第27回 女性の一生を生き尽くす

妊娠、授乳や出産シーンを表現したアート。ルイーズ・ブルジョワの作品展で

お気に入りの木

お気に入りの木は滑り台になったり、ハンモックになったり。エジンバラにある王立ボタニカルガーデン(植物園)は、エジンバラっ子の憩いの場。

お疲れのこころと体を、緑色パワー満タンにしてもらえるので、私たちも年間パスをゲットして週に1度はリチャージに通う。

この夏4歳半になる娘の週末の楽しみは、門の前の駐車場にたいてい留まっている屋台で、イチゴのジェラートを買ってもらうこと。

植物園が近づくと、キョロキョロとバンを探す。

恥ずかしいくらいの大声で

「あっ、来てるよおー!ジェラート買ってえー!」と叫ぶ。

ジェラートって呼ぶんだよね、アイスのことをうちの娘は。

もっと小さい頃に、娘にわからないように、ひっそり冷凍庫からアイスクリームを

出していたことがある。

気づかれないように小声でボソボソと夫に呟く。

ジェラート。。。食べる?

そんなやりとりを地獄耳の娘は聴いていたので、ジェラートと言い始めたのだ。

人懐っこいリス君

ほんとうに人懐っこいリス君とベンチを一緒にシェアできる王立植物園。

いつも園内に入って、まずはその日のキッズイベントをチェックする。

鳥の餌付けにエコ・バッグづくり、いつもいろいろ満載だ。

ショップ、カフェ、イベントホールにアートギャラリーもあるので、ここに来ると半日くらいはあっという間に過ぎていく。

おともだちのリス君に今日もごあいさつ。

おともだちのリス君

今年96歳の世界的アーティスト

この植物園のアートギャラリーで今、こちらの出産ケア関係者の間でひそかに話題になっているのが、ルイーズ・ブルジョワの作品展だ。

彼女はフランス出身のアメリカ人彫刻家として世界的に知られている。

六本木ヒルズに出現した巨大なクモのオブジェをデザインしたおばあさん、と言ったら思い出す読者も多いのではないだろうか?

今年96歳になる彼女の今回の新作が、なぜ、お産関係者の興味をそそるのかというと、

それが。。。

どこまでも生々しく、妊娠、授乳や出産シーンを描き出しているからなのだ。

女性性の源泉を感じる、一連の作品

ルイーズの独白インタビューや、創作風景を切り取ったコラージュのようなドキュメンタリーフィルムも上映されていて、私は作品以上に、彼女その人の生き方に惹きつけられた。

ルイーズは養子を引き取った直後に子どもを授かるという人生の廻り合わせついて語っていた。

険しい表情で、それはけっして平坦な人生ではなかった、と。

ここ数年のルイーズの映像には、母として、妻として、そして娘としての自分を、かたちや主義にとらわれず、あるがままに作品に流し込む彼女がリアルに浮かび上がっていた。

そこに、今回の「NATURE STUDY」と銘打った一連の新作品を産み出す女性性の源泉を感じた。

花になった、産む女性と赤ちゃん

ルイーズ

私が撮った下手な写真で申し訳ないが、見て頂きたい。

この、女体が艶かしく蘭となってしまう出産シーンを!

産む女性と生まれるあかちゃんとのコラボ!

生まれてくる赤ちゃんと、

産みだす女性が、

一輪の花と昇華してしまう不思議な絵に私は涙が溢れてきた。

産む存在と、生まれてくる存在のコラボ。

もうこれしかない!そう思った。

明日のお産をもんもんと考えてばかりいる私にとって、

魂の滋養となる絵たち。

産みゆく姿は、古今東西美しい!

くりかえし、くりかえし描かれる受胎の絵からは、セクシュアリティーというより、植物の交配のようなたんたんとした営みを支える生命力が感じられる。

そこに私は深い安堵感を覚えるのだ。

アートとは、場と一体となって完成していくもの

ところで、アートとは、周囲の環境に大きく影響されることを今回あらためて思った。

やはりアート作品とは。。。

観る人間も含めて、その場に在るすべてのものと一体となって、瞬時に完成しつつある進行形のものなのだ。

一見生々しい出産シーンを描いた彼女の作品から、植物的な静の気配をも受け取ることができた理由は。。。

おそらくギャラリーには私たち以外には人がおらず、

窓からは大木が見え、

さんさんと光が差し込んでいたといったファクターが揃った結果なのだろう。

お産も、まさに、そのようなものだ!と思う。

次回に続く→

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

ちなみに↓文化人類学的に見ても、

一枚布、rebozoは面白いです↓YouTube動画アップしました〜

チャンネル登録してご視聴くださると嬉しいです。

第9回 授乳とフランス

パリでも見つけましたー!

