あの時飛び降りなくて良かった

LOVEドゥーラAkikoです〜。

息子小学3年生(日本式に数えると)と高校生娘の2児の母しております。

夏休み、もうそろそろですね。

パリはもう夏休みです。

早っ(汗)。

しかも今日はあと1時間で、高校生の娘のオンライン卒業式〜。

MYPっていうインターナショナルバカロレアの

ディプロマ前のすべての履修を終了しました〜っ!

という卒業式なので、高校の卒業式ではありません。

そんな大切なセレモニーなのに、娘っ子は、

今!

身支度もせずに、頭にバスタオル巻いた状態で

せっせとこんなものを作ってくれました(涙)。

ありがと〜

りんごを細〜く切って、モザイクを埋め込むように、

オーバーナイトオーツ

(大豆ヨーグルト、桃、ブルーベリー、チアシード、スピルリナ入り)

をデコってます。

「えっ?何?オーバーナイトオーツをデコってんの???」

私が聞き返したら、

「そう、一晩おくと吸収が良くなるから」

だと。

デコり方も、この細かさ、ちょっとありえなーい!

お味は、もう最高でした。

しみじみ、、、

美味しかった。

オンライン卒業式の1時間前まで、

マインドフルイーティングを満喫する娘。。。

ありがたや〜。。。とボーッとしていたら

ようやく食べ終わった娘っ子今、化粧したり、

ドレス着たり、バタバタやりはじめました〜。

娘、間に合うかあ。

私も娘の画面で一緒に座るので、

急いで書き上げて

ちょっとだけドレスアップします♪

そうそう、

横から見た写真もつけときます。

断層になっていて、発色は見えないけど、

ブルーベリーの紫がとってもいい感じなの〜。

センスがあって、

私のお腹から本当にこの子、出てきたのかな〜?

ってこころから尊敬する。

親バカって言われてもまったく構いませんっ。

こんなおバカ母をつくった昔の体験のことや

私の子育て感はココにも書いてあるよ。

https://nomadoula.com/プロフィール/

私は、娘くらいの年頃に、何度も死のうと思っていたんです。

マンションの屋上から飛び降りようと思って、

4階とか、7階とか、12階とかの柵を乗り越えて、

握っている手を離そう、

楽になろうって、

そう何度も思い詰めた時期があったの。

今から思ったら、

ほんの一時期の人生の暗黒時代だったけれど。

だからね、

我が子が呼吸してくれている、

生きていてくれているだけで、有難いの。

彼女が自分を生かす食を大切にしてくれていることが

うれしくて、

うれしくて、

だから娘がキッチンに立ったら、

全く!

一切!

口を出さない!

娘っ子がキッチンを使う時は彼女と食材との

マインドフルな対話の時

ってリスペクトしているから。

別に3時間かかるわけじゃないしね。

で、

娘っ子が一体何を作っても、

どんなものでも、

飽きもせず私が超喜ぶので、

娘は毎日うれしそ〜に作っていますね〜。

本当にレベチですごくセンスがいい

と親バカしとります。

ちなみに、下の写真は私(LOVEドゥーラAkiko)

のレベルでございます。

私はこれでも全然いいと思うんだけど〜。

とにかくね、今日という卒業式の日に、このブログで

伝えたかったことは、

人生、いろいろあるからこそ、食で心と体を整えて、

女性として素敵に潤って、豊かな人生を送って

いってね。

それを応援しているよ。

あなたは女神なんだよ。

そうやって娘を送り出すことができて、

こころから嬉しい!

ということ。

私たち大人にできることだよ、言葉がけ。

心合わせ。

目の前の女性をしっかりとみて、

愛でてあげていますか?

ここだけの話(内緒)、

娘は本気でそう思っています。

私が毎日伝えているので、

「ワタシは女神〜!」

って

自覚してくれているみたいなの。

わからないよ、

言葉にしてはいないから。

でも、凄く自信をもって、生き生きと

青春を謳歌している。

なんか、すごく自信がある人。

女神だって、知ると、

女性は強いよね!

最後に、娘が編集してくれた動画もつけました↓

登録して観てくださいませっ♪コメントや高評価も

すっごくすっごく励みになります〜

今日もお読みくださりありがとうございました。

海外20年
ノマドなバースドゥーラ、木村章鼓より

パリから胸いっぱいの愛をこめて。。。

皆様の中で、女性性の開花やセクシャリティに興味のある方!
よかったら女子限定FB非公開グループ「オーガズミック ランドスケープ」
へどうぞ。春に立ち上げ6月1日時点でメンバー数350名。
世界中にすまうたおやかな日本人女神たちと交流できます!
 ↓
https://www.facebook.com/groups/658815731533943/

#木村章鼓 #LOVEドゥーラAkiko #nomadoula

子供に食事を作らせたい親へ

みなさま、我が子に食事を作ってもらいたいなぁ〜と思っていませんか?

