白樺と子宮と職人の手


白樺の皮で作られた入れ物を

少しずつ集めていた季節があった。

白樺。。。バーチ

とても硬い皮で、加工するのはとても大変だと聞く。


その価値を知っていたから、ひとつを買うのにじっくり悩み、何度も店まで見に行って、モティーフの意味や、型押しの絵のストーリーを聞いたり調べて、感じて、本当に大切にしたいものを1個ずつ手に入れていった。

だから、5つ。

私がロシアに住んでいた頃の大切な思い出…

このロシア製の入れ物には、パンを入れたりしたという。白樺は殺菌効果があるという理由で。

私はこの10年、手糸玉やリボンなどを入れている。

浄化の容器。

聖なる木肌。

今日、ひさしぶりに磨いたら、光沢が増して美しい…

本当に手仕事は凄いよ。。。

時間を経て、輝き始める。

参るよ。

ところで。。。

こじつけに聞こえるかもしれないけれど、

急に連想ゲームで思い浮かべたことがある。



お産する時の私たちのカラダは

普段はオフなだけで、DNAに刻まれた産む力が、陣痛発来とともに作動して、うまくカラダの使いこなし方を誘導してくれる。

何にも考えなくても、呼吸に合わせて波乗りさせて頂ける。

宇宙の采配に。。。ただノリさせて頂ける、その波に。

なんか壮大なスケールになっちゃうけど、

それってこの世界で、カラダとともに女性がめんめんとこなしてきた
手仕事だと思うんだ。

子宮という聖なる空間。

清らかな処に、命が宿る…

そこには、古今東西、女性をケアする職人みたいな女性の手仕事がいつもあった。

取り上げばあば、とか、お産婆さん

助産婦さんとか、助産師さん。

名前は違っても、女性をケアする女性の

姿が、産む人を輝かせてきたんだな。。。

なんか、今日はそんなことを考えながら

白樺細工の木肌を少しさすっては癒されていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

#LOVEドゥーラAkiko #木村章鼓

お読みくださり有難うございます。以下の動画は、国連に勤めるバリバリのキャリアウーマン、ふみさんがご自身の助産師➕ドゥーラ とのお産を振り返ります♪

もしよかったらチャンネル登録をされてご視聴くださいっ↓

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中