの国の環境負荷への認識は日本のそれよりも深いように思う。

やはりチャールズ皇太子のダッチーオーガニックのブランドを打ち立てるなどの取り組みは大きな成果を上げているのだ。

来た早々に感動したことがある。

ホテル生活では布オムツも洗えないからということで、布オムツ以外に、日本から持ってきた紙オムツ。

実際、仮住まいのホテルでは全く洗うことができず、ずっと紙オムツだったのだが、それがなくなった。

そこで地元のスーパーに行ったのだが。。。

なんと!とうもろこしのセルロースからつくられたオーガニックのオムツが、パンパースなどの大手のすぐ横で堂々と肩を並べていたのだ。

値段も大手のものと比べて2割増しほどだった。

日本とはずいぶん違う!

そうそう、市が布オムツも全面推奨しているいう。

エジンバラ市がゴミ減量(UK全体で毎日約800万枚の紙オムツが焼却されているという)を目的に、布オムツ使用を全面推奨していれば、布オムツライフも復活できると思って調べたところ。。。

驚き!

市に認定されている布オムツ業者による布オムツ40ポンド(約8千円)分無料お試しキャンペーンなども実施されているというではないか。

せっかくの機会なので、引越しが済んだら、私もこのキャンペーンを利用してみよう。

あとは、例えば生ゴミを堆肥化するコンポスタは、4ポンド(800円)ほどで売られている。

日本でも容量が小さかったのですぐにいっぱいになってしまうのが難点ではあったが毎日フルに使っていたコンポスタ。

直径1mほどのシンプルなバケツ型コンポスタが手頃な値段で手に入るのは新生活には嬉しい。

エジンバラ市によるゴミ回収は週に2回だそうだが、コンポスタに活躍してもらえば余裕だ。

特に私は昔からどうしてもモノが捨てられないという性分で、とにかく何でも再利用してしまう。

例えば、パリン!とキレイに二つに割れると、見惚れてしまって、くるみの殻すら捨てられないのだ。

はい、貧乏性ですっ(笑)

小さくなって使えなくなったロウソクのくずやクレヨン(蜜蝋クレヨン?)を何年も溜めておく。

そう、貧乏性にもほどがあり、何年か越しでリサイクルを狙うのだ。

何年もかけてためたそれらをゴミ箱から拾ってきたような古い鍋で溶かして、くるみの殻にキャンドルの芯を立てて熱いロウを流し込み、可愛いキャンドルを作ったことが2回ある。

ストッキングを破いて手編みのサンダルを作ったり、掃除に利用したり。。。

一見華やかに見られる私だが、で、実際に華やかだったが(ちなみに12年前の写真。身長174センチで全身アルマーニ着ていてイタリア語ペラペラ話していたら

みんなひきますよね。。。かなりひかれていました当時)

そんな私が客室乗務員だった当時、実際にはどれほどの葛藤があったことか、

絶対に誰にも想像つかないだろう!

お客様が残した食べ物を廃棄して、トイレでも大量の紙を消費して、そもそも飛行機自体が夥しいエネルギーを使って運行している。

月に何十時間も空の上で生活していると、次第に自分が世界のどこにいるのかも分からなくなってくる。

何か、自分の中で狂ってきてしまう。

大切な何か、が。

そんな時、フライトが一緒になったベテランCAの先輩が、かつてデリー経由便が存在していた頃にマザーテレサが搭乗された時に、彼女がそのセクションを任されたという。

マザーテレサはエコノミー席にちょこんと座っていらした、という。

祈ったり、書いたり、静かに過ごされ、そして、ミールの後に、デリー行きのフライトで出たごみ(食材)をすべて持って帰っても良いか?と尋ねてきたそうだ。

もちろん、他のシスターもクルーも全員で手分けしてすべての廃棄食材を入れたのだという。

その時の機内様の黒いビニールのゴミ袋は何袋もでたということで、それを小さなマザーテレサとお仲間が運びながら降機されて行ったそうだ。

その姿を見て私の先輩は、

『ああなんてこと』

と思い、頭を下げたそうだ。

本当に、フライトでは廃棄物が多くでる。

袋は破かれていても、使われないまま置き去りにされたノベルティーバックやスリッパ、切れたイヤホン、ボトルの空。。。胸が張り裂けそうになりながら、良心と折り合いを付けながらみんな働いているのだ。

話は戻って、エジンバラ市内では、主要な道に沿って巨大なゴミ集積箱が設置されている。

だが、これがびっくり!!!!!するくらいに大きいのだ!!!!

かる~く牛1頭入ってしまうほどの大きさ!

