助産師さんとドゥーラたちの取り組み

キングストン病院内での勉強会の光景です。半分くらいが助産師さん、もう半分がドゥーラですが、産婦人科医も数名混じっています

6月は仕事が立て込んでいて、まるで生まれて来る赤ちゃんたちがそれぞれ語り掛け、そして、導いてくれていたような月でした。今日も産後visitの予約が入っていますが、元気にスムーズに生まれてきてくれて本当にどうもありがとう!と赤ちゃんたちにお礼を伝えている日々です。

さて、この1年関わっている活動に、Midwives Doula Working Together というプロジェクトがあります。地元ロンドンのKingston病院(NHS)において活動を率いている責任者は、助産婦長のBalvinder Reehal先生です。

彼女は長年の経験と知識から、バースドゥーラとの協働を図るほうが母子にとってメリットの大きいことをミッドワイフたちに日々伝え、両者が共に働くには、お互いのさらなる理解が必要だということで、このMidwives Doula Working Togetherを開催しています。この動きは、Kingston病院だけに限らず、ロンドンのあちこちで少しずつ芽生えてきています。
なぜこのような動きがイギリスで育ってきたのか、その経緯を知りたくて調べてみました。すると、Kate Greenstockさんのような情熱的なバースドゥーラたちが立ち上がり、助産師さんたちに献身的に働きかけた結果であることがみえてきました。Kate さんは、コーチングのプロとしても活躍するバースドゥーラですが、外務省に勤めるご主人と共に2年ほど日本に住んでいたこともあるとてもインターナショナルな女性です。

母親業で忙しくする傍らバースドゥーラとして活動する中で、Kateさんは地元の助産師さんたちとゆっくりと、でも着実に信頼関係を築いていきました。2012年のNormal Birth Study Day(正常産について学ぶ学習会)に彼女が呼ばれ、その席で、バースドゥーラとして、正常産にどのような貢献ができるのかについて発表しました。そのことがきっかけで、一気にドゥーラに対する見方、風向きが変わっていったようです。

Kateさんにお話を伺ったところ、その後、2015年に入ると、ドゥーラを伴うお産が増加する一方で、Kingston病院の管轄内で、サプライズホームバース(想定外の自宅分娩)が数件起きたのだそうです。つまり、病院やバースセンター(院内助産院)で出産予定だった産婦さんたちが、それぞれのドゥーラたちと自宅で陣痛をやり過ごしながらあまりに長く家に留まったためにお産が進み、施設へ移動することが出来なくなって、そのまま自宅で赤ちゃんが生まれたというケースが年間に数件あったということです。

Kateさんによると、当のお母さんたちの気持ちは安定していて不安感もなかったようですが、来院するであろうと予測し、待機していたバースセンター側や病院側としては、「ドゥーラがいるからまだもう少し家にいてもだいじょうぶ」と産婦さんが思い、そのまま赤ちゃんが自宅で生まれてしまうケースがさらに増えていくのは心配という見解を示したそうです。計画的な自宅分娩であれば、コミュニティーミッドワイフがNHS(国の医療システム)から確実に派遣されるため、家で産むことはまったく問題ないのです。施設分娩を予約しておきながら、成り行き上、家で赤ちゃんが産声をあげてしまうケースが増えることは懸念の対象なのです。

そこで、前述のBalvinderさんのようなミッドワイフの方々が立ち上がりました。どういうことかというと、産む女性たちに個人的に深く関わるバースドゥーラという存在に焦点をあてました。産婦さんの陣痛がいよいよ狭まってきて、バースセンター(院内助産院)や病院に産婦さんがバースドゥーラを伴って到着する際、もしもそこでバースドぅーラと医療スタッフとの信頼関係ができているなら、すみやかに連携をはかることができる、と判断したのです。そのためには、お互いの歩み寄りや、深いレベルでの理解が不可欠だと考え、助産師とドゥーラの関係強化促進のために定期的に集会を開くことを打ち出したというわけです。

そこからはトントン拍子で話が進み、今では多くの助産師が参加する月一の定例会が病院内のスタッフルーム(もしくは休憩室)で行われています。激務にもかかわらず、私たちドゥーラをいつもあたたかく歓迎してくれる助産師さんには本当に頭の下がる思いです。私のような外国人のドゥーラにさえも、廊下ですれ違う時に、「あなたドゥーラね!いつもありがとうねー!」とやさしく声をかけて下さる助産師さんもいます。ちなみに、私は施設内ではドゥーラのバッジを胸につけています。