思わずご本人の了解をとってパシャリ。

スリングでのおんぶ姿が決まっているのは、こちらのママのファッションがステキだから?

白いレースと肌の色がとっても可愛い!

子連れママのファッションにしても、フランス人って、なぜかきちんとそれなりにセクシー。

胸元が超大胆にカットされたスタイルなんかは誰でもがごく普通にしているし、うちの娘と同じくらいの幼児がいても、ミニスカートで颯爽と列車に乗り込むママンたち。

面倒だから万年カジュアルで決まり! な私とは基本的に違う。

そこには、授乳服の入ってくる余地は、どうみてもなさそうに思える。

授乳服やベビースリングなんかを手軽に上手く使いこなすと、‘授乳ライフ’って、誰にとってもかなりのところまで快適になると思うんだけどなぁ。

でも、授乳服なんてフランスでは誰も着ないのよね。

黒人女性こそベビースリングの達人だなぁと感心したものの、パリ滞在中キョロキョロしながらパリに点在するいくつかの公園に通ったにもかかわらず、カフェでも、ショッピングモールでも、授乳服を使っている人をみかけたことはついにただの一度もなかった。

堂々と授乳するスコットランドの女性

かたや、私の住んでいるエジンバラでは授乳は、よりおおらかに行われていると思う。

大通りに面したとあるバス停—– 時刻表を睨む母親の胸元では、赤ちゃんが美味しそうにチュパチュパしていたりする。

飲み終わった赤ちゃんが口を離しても、慌てて乳首をしまう仕草もない。

その場に私しかいなかったからだろうが、『えっ?アタシ見ちゃっていいの?』とこちらが目のやり場に困るほど堂々としている。

がっしりとした体を丸めてカフェテリアで授乳するスコットランドの女性からは、『もし今、誰が邪魔しようと、何が起ころうと、おっぱい出すのをやめませんから』というオーラが立ち上っている。

授乳服ではないので、お腹が覗いているが、それもまったくお構いなしである。

それだけではない。『あきこ、恥かしがっててどうすんの? お乳を飲むのは、赤ちゃんの側の権利でしょう』と言われたこともある。

いかにもゆったり、マイペースで授乳し続ける彼女たちの姿に圧倒されたのは1回や2回の話ではない。

確かに、イノチェンティー宣言(※)(1990年)によると、

 「世界規模で母親と子どもが理想的な健康と栄養を得るために、すべての女性が赤ちゃんを生後6ヶ月まで完全に母乳だけで育てることができるように促進し、またすべての赤ちゃんが6ヶ月までは完全に母乳だけを飲むことができるようにする。その後は、子どもたちに適切で十分な食べ物を補いながら、2歳かそれ以上まで母乳育児を続けるべきである」

とある。

そうなのだ。2歳の娘に授乳するのに、いちいち恥かしがっている場合じゃないんだ。

またまたパリのメトロで発見!

このお母さんもお洒落!

カラフルな手縫いの刺繍が赤ちゃんにぴったり!

イギリスとフランス。飛行機でたった1時間半のキョリなのに、『授乳』ひとつとっても、ずいぶんと違ってくることを今回は身にしみて実感。

産後もオシャレなパリのママたち。

誰はばかることなく授乳するエジンバラのママたち。

どちらにも、それぞれに見習うところがある。

私からみれば、日本という国は実は、その両方のよさをさりげなく保てる国だと思う。

だって日本には、赤ちゃんが生まれたら出来る限り授乳したいと思っている人がたくさんいて、お産の痛みを薬で消さなくても大丈夫かもと思える女性がいっぱい存在して、しかも素敵なお助けグッズが充実している。

授乳を前向きに捉えられて、しかもそれをささやかながら楽しめるというのかな。離れてみてあらためて、いいところだなーなんて、日本は私に発見をさせてくれる。

イノチェンティ宣言・・・1990年に32カ国の政府と10の国連機関(WHO,ユニセフ)の会議で採択され、世界保健総会で1991年に承認された。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読み下さりありがとうございました。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/