ちなみに、私たちが選んだHeriot row通りの地区では、特に決まったゴミ捨て場はなく、代わりに、決まった曜日(週に2回)に、正面ドアの前や、道の曲がり角に積み重ねておくとゴミ回収者が適当に取りに来てくれるらしい。

北国の人に囲まれて、子育てやオムツやゴミ捨てについて考えたり、電気や水道の手配もしなければと思うだけで、スコットランドでの新生活がいよいよ幕を開け、私のなかにも春がやってきたような気持ちになる。

きっと、どこの国であっても、その国の価値観や生活スタイルにあわせて、衣・食・住を楽しもうとしていくなかに、子育ての知恵やヒントは転がっている。

寒がりの私にとっては、まだ真冬のような天候だけれど、それでも、娘の目線でよく見てみれば、可愛らしい花々が公園のあちこちに控えめながらも少しずつ咲き始めている。

この身を切るような冷たい風のなかにあっても、すでに春を感じることのできる北国の愛情深い人々に囲まれて、この先どんな子育て記を綴っていくことになるのだろう。

繰り返すが、学生時代も含めて、海外生活は何度かしたことがあるけれど、異国の地で子育てをするのは本当に初めてのことなのだ。

子連れでの海外移住は、何事につけ、負担や問題に感じることも多いだろう。

でも、自分の属する文化圏外での育児体験は、苦労の多い分だけ、精神的に得るものも大きい。

娘はきっと、観光客として過去に数回訪れたことのあるイギリスに、母親になりたての私を、ごく自然体で引き合わせてくれるキューピットに違いない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昔のブログを復刻したものをお読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

#女性性 #現実で使える #妊娠 #出産 #マインドフル #産後 #子育て #自然育児 #男性性#宇宙 #胎児 #スピリチュアル #木村章鼓

第1回スコットランドに到着:デイドリームでタイムトラベル

大きなスーツケースを抱えてエジンバラのホテルに到着した午後は、

雪が降っていた。

ひょ〜寒い。。。

2006年4月、ローカルニュースによると、今年の寒さは特別だそう。

地元の人々は「妙な天気だ」と口を揃えている。

4月になるというのに、ここスコットランドでは

今日も雪がちらついている。

それは“雪”というより、

あれっ?

と手をかざした次の瞬間に、

雹に変わり、ほんの数分のうちに

たちまち雨となり、

気がつくと再び雪に戻っているという、

私にとっては体験したことのない不思議な現象である。

エジンバラの第一印象は、とにかく寒く、コロコロと移り気な空を抱えた街となった。

5分も外で遊んでいると、たちまち氷のように冷たくなっていく娘の耳。

その豆粒のような耳たぶをつまみながら、「この耳をすっぽり包んでくれる毛糸の帽子は一体どこで見つかるだろう。。。」と思っていると、弱気モードに入ってしまい

『ああ。。。お花見をすんでのところで逃したのはそれにしても惜しかった』

と不意に日本が恋しくなる。

まだ東京を離れてひと月もたっていないというのに、困ったものである。

ねぇ、おかあさん

2歳になる娘が、突然、

「ねぇおかあさん。こーたくんとぜんくんはどこ?」と運転中の私に向かってたずねてきた。

日本と同じ左側通行とはいえ、ハンドルさばきもおぼつかず、それでもなんとか

「どこにいるかねえ」などと私がとぼけた受け答えをしていると、

「どこにもいないよぉーだっ」と返してきた。

2歳とはいえ、娘もよく解っているのだ。

すでに日本から遠く離れた土地に私たちがやってきているということを。

片言の日本語を話しはじめたばかりの娘は、今、英語が解らずにフラストレーションを抱えているようだが、私よりもずっと英語が堪能になるのだろうなあ。。。

ちなみに↑こんな素敵なフラットが見つかった。

このアパートは壁の漆喰飾りがとんでもなく由緒正しくて、およそ220年前にこの漆喰飾りを手掛けた二人のイタリア人職人たちの名前が記録に残っている。



愚図る娘を一日中ベビースリングに入れて不動産めぐりをした甲斐があった。

ドゥーラ活動でも子育てサロンとして自宅を毎月解放できそうなとても広いリビングのフラットが見つかったのだから本当に嬉しい。

白い天井にはぐるりと漆喰の飾りがしつらわれ世界遺産に制定された別名「ミリオネアストリート」と呼ばれる道。

ミリオネアって。。。一体。。。

我が家はふつ〜のサラリーマン家庭。

たまたま住む場所についているニックネームがミリオネアストリートだからといって誤解しないで!

と声を高くして言いたいっ。

もちろん、かつては本当に大金持ちや貴族たちが住んでいたらしい。

当時は一つの番地をひと家族が所有していたようだ。

今はそれがフロアごとに区切られ4等分されている。

ミリオネアと言われる理由は、目の前には広大なプライベートガーデンがあり、この周辺の住人だけ鍵を渡され、いつでも自由に使えるようになっているのだ。

子連れには、本当にありがたい。

だが、

このプライベートガーデンの鍵は、

特権階級が力を持っていた時代(今も実際そうだけど)の名残だと揶揄して、人々の反感を買うこともあるらしい。

いまだにエジンバラのど真ん中の一等地を鍵で囲って!と。

もっとエジンバラ市民全体のために開放してほしい!