バースドゥーラという人的リソースの可能性をさらによく知り、それを効率よく活用していったほうが、母子にとってはもとより、NHS(国の保険制度)全体にとって良いことであるという見解は、指導的な立場の方々(スーパバイザ―やシニアミッドワイフなど、病院やバースセンターという組織の中でまとめていく立場の側)の間により広く伝わっている印象を受けます。

また、現場で日々働く病棟の助産師さんたちも、バースドゥーラを伴ったお産を体験すると、
その可能性について開眼して下さることもあります。例えば、これは先週のお産で私が受け取った助産師さんからのフィードバックなのですが、

バースドゥーラが付いているお産が初めてだったので最初はちょっと戸惑ったのですが、産婦さんにずっと付き添っていてくれる存在は正直有難いし、産婦さんも終始とても安心していたので、これはすごくいい!と実感しました。またぜひ一緒に働きたいです

といった前向きな感想を残される助産師さんも少しずつ増えてきています。同じチームの一員として、お産終了後には、みんなで赤ちゃんを囲んで記念撮影し、語らい、ハグし合ってお互いをねぎらうなかでピア(同志・仲間)な関係を築けると、産後のケアにもつながりやすくなります。

どういうことかというと、お産を済ませたばかりの褥婦さんがその様子をみて、安心されるのです。ああ、私のドゥーラと助産師さんたちは連携ができているな、と。事実、妊婦さんが個人的にドゥーラを雇った時から、ドゥーラプロフィールをカルテに入れてもらうことも可能ですから(妊婦さん本人が希望する場合)、当日、どの医療スタッフが受け持つことになっても、スタッフの方々は担当のドゥーラについて、その理念やポリシーについてまで知ることができます(私も提供されているドゥーラプロフィールのフォーマット用紙に従って、顔写真を貼り付け、陣痛が始まったらドゥーラとしてどのように産婦さんを支える予定かといったことなど、私なりに自由に書き出したものを妊婦さんに渡し、妊婦健診の際に提出してもらうようにしています。ちなみに、キングストン病院では、年間5,6千件のお産を扱っていると言われています。そのキングストン病院が配っている小冊子には、婦人科系、小児科医を含めた地域の医療機関の紹介と併せて、ドゥーラ個人の紹介も掲載されています)。

今回は私の地元であるロンドンの病院での事例を取り上げて書いてみましたが、助産師さんに歩み寄って頂き、私たちもまた心をこめて歩み寄り、助産師さんの立場をもっとよく理解して、それを産みゆく女性たちに伝え、できるだけスムーズなお産へのお手伝いができるなら、それは本当に素晴らしいことだと思います。いいお産が増えていきますように。。。

ドゥーラと助産師さんとの微妙な関係

IMG_8234

イギリス在住30年の助産師Mさん。看護師としての経験も長く、助産師になってからも15年以上臨床で活躍されてきた働くお母さん。そのMさんが現在お勤めしているのは、ロンドン北部にあるNHS(イギリスの国民保健)病院です。

つい先日ランチをご一緒した彼女から、普段はなかなか耳にすることのない貴重なお話を伺いました。なかでも、私にとって新鮮だったのは、助産師の中には「ドゥーラ」に対して疑問を抱いている方々もいる、という事実です。

Mさんご自身は、ドゥーラが産婦さんに付き添うことによるメリット(ドゥーラ効果)について深く理解されていますし、医学的エビデンスなどもきちんと学ばれていらっしゃる方です。周産期医療の現実を知るお一人として、助産師をはじめとする現場の医療スタッフの人手不足から、ドゥーラがお産に付き添う件数の増えてきている事態を、今のイギリスの周産期医療の大状況として静観されています。

そんなMさんですが、ある仲間の助産師が、「ドゥーラの付き添うお産なら、私はケアしたくない」と発言するのを目撃したといいます。理由は、ドゥーラの付き添うお産では、産婦さんはよりわがままになって、それがお産の進行にそれほど効果的と感じられないということ。

スタッフにとっては明るくないとケアしにくいにも拘わらず、病室のライトを薄暗くしてほしいとリクエストしてきたり、自分と相性のよくないケアギバーの交代を申し入れてきたり、不意にエッセンシャルアロマオイルを嗅ぎたいと言ったり、ベットから降りて床で産みたいと言い張ったり。。。その助産師に言わせれば、きっと言いたいことは山ほどあることでしょう。

Mさんも言います。急いで別の産婦さんのケアを終えて、煌々と明るい廊下から駆け込んでくる助産師にとっては、薄暗い部屋はいきなり真っ暗闇に突き落とされたように感じられて、眼が慣れるまでの最初の数分は、恐る恐る歩かないと、間違って産婦さんの手足を踏んでしまうのではないか、と冷や冷やすることがある、と。