第8回 フランス人と授乳について

この数ヶ月、夫の出張が続いていてエジンバラにいないことが多い。

なので、彼がパリに出張になった機会に今回は同行し、フランス滞在だ。

パリの街を娘を連れて日中ぶらついていたら、日本にいる知人から私の携帯に国際電話がかかってきた。

『来週から観光ツアーでエジンバラなんです。会えるかなと思って。。。』

『えーっ、すごく残念! 来週いっぱいはフランスなんです~』

こんなふうに、久しぶりの再会かと思いきや、逢えずじまいなんてことが起こってしまう。ごめんなさいMさん。

さて、3年ぶりに訪れたパリで驚いたのが、出産関係の記事や、雑誌の赤ちゃん特集の多さだ。

地下鉄の中刷りや、キオスクの店頭でいくつか広告を眺めてから大きめの本屋に立ち寄ってみると、ぷりぷりの赤ちゃんが表紙になっている刊行物が予想外にたくさん並んでいるではないか。

フランス語はほとんど読めないにもかかわらず、思わずまとめ買いをしてしまった。

フランスは言わずと知れた合法中絶とピルの国。

偉人シモーヌ・ヴェイユなどのおかげで人々の意識は高く、自分の性についても堂々と語り、自分で主体的に性を愛おしみ、同時に、管理することの恩恵を実感している女性が多い。

ピルは私が生まれるよりもずっと前から解禁されている先進国だ。

高出生率の影に

雑誌をパラパラめくっていると、昨年フランス国内で産声をあげた赤ちゃんは、80万7400人で、出生率は1.94とあった。

アイルランドに次ぐ、EU第2位の高数値である。日本の1.25に比べても相当高い。

が!!!!

が、である。

実にお産の約9割は、硬膜外麻酔による無痛分娩なのだそうだ。

『えーっ?9割はないんじゃない』、フランスが‘無痛分娩天国’とは聞いていたけれど、実際に数字を目にするとぎょっとしてしまう。

なぜなら、帝王切開は救急救命の医療であり、近代医学の恩恵としながらも、一方で、WHO(世界保健機構)は、もしも25%以上の帝王切開率になったら、その時には正常ではない何かが起きている可能性があるから、是正されるべきであると提言している。

つまり、必要に応じた帝王切開(医学的適応)なら良いが、別の理由で帝王切開が増えていくと、女性と赤ちゃんとが、経膣で生まれていたら得られるであろうものを受け取れない恐れがあるから見直すようにと勧告しているのだ。

フランスは、自然、授乳率も低いという。

なぜなら、母乳育児の鍵は最初のボンディングが鍵だからだ。

母子が肌を接触させて居続け、乳首を吸わせ続ける方が成功しやすい。

その覚醒期(ゴールデンタイム)と呼ばれる初期の短い時期に帝王切開では母子分離になりやすい。

それから、子持ち女性の就労率(25歳~49歳の平均就労率)が82%と高いので、母乳育児が続けにくいこともあるだろう。

あとは、賛否両論あるだろうが、フランスで女性が授乳しない理由のひとつに、乳房は女性のシンボルなので、それが乳臭くてはかなわないという、フランス人ならでは(特に男性パートナーからのプレッシャー?)の価値観もあるらしい。

本当はぜ〜んぜん違うのにね。

おっぱいあげていた方が、カラダのラインは断然美しさを保てる。

母乳って、脂肪を溶かしながらできていくものだから、面白くらいにお腹周りはぺったんこになる。

私自身、産後スルスル〜っと体重がわずか2ヶ月ほどで戻り、とってもキレイなラインをずっと保てている。

自慢ではないが、これは本当に、事実だ。

お友達にも真面目に、よく言われる。

もしヌード写真をアップできるならここにあげて証拠写真を見ていただきたいくらい、授乳期間中は女は体が生まれ変わる。

しっかりと栄養素をバランスよく摂りながら、エクササイズもしながら進めていくと、びっくりするくらいカラダは綺麗になっていくのだ。

余談だが、数年前に読んだ記事では、フランスにおける授乳率の低さと、乳がん罹患率の高さを因果関係づけようとしていた。

育ち盛りの頃から頻繁に『生クリームばかり食べてると乳がんになるよ』、『牛乳のがぶ飲みはダメ。ヨーグルトは少しだけ』と母に言われ続けてきた私のなかには、乳製品の取り過ぎが乳がんを招くという感覚が当たり前のようにある。