私もそういう母親の一人でした。

チャンスがあれば、食事づくりに対する意欲をたきつけたい!と思っていましたがそのチャンスはなかなか巡ってこなかったのです。

つい3、4ヶ月前まで、娘は自分で食事をつくるどころか、食器すら洗わない普通の高校生でした。

痩せたいと言っては食べ、学校のランチタイムは仲良しの食べきれない分まで片付けてあげられるほどの食欲でした。

ところがコロナでパリがロックダウンになって以来、1週間の断食を慣行し、ベジタリアンになりました。

体調がすっきりリセットされて、まるで別人のようにマインドまで強靭になった娘。厳密に回復食もおこない、カラダと食べ物をとても敬うようになりました。

幸い、パリでも納豆やテンペ、豆腐などが手に入るのでプロテイン不足にならないことはありがたいです。

今日の娘(高校生)は、ひよこ豆を前の晩から戻して、朝からふっくら炊いて、豆腐と、ナゾに美味しいフランスの天然塩とハート型の卵の薄焼きに手作りフムスを乗せて。。。

そうそう、この時期なのに、我が家の斜めお向かいに、BIO(オーガニックスーパー)ができてくれました。

徒歩30秒で豆腐、ゲットできるようになりました。。。

しみじみ有難いです。。。

文句は言いません。

言いませーん。

言わないっ!

でも。。。超硬い木綿豆腐しか売っていないのがいと悲し(涙)〜。

絹ごし豆腐らぶ。。。恋しい。

でもあと1週間で夏休みで一時帰国で、お話会やワークショップなどで関東から九州まで旅をするので、思いっきり土地の美味しいものを頂けるんだと思うと

ワクワク〜しています〜。

豆腐が固かろうがなんだろうが、毎日、怠け者の母親を

地味にフィードしてくれる娘にはこころから感謝。。。

マインドフルに食べるってね、本当に、本当に大事なこと。

子育てで、一番たいせつなポイントかもしれないなぁ。

女性の体はマインドフルに食べていると劣化がスローダウン

すると思うよって、娘に伝えられるよころび。。。

私は今度のバースデーで48歳。

30歳過ぎて産んだ娘から、お母さん

お腹ぺったんこで超羨まし〜って

お世辞抜きで嫉妬されている感じなの(笑)。

だから娘は私がどんな食べ方やエクササイズを

しているか、ある程度の興味をもってチェック

しているみたいだし、だから、お互いにカラダ

の話もしあえるんだ。

でね、その何がいいかっていうと、

カラダの話をしていると、我が子のココロのことも

なんとなくでもちゃんとチェックできるんだよ。

だから、食は大事だなって思うわけです。

でも、私は超手抜き料理しかしない、怠け者です。

娘がまだほんと〜にちっちゃい頃にね、毎日のように

シンプルなご飯ばかりフィードしていたの。

茹でただけのブロッコリーとか、

歯が生えてきてうずうずしている歯固めの時期にはニンジンやキュウリや

セロリを握らせていたりして。。。

少し大きくなったら味付けももう勝手に好きにさせていたなぁ。

4−5種類バラエティーに富んだ味付けのできる小皿を並べてね。

例えば、茹でたブロッコリーに

1、梅ぼし叩いて醤油で割ったもの

2、オリーブオイルと塩

3、味噌

4、マヨネーズ(ブレンダーで30秒!)

5、塩こうじ

といった具合にテーブルに並べておくだけなの。

それだけで最高のおかずだと今でも思うなぁ。

そんな娘がもう大学受験を控えている。

今日出してくれたデザートはヨーグルトと苺。

チアシードとスピルリナとオーツが入っている2種類、

かなり違うお味。緑のスピルリナ入りには少しだけ生姜の

摺り下ろしも入れてあるって。上には大好きなシナモンを。

あ、茹でたばかりのタピオカを入れてもよかったんだけど、

それはまた別の機会にリクエストしよう♪

ということで、今、目の前のチビちゃんにフィードしているママさん、

10年も経つと、代わりに作ってくれるようになりますよ〜♪

美味しい食べ物つくってくれる子に育てるには、貴女があまり頑張り過ぎないで。

しんどい時には大鍋で5−7種類の野菜を一気にふかしてね。

蒸し野菜は本当に便利だから。我が家なんて、朝のスムージー

にも残った蒸し野菜を入れてるよ。

だから、料理しないとダメ!なんてまったく思わないで大丈夫だからね〜。

シンプルなものが一番、子供のカラダを育てるよ。

心も体に引きづられてヘルシーに育っていきやすいよ。

今日もお読みくださりありがとうございました!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
よろしかったらチャンネル登録してご視聴下さい。
以下の動画は駅でのハプニング、私の実体験です↓

まだ始めたばかりで少ししかアップできていないけれど、もしちょっとでもよかったら迷わず高評価して下さいませ〜。メルシー!