これまでの私はドゥーラとして単にラッキーだったのでしょうか。今までは、看護師さんからも、助産師さんからも、小児科医からも、お母さんご本人からも、つまり、出会うほとんどすべての方々に、ドゥーラの付き添うお産は、付き添わないお産よりも良いものというベースを基にした感謝のメッセージやねぎらいの言葉を頂くばかりで、反ドゥーラ的なマイナス意見を見聞きすることがありませんでした。

ロンドンで活躍する別の助産師さんの話によると、「医師の3割はドゥーラの存在意義に対して懐疑的な意見を持っているかもしれないけど、残りの7割はちゃんと理解を示している、という感じ」とのことでしたので、そうか、お医者さんの中には数割のアンチドゥーラ派がいるのだなと認識していました。

ですが‘助産師’であれば、ドゥーラの存在意義に共感している方がほとんどであると今までは理解していたのです。勝手な思い込みだったかもしれません。でもそれは、助産師の方々との良好な関係を通して肌で実感していたものでした。また、‘産婦さんが望むこと(ドゥーラの付き添いも含めて)は出来る限り尊重して受け入れていきたい’という助産師の方々の基本姿勢を10年以上身近に感じてきた私にとって、ドゥーラとミッドワイフの協働とはお産において自然なこと、いや、それが実際に存在し得ることを体験的に知っていたのです。

そのうえで、これまでひとりのドゥーラとして、産む女性たちと出会い、お産について勉強して頂き、助産師と産むことについて学んで頂き、お手持ちの選択肢を知ってもらい、助産の大きな懐へと最終的に導いてきたつもりです。

ですが、今回のようなお話を個人的に伺ってみて、別の視点からみると、ドゥーラは、施設内勤務の助産師の現場の働き方にどのような影響を与えてきたのだろうか。。。と思わずにはいられません。今回のMさんのお話は、大病院で苛烈に働く助産師の立場になって今一度ドゥーラを眺める大切なきっかけとなりました。

余談ですが、Mさんの働く病院に現在ケアを求めてやってくる妊産褥婦の中では、ルーマニア国籍の方が確実に増えてきているそうです。この一年間は、彼女の勤務する病院では、実に33%、つまり三人に一人がルーマニア人の妊婦さんだったとのこと。ルーマニア人の妊婦さんたち全員とは言わないけれど、多くのお母さん方は、産褥パッド、赤ちゃんの産着やオムツ、毛布すら持たずに(すべてNHSが支給してくれると期待して)入院してくるのだそうです。

また、お産の数は増えているのに、それらをケアするために十分な人数が足りていないNHS側の現実も大きな問題であるとMさんは指摘します。このような事態が今後も続くと、NHSの持てる人的、物質的資源が枯渇してしまうのでは、、、という危惧を抱く声は日々、病院内外であがっているそうです。

UKへの移民の流入が止まらない中、『まるで時限爆弾を抱えながら周産期医療に従事している』と嘆く現場の危機感を訴える声に触れると、個々の施設の抱える内情を知らずに、私たちが医療消費者として、一方的に不平不満を言うことはできなくなります。

ちなみに、ONS(イギリス政府の統計)によると、UKに流入した移民は、2015年の一年間で82000人増えたそうですが、実際に、ルーマニアとブルガリアの移民だけで、50000人なのだそうです。これは、2014年より19000人増えている数だということで、いかにルーマニア・ブルガリアからの移民が爆発的に増えているかが数字からも伺えます。

以上、今号もまとまりのない文章になってしまいましたが、ドゥーラを受け入れられないケアギバーがいるという見識を得たので、ご報告でした。「アンチドゥーラ・ミッドワイフ」がイギリスにほんのわずかであれ存在することを知り、なぜこのようなミッドワイフ━ドゥーラの関係が存在するのかについて、さらにいろいろと学んでみたくなったので、また別の機会に書いてみたいと思います。

バースセンター見学を通して考えた助産師さんのストライキ

画像

今回はロンドン南エリアの大学病院West Middlesex (website WestMidmaternity.org.uk) 病院内の産科、Queen Mary Maternity Unitとそのケアについて紹介します。長年地元でベテラン助産師として病院出産、バースセンター出産、自宅出産に深く関わってきたPo-Ying Li先生にお話を伺いました。現在、NHS(UKの国民保健サービス)では、テムズ河エリアに点在している産科病棟9つのうち4つを閉鎖して5カ所に減らす動きがあるそうです。