そんな声が上がっていると不動産屋が話していた。

住んでみて分かったことは、公園の高い管理料は全て家賃の一部でまかなわれているということ。

私たちが住んでいる4年近くもの間、毎日のように庭師が手入れをしていたし、

何より、大樹が見事で、生き生きとしていて、静かに過ごしたい住人たちは喜んでこの庭を大切に利用していたということだ。

もし、このプライベートガーデンが一般公開されていたら…

犬のフンやゴミが転がり、もっとせわしない空間であったろう。

私個人は忙しい子連れママで、詩作活動などする余裕もなく、小説家でもなく、静かに何かを公園ですることもないから市民に開放したって全然いいと思う。

でも、同じ道には「宝島」のロバート・ルイス・スティーブンソンや、マクスウェル方程式のマクスウェル(アインシュタインの相対性理論を生み出す時にアインシュタインが一番参考にしたと言われている)も住んでいた。

なので、このHeriot rowという道が通ってきた過去を振り返るとき、コミュニティーでのアート制作、詩作活動、情報交換において、やはりそこにはプライベートガーデンの存在意義はあったのだろうと想像する。

そして、今も、創作活動にふける人々がこのプライベートガーデンを使っているかもしれないのだ。

脱線したが、我が家はミリオネアではない!

今でこそ、ワンフロアに1世帯で合計4世態が住んでいるが、この道のフラットは昔は、先ほども書いた通り、地下から4階までをひと家族が所有していて屋根裏にはメイドさんが住んでいた。

この家の場合、空間の真ん中に階段があり、最上階(4階)に美しい天窓が備えてあった。

どれだけたくさんの人々が220年間もの間、この手すりに手を添えながら上り下りしたことだろう。。。

過去を想像すると、頭がクラクラしてきて一人デイドリームに浸ってしまう。

古〜い家に、

モダ〜ンに住めるって、

本当に一番の贅沢に思える。

私のようにバリバリのスピ系だと、瞑想したり、インナービジョンで直感が冴えまくりの生活が待っていそう。

息をしているだけで毎日がタイムスリップの連続になりそうでワクワクしている。

ただ一点だけ、

オールドスタイルの手すりの高さが低いことは、子連れにとっては少しだけ気がかりだ。

まぁ私たちは2階だし、よくよく言い聞かせて住めば問題ないだろう。

それにしても、この2週間ほどであまりにたくさんの物件を見たので、首から肩にかけてがまるで鉛のようにカチカチだ。

毎晩、借り住まいのホテルであたたかいお風呂にしっかりと浸かり、寝る前にはテルミー灸(温灸)を使って娘の全身と自分の首まわりだけはほぐすようにしている。

とるものもとりあえずやってきたスコットランドでの仮住まい。

ようやく見つけたこのHeriot rowの物件はモダン仕様にリフォームをしていたのだが、バスルームやカーペットなど最終的な工事が終わるのを待って、ようやく仮住まいのホテルから抜け出す時がきた。

思えば、小さな子供を抱えてひと月近くもホテル住まいだったことになる。

毎朝のブレックファーストタイムにお世話になっていたスタッフも多く、ホテルの方々との別れは本当に名残惜しかった。。。

私は毎朝のようにオーツポリッジ(麦の粥)の上にハドック(真鱈)の燻製と半熟卵が乗ったものをオーダーしていた。

そこには必ず醤油を垂らしていた。

だって、醤油との相性が良すぎる!

日本を離れる前にいろいろあったが、

まかれた種は、まかれた場所で花を咲かせよう!

と肚をくくって、

様々なものを後に残してやってきたスコットランドだったが、この麦粥があれば何とかここでも生きていける!と思った。

しつこいくらい毎朝同じものをオーダーしていたので2週間もすると何も言わなくても笑顔のスタッフはオーツポリッジを運んできてくれた。

かわいいかわいいと娘を可愛がってくださる。

街でもみんなが娘を『ゴージャス!』と愛でてくれる。

スコティッシュの皆さん超優しいなあ。。。

想像以上にみんながオープンで、私はしみじみ…

曇り空で寒くても、ハートはホッコホコになっているよ〜と

天に感謝した。


ふ〜ふ〜とスプーンの先で冷ましながら娘と二人で口に運んだ鱈の燻製と半熟卵のオーツポリッジの味を、必ずいつか心から懐かしく思い出すんだろうね。

優しいスタッフに見送られるようにチェックアウトした朝、振り返った。

みんながよく知っているチェーン店のホテルだが、正面玄関ではお世話になったホテルマンと娘がよく懐いてた女性スタッフが娘にいつまでも手を振ってくれていた。

みんなありがとう、本当にありがとう、ありがとう!

まだ仮住まいなのに、すでにこの国に来て良かった〜と感動。。。

大好きスコットランド!!!!!

さあ、次は引越しだ〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2006年の復刻ブログです。お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/