パリより愛をこめて。。。

#LOVEドゥーラAkiko

フランス流子育て、女性らしさを本と日常とで照らし合わせる

たくさんの女性を見てきて、私にとって、いちばんと言っていいくらい一筋縄でいかないのがフランス人女性である。

約3年前、パリに到着した翌日に会ったフランス人女性は何事につけても、とにかくたくさんの皮肉を織り混ぜて会話をしてきた。

彼女は会社から派遣されたリロケーションのスタッフで、それから連日いろいろな物件に連れていってくれたが(たぶん1週間くらい、ほぼ毎日会っていた)、ふたりの間のエネルギーがスムーズに流れていかない。

皮肉まじりにオーナーやエリアを揶揄して批判精神旺盛なのは物件選びにはある意味有難いのだが、私のように言葉を額面通りに受け取ってしまう単純な人間には分かり得ない独特のブラックユーモアのセンスがある。

   
娘とパリのビラケム橋で

海外20年、さまざまな国でブラックユーモアの洗礼を受けてきたが、フランス流のジョークはレベチでどぎつい。フランス語がわからなくても、ニュアンスはなんとな〜くわかる(たぶんイタリア語が多少分かるおかげ?)。

やたらと物事を複雑に考えるクセが彼女。私はひるがえって、物事を複雑に考える思考能力がなく、それが悩みなくらい人生を気楽に生きている。

たぶん、世界のさまざまな価値観に出会いすぎて、実際にいろいろありすぎて、人生に開き直っているせいなんかなぁ。

もうありのまーんま。

焦りもせず、状況を責めもせず、あるがまま。

私はいい加減にみえて、去るものは追わず、来るものは拒まず。動物みたいに本能的で、スロー過ぎて今の男性社会にはまったく使えないヤツなのかもしれない。

社会的にみたら使えないヤツで、内側の感じ方にいちいちチューニングする私と、男性性剥き出しで攻撃的で皮肉好きなフランス人が1週間も顔をあわせていると。。。何が起きるか。。。

だんだんと自分まで皮肉っぽくなっていくのだ!

人間は環境によってほぼ成り立っているんだなあ〜と痛感した。

が!!!
ちょっと待てよ。

私のほうが感化されやすいってこと?

だって、彼女の態度には私による影響は見受けられなかったから。

ガーン!

人とのつきあいはケミストリー。

あの1週間、もっと中和していけたら。。。

お互いの良い部分が引き出しあえたら。。。

彼女ともそれが一番だったよね。

パリに着いたばかりで右も左もわからずに、海外20年とはいえ胸が締め付けられるようなストレスを感じつつ。。。

人生初の「パリジェンヌ」洗礼を真正面から受けた訳だ。

あれから約3年。

パリジェンヌを理解したいといろいろ見聞を広げてきた。

友人のローズマリーは本当に素敵な女性で、お茶に誘ってくれると、いかに芸術が生活を癒してくれるか音楽やアートの話を大人の言葉選びでとうとうと語ってくれる。あ、ミラベルの手作りケーキがとても美味しい!私のフランス語レベルがひどいので、ほぼコミュニケーションは英語だが、彼女の優しさやひたむきなアートへの想いが伝わってきて一緒にいて楽しい。

別の知人マリーフランソワは読書家で、いかに食が大切かついて熱く語り、トピナンプール(エルサレムアーチチョーク)などの私にとっては珍しい野菜の調理法などを1から丁寧に教えてくれる。本当にこころある女性。

そして今回のこの本。

娘の勧めで読んだ「パリジェンヌのつくり方」。

「絶対読んで。これまさにお母さんだから!」と言われて、ドキドキしながら読んでみて、ショック〜。

私って無秩序だしな〜って、いったいどんな母親よ〜


まぁそれは、愛する娘の言うこと。

褒められているんだ!と前向きに受け取ることにして、「え?読んだけどどこが?」と聞いたら、

「お母さんの自由を求めて戦うところ」だって。

確かに、戦っているかも、ね。

あと一番重なる部分は、「おかあさんって、ナチュラル感を大事にする」部分と言われた。

まぁ、だよね。娘は見ているからね、私が髪の毛はいつもシャンプーだけ、リンスも使わない。ドライヤーはまずかけない、野生児のままで48歳になろうとしていることを。

「ディスオーダー(無秩序)」な部分も重なる、と娘に言われた。

本の中で、“前の晩にヴォッカを飲んでも、翌朝に抹茶を飲むのがパリジェンヌ”、みたいなことが書かれていて、その部分を引き合いに出された。

確かに私、本当にディスオーダーなので、娘はちゃんと私のことをみているんだなぁと。

気持ちが引き締まるおもい〜(涙)

でも、基本的には娘に褒めてもらってもいるみたい。  

今回はだらだら動画撮ってしまったけど、次回はもっと大和撫子の素晴らしさを伝える動画を撮りたい!

この動画で今回言いたかったのは、たったひとつのメッセージ!


それは、たくさんの国に住んできた自分だからこそ言い切れること。

どれだけ他人に呆れられようが、

家族から文句を言われようが

「ディスオーダー(無秩序)」を「オーダー(秩序)」に

変えられるのは、結局は「自分軸」、なんだな~ということ。

その自分軸を立てるには、自分を愛してあげることなんだよ。

愛するためには、女性で生まれたからには、自分の女性器と向き合おうねっていう部分は、リアル講座や実際のケアでしかお伝えしていません。なかなか動画ではお伝えしにくいことなの。。。削除されちゃうかもしれないのでご理解ください。

お読みくださりありがとうございます!

#ノマドゥーラ
#LoveドゥーラAkiko