幸いなことにWest Middlesex病院の産科は今後も存続し続けますが、周辺から妊婦さんが産み場を求めて駆け込んでくることが予想されるため、今後は年間500件のお産の増加を見越して、助産師の数も増やす方向です。現状では、大学病院勤務、バースセンター勤務、コミュニティー勤務(地域の各家庭へ訪問)の数をすべて合わせると150―180名ほどの助産師がこの大学病院を通して妊産婦さんのケアを行っていますが、「ただでさえ低賃金で頑張っている助産師はますます忙しくなってバーンアウトしていく人も現れるのでは、、、」と懸念する声もあります。

画像2
West Middlesex病院内のバースセンターの分娩室と助産師のPo-Ying Li先生

ましてや、このWest Middlesex病院では昨年、助産師たちによる賃上げストライキがあったばかりです。私も助産師応援団の一人として旗を振り、何回かこの時のストライキにも参加しましたが、「Enough is enough!(もう限界!)」というスローガンを掲げ、傘もささずに厳寒の朝から街頭デモをする彼女たちの濡れそぼったコート姿は忘れられません。英国助産師会(the Royal College of Midwives RCM.org.uk)が指揮をとり、助産師が一丸となって全英で数回に渡って展開したこの時の訴えは全面的に国に認められましたが、過去3年もの間、給料アップせず、インフレ率は彼女たちの給料上昇率を上回り、助産師の中にはフードバンク(食糧を配給する国の社会福祉サービス)を利用しなければならない人も一時はいたそうです。

West Middlesex病院内のバースプールの様子、産綱も天井から垂れています
West Middlesex病院内のバースプールの様子、産綱も天井から垂れています

さて、この病院の施設を見てみましょう。入ってすぐのブッキングエリア(受付)はかなり混んでいます。さまざまな人種の女性たちがソファーに座って順番のくるのを待っています。妊娠中のデイアセスメント(検尿・ウルトラサウンドなど)を行う産科・婦人科エリアと、実際のお産が行われる病棟はいくつかの扉と大きな廊下で仕切られており、一般的な日本の総合病院と同じようなつくりです。

大きな違いは、バースセンターの存在です。病院施設に併設というより、廊下の延長で続いているバースセンター内では助産師に主導権があります。侵襲的な医療介入をできるだけ減らし、母子の健康と安全を目指した助産理念のもと、当然のことながら、自然分娩率は高くなります。産後の完全母乳育児率も同様です。さらにWest Middlesex病院では、広々とした4部屋(4床とも水中出産可能)に加え、誕生死(Stillbirth:赤ちゃんをお産で失うケース)といったトラブルに遭った方のみ利用できるファミリールームが2部屋あるのです。

誕生死などトラブルに遭った家族が休む部屋の壁には額縁と並んでTVも
誕生死などトラブルに遭った家族が休む部屋の壁には額縁と並んでTVも

あたたかい雰囲気の絵や刺繍のクッションが他の部屋とは違うやわらかい空気感を漂わせています。壁のテレビは、バースセンター内で唯一、このふたつの部屋にしか無い備品ですが、苦しい時にわずかでも気が紛れれば、と備え付けられたそうです。私もドゥーラとして日ごろ感じていることですが、誕生死の方は、本当にサポートが必要です。「赤ちゃんの死というとてつもなく深い悲しみと傷を負った心身を少しでも癒してもらえれば」と語るスタッフの助産師は皆さんほんとうにあたたかい笑顔の働き者です。

病院勤務の助産師とバースセンター勤務の助産師は、同じ建物の中で住み分けているわけですが、バースセンター勤務の助産師のほうが、対応に余裕があるというか、明るい笑顔の方が多いように感じます。権限をもつということは、大きな責任を担っている。それだけ負担も大きいでしょうが、別の見方をすれば、自信をもって生き生きと仕事と向き合っているとも言えるのかな、と思うのは私だけでしょうか。

そういった助産師の中には、私が地元のドゥーラ仲間と開いているPositive Birth の会にも非番の時間帯に応援で顔を出したり、ボランティアでお手伝いをして下さる方々もいます。

ここであらためて繰り返すまでもないことですが、私は、バースセンターで日夜頑張っている助産師や自宅出産をサポートしているコミュニティー助産師を応援しています。母子の健康のために少しでも力になりたいという熱い志をもった彼らがストライキを行わなければならないなんて悲しいことです。でも、時には敢行しなければならないこともあるでしょう。そんな時にはこれからも立ち上がって彼女たちを精一杯応援したいと思っています。

以下の写真は、お世話になった病院・バースセンターのスタッフに宛ててお母さん方が退院後に送ってきたというお礼状を集めたボードです。日々これらの文章に励まされながらスタッフの皆さんは何とか頑張っているということです。皆さんもお世話になった病院や地域のクリニックにお礼やフィードバックを送ってみませんか。

画像5