母乳生成という身体のメカニズムを使いこなせばこなすほど、体内に不必要なものをためこまない体質はつくられていき、乳がんなどにもなりにくいかもしれないなぁ。

でも、でも。。。

わかるんだよね、授乳したくないという女性たちの気持ちは。

『女』の魅力が、おっぱい臭いと目減りしちゃう気がするもんね。

私だって、いつ吐き戻される分からないから、きれいなドレスは着られないもの授乳中は。

フランスは、『男』と『女』しかこの世に究極的には存在しないという空気が漂っているんだよね確かに、それは。

言葉では表現しきれない、その濃厚な空気にこうして触れていると、『母親ばかりもやってられないわ』と、子どもを産んだこの国の女性たちが感じてしまうのも無理はないという気もしないでもない。

いや、実際そう思う。

あの女性らしさに満ちていて魅力的だった自分は一体どこに?と思うことあるもの。

カラダは生まれ変われたし、しかも、内側にたたえている自分の本当の美しさは、知ってはいるけど。。。

それを分かっているのは私だけ。

しかも、そのインナービューティーを出す余裕が今の私にはないんだよ正直。

自然育児かーちゃんしてます!というスタンスで生活しているから、ロマンスも起こりようもない。

本当はロマンスが大好きなのにっ!

産後は夫婦の営みもまともにできていない。

ひるがえって、フランスでは、

絶対によくないと日本では言われている不倫が、なんと、セックスレスになるくらいなら、婚外交渉してきなさい、とさとされるほど、セクシャリティにはあけっぴろげだ。

というか、そもそも「不倫」という言葉すらフランスにはない。言葉がないから、それが離婚の正式な原因としても取り沙汰されない。

婚外子も本当に多い!

大袈裟でなく、本当〜に多い。

フランス企業に勤める夫なので、自然と私も結構なフランス通だが、多分フランスで生まれた3−4割の子供が婚外子ではないかと思っている。

で?

だって、別に私はそれをなんとも思っていない。

いいじゃない、社会でみんなで育てれば?

と思う。

日本はガチガチに硬すぎて、既存の価値観から少しでも逸脱すると血祭りに挙げられるが、コミニティーチルドレンという概念がきっと日本にも今後根付いていくのではないかな。

こんなことを書いておきながら、付け足すのだが、保守的に家庭の価値観を守りたい自分もどこかにいて、今の私はどっちも否定はしないが肯定もしない。

というか、産むとか、育てるとか、こういう話って、とかく、派閥をうみやすい。

あの人は母乳育児しているってカテゴライズされたり、

あの人は無痛分娩したってなんかカテゴライズしてしまっていたり。

これって一体なんだろう。

みんな小学校の時には同じクラスメートで仲良しだったのに。。。

私はよく悲しい気持ちになる。

なんでそんな些細な産み方とか、育て方の選択や、望むと望まざるにかかわらず陥ってしまった結果によって私たち女性たちが内部派閥というか、カテゴライズされていかなければならないのだろう。

みんな違ってみんな良い、それで良か〜っていつも思うのだ。

私なんて、開業助産師に見守られたホームウォーターバースだったので、それだけでヒッピーにカテゴライズされてしまうのがたまに辛い。

話が大きく脱線したが、フランスはということで、私にとっては相変わらず男と女の国であって、膣ケアもフェミケア(陰毛のケア)も骨盤底筋エクササイズもしっかりとした淑女のたしなみとして社会に浸透している憧れの国なのだ。

6月にして蒸し暑く、すでに真夏の日差しだったせいもあるのだろう。

だが、パリジェンヌたち(最初は観光客かと思ったが、観光客であればほとんどが歩きやすい靴にジーンズといったいでたちなので、雰囲気からしてもほぼ間違いなく地元民であると判断した)は、涼しげなトップスに、透けるような薄地のスカートを翻しながら往来をカツコツ行き来している。

かっこいい〜

中年マダムでも、抱き寄せたくなるような魅力的なカラダ!

夏でも肌寒いヨーロッパの果てから飛んできた私の目に、彼女たちは完全にビーチリゾートの人々に映った。

メトロなどに乗っていても、日本なら“おばさん”と呼ばれてしまうような人たちが、オーガンジーの白いブラウスにライムイエローのブラを透かして、同系色のサマーサンダルがあたかも両の脚と一体化し脚線美の映えるよう計算し尽くされた角度で足を組んでいたりする。

彼女たちから、

『私はオンナよぉ~』という声が地響きのように響いてくるようだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昔のブログの復刻版をお読み下さりありがとうございました。
この時に2歳だった娘が高校性で、YouTube動画を撮ってくれています。
時に経つのは早いものです。。。

ノマドなドゥーラが運営するノマドゥーラ ウェルネスで

ケアを提供しているLOVEドゥーラAkikoの公式サイト

↓ 

https://nomadoula.com/pcbo/