子供に食事を作らせたい親へ

みなさま、我が子に食事を作ってもらいたいなぁ〜と思っていませんか?

私もそういう母親の一人でした。

チャンスがあれば、食事づくりに対する意欲をたきつけたい!と思っていましたがそのチャンスはなかなか巡ってこなかったのです。

つい3、4ヶ月前まで、娘は自分で食事をつくるどころか、食器すら洗わない普通の高校生でした。

痩せたいと言っては食べ、学校のランチタイムは仲良しの食べきれない分まで片付けてあげられるほどの食欲でした。

ところがコロナでパリがロックダウンになって以来、1週間の断食を慣行し、ベジタリアンになりました。

体調がすっきりリセットされて、まるで別人のようにマインドまで強靭になった娘。厳密に回復食もおこない、カラダと食べ物をとても敬うようになりました。

幸い、パリでも納豆やテンペ、豆腐などが手に入るのでプロテイン不足にならないことはありがたいです。

今日の娘(高校生)は、ひよこ豆を前の晩から戻して、朝からふっくら炊いて、豆腐と、ナゾに美味しいフランスの天然塩とハート型の卵の薄焼きに手作りフムスを乗せて。。。

そうそう、この時期なのに、我が家の斜めお向かいに、BIO(オーガニックスーパー)ができてくれました。

徒歩30秒で豆腐、ゲットできるようになりました。。。

しみじみ有難いです。。。

文句は言いません。

言いませーん。

言わないっ!

でも。。。超硬い木綿豆腐しか売っていないのがいと悲し(涙)〜。

絹ごし豆腐らぶ。。。恋しい。

でもあと1週間で夏休みで一時帰国で、お話会やワークショップなどで関東から九州まで旅をするので、思いっきり土地の美味しいものを頂けるんだと思うと

ワクワク〜しています〜。

豆腐が固かろうがなんだろうが、毎日、怠け者の母親を

地味にフィードしてくれる娘にはこころから感謝。。。

マインドフルに食べるってね、本当に、本当に大事なこと。

子育てで、一番たいせつなポイントかもしれないなぁ。

女性の体はマインドフルに食べていると劣化がスローダウン

すると思うよって、娘に伝えられるよころび。。。

私は今度のバースデーで48歳。

30歳過ぎて産んだ娘から、お母さん

お腹ぺったんこで超羨まし〜って

お世辞抜きで嫉妬されている感じなの(笑)。

だから娘は私がどんな食べ方やエクササイズを

しているか、ある程度の興味をもってチェック

しているみたいだし、だから、お互いにカラダ

の話もしあえるんだ。

でね、その何がいいかっていうと、

カラダの話をしていると、我が子のココロのことも

なんとなくでもちゃんとチェックできるんだよ。

だから、食は大事だなって思うわけです。

でも、私は超手抜き料理しかしない、怠け者です。

娘がまだほんと〜にちっちゃい頃にね、毎日のように

シンプルなご飯ばかりフィードしていたの。

茹でただけのブロッコリーとか、

歯が生えてきてうずうずしている歯固めの時期にはニンジンやキュウリや

セロリを握らせていたりして。。。

少し大きくなったら味付けももう勝手に好きにさせていたなぁ。

4−5種類バラエティーに富んだ味付けのできる小皿を並べてね。

例えば、茹でたブロッコリーに

1、梅ぼし叩いて醤油で割ったもの

2、オリーブオイルと塩

3、味噌

4、マヨネーズ(ブレンダーで30秒!)

5、塩こうじ

といった具合にテーブルに並べておくだけなの。

それだけで最高のおかずだと今でも思うなぁ。

そんな娘がもう大学受験を控えている。

今日出してくれたデザートはヨーグルトと苺。

チアシードとスピルリナとオーツが入っている2種類、

かなり違うお味。緑のスピルリナ入りには少しだけ生姜の

摺り下ろしも入れてあるって。上には大好きなシナモンを。

あ、茹でたばかりのタピオカを入れてもよかったんだけど、

それはまた別の機会にリクエストしよう♪

ということで、今、目の前のチビちゃんにフィードしているママさん、

10年も経つと、代わりに作ってくれるようになりますよ〜♪

美味しい食べ物つくってくれる子に育てるには、貴女があまり頑張り過ぎないで。

しんどい時には大鍋で5−7種類の野菜を一気にふかしてね。

蒸し野菜は本当に便利だから。我が家なんて、朝のスムージー

にも残った蒸し野菜を入れてるよ。

だから、料理しないとダメ!なんてまったく思わないで大丈夫だからね〜。

シンプルなものが一番、子供のカラダを育てるよ。

心も体に引きづられてヘルシーに育っていきやすいよ。

今日もお読みくださりありがとうございました!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
よろしかったらチャンネル登録してご視聴下さい。
以下の動画は駅でのハプニング、私の実体験です↓

まだ始めたばかりで少ししかアップできていないけれど、もしちょっとでもよかったら迷わず高評価して下さいませ〜。メルシー!

パリより愛をこめて。。。

#LOVEドゥーラAkiko

食のトレイサビリティー

美味しいもの、安全なもの、ますます貴重なものになってきています
美味しいもの、安全なもの、ますます貴重なものになってきています

日本では、環境省が2013年に7万人を対象に行った“エコチル調査”で、妊娠が分かったときに喫煙していた女性は全体の18%、妊娠判明後に13%は禁煙したが、残り5%は妊娠中期になっても吸い続けていたことが明らかになりました。

この結果からも分かる通り、一般的には、妊娠が分かった時点で、慌てて食生活やライフスタイルを見直すケースがほとんどのようです。

“食”は、命を創る大切な源。だから、日々の選択がとても重要。

そう頭では分かっていても、タバコや汚染された海産物ばかりではなく、遺伝子組み換え食品(GMO)など、食にまつわることで気をつけたいことが現代にはどうやら本当にたくさんあるようです。

アメリカの政府機関FDA(Food and Drug Administratio)は、現在までのところ、GMOの安全性を認めています。ですが、9割ものアメリカ人は、遺伝子組み換え食品の明確な表示を支持しています。

なぜなら、その長期的な影響が未解明にも関わらず、モンサントなどの巨大企業に独占された供給システムによって流通している大豆、テンサイ(シュガービート)、飼料用トウモロコシを含む約90%もの商品作物が、すでに遺伝子操作されているからです。

多様なオーガニック商品を揃えていることで定評があり、アメリカ全土やイギリスなどでも広く展開している大手食料品スーパーマーケットのWhole Foods Marketは、北米とカナダの店舗で販売する全てのGMOを含む商品を18年までに正式に表示すると発表しました。これは、先のまったく見えない暗闇で、光を感じる画期的な動きです。

ですが、GMO対策への抜本的な解決策は、今のところ、消費者の意識改革以外にはありません。

実はこんな文章を書いている私自身も、11年前、妊娠が分かったとたんに、週末に夫婦で飲んでいたワインを控え、ウォーキングと休息をたっぷりとり入れる生活スタイルに切り替えました。授乳後、ワインを再び飲むようになっても、できるだけ無農薬ワインを選びたいと思うようになりました。

それまでは必要とあれば服用することもあった市販の風邪薬も、ひとたび食を意識しはじめると、不思議と飲みたくなくなって、風邪のひきはじめや喉の痛みなどには、薬草やレンコンといった昔ながらの食材、ハチミツなどを今まで以上に取り入れるようになっていきました。

しかし、ハチミツを買う時にさえも、偽装表示に注意が必要だというニュースを先日目にしました。

アメリカ各地のスーパーマーケットやドラッグストアで販売されているハチミツを調査したところ、ほとんどすべての商品で花粉が完全に取り除かれていたとのこと。欧州では、ハチミツの産地を特定するために花粉を残存させることが義務となっていますが、アメリカでは規制がないのです。

FDAはウェブ上で輸入ハチミツへの注意勧告も行っていますが、我が家の食卓に並ぶものも、大気汚染やボツリヌス菌などの汚染リスクのあるハチミツかもしれません。栄養価がとても高く、免疫力アップを期待できる身近な食品であるからこそ、そんな、産地、採取方法、加工方法をめぐって不安感を持たなければならないことをハチミツが大好きな一消費者として残念に思います。

ハチミツに限らず、アメリカに限らず、今、世界中どこにあっても、何の食材であっても、トレイサビリティーを意識しなければならない時代であることを痛感しています(参照:National Geographic News)。

そんな中、自分がどのように新しい命を迎えていきたいのか。
どんなことを自分は気をつけて命を育んでいきたいのか。

そんな妊娠・出産に向けての自分なりの指針を、できるだけ早い時点で持てると、
それはとても強力なリソースになってくれると私は信じています。

食べ物選びは、ほんのひとつのきっかけ。
日々、こころとからだのアンテナを張り巡らせて、世界の大状況から学び、取捨選択をし、
『私なりの精一杯のお産』を見つけていってもらえたらと